FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸(2018年12月09日)

2018.12.11 16:13|探鳥会報告

■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2018年12月9日  -曇り-
【観察鳥種】33種
【参加者数】17人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 昨日から急に真冬の寒さになりました。満潮前の潮で、海の広場方面に向かいました。海は北西の季節風で、沖は白波が立っています。また雁ノ巣から奈多にかけての沖合では蜃気楼が起こっていて、水平線が波立ち対岸の家が背伸びをしているようでした。ツクシガモの飛来が遅れていましたが、今日は31羽を数えました。ダイシャクシギも1羽が来てくれました。ミヤコドリは25羽。マガモ、オナガガモなどの淡水ガモの求愛かと思いましたが、交尾の写真をKさんが見せてくれました。波高く、沖合のスズガモは少なめでした。ホオジロガモも確認できませんでした。カンムリカイツブリも控えめで、波が荒いと湾奥に避難するのかな?

181209001 ツクシガモ 181209002 ダイシャクシギ

            ツクシガモ               ダイシャクシギ

181209003 ミヤコドリ 181209004 オナガガモやマガモ

           ミヤコドリ                 オナガガモやマガモ


 アシ原の中道を歩きました。入口ではジョウビタキが迎えてくれました。紅葉はだいぶ落ちてしまい、冬の様子です。シャリンバイやマサキ、ネズミモチなどの実が生っていました。アキグミの赤い実を皆で食べてみました。甘渋い味がしました。ウラギクのまあるい穂が可愛くて、アシの穂もホクホクにふくれています。樹林帯ではヒヨドリやモズ、メジロ、シロハラなどが鳴き、ウグイスの地鳴きも聞こえます。

181209005 ジョウビタ キ♂ 181209006 シャリンバイの実

           ジョウビタ キ♂                マサキの実

181209008 ネズミモチの実 181209009 アキグミ

          ネズミモチの実                アキグミ

181209010 ウラギクの穂 181209011 モズ  

           ウラギクの穂                 モズ

181209012 ウグイス 181209013 ヨシガモ

          ウグイス                   ヨシガモ

181209015 観察のようす ←観察の様子


 砂洲に出て、ヨシガモなどを近くで見ることができました。台風などでアオサが減ってしまい、アオサを食べるヒドリガモが減ったように感じます。今日は久しぶりに香住ケ丘の親子が参加して、元気な1年生男子がたくさん質問しました。皆も元気になります。(山本廣子)
【参加者の感想】

◇ミヤコドリトが見られて良かった。
◆鳥の種類も数も多かった。
◇ヨシガモが可愛かった。
◆アキグミを食べたり貝殻が拾えて良かった。
◇ダイシャクシギが良かった。
◆ツクシガモが見られて嬉しかった。




スポンサーサイト

2018年11月26日能古島散策の報告(改訂)

2018.11.29 05:30|調査報告

 5名で歩いた。今日の天気予報、曇りで夕方か夜なってから雨がぽつぽつらしい。薄く広がった雲の間に青空も見えていた。
 船上からの観察は、海面に浮かぶ100羽以上のユリカモメから始まった。ウミネコやセグロカモメの飛翔、海面上低く飛ぶクロサギ2羽が西へ移動。ホシハジロやヒドリガモも採餌中か。
 船を降りると、ジョウビタキ(♀)、イソヒヨドリ(♀)、トビ、ハシブトガラスがすぐそばの電線に止まっていた。港から少し山側にある能古博物館前に移動し、暫く声や姿を探した。シロハラやウグイスの地鳴き、ヤマガラやモズ、ヒヨドリ、メジロの声もにぎやかだ。上空を飛ぶ数羽のキジバトも見かけた。
 海岸では、砂地の水辺でイソシギが探餌中、そのすぐ先では潜りを繰り返し探餌するウミアイサを久しぶりに見かけた。防波堤近くにある海面から出ている竹の杭にはミサゴが休息中。イソヒヨドリは屋根の上や波消しブロックなどあちこちで見かけた。海岸近くにある数本のハ リエンジュではカワラヒワの群れが止まっていて、羽繕いする個体、ハリエンジュの実を啄んでいる個体もいてにぎやかだ。また、ホオジロがカイズカイブキの天辺でしっかりと長く囀っていた。その近くの草地にはたくさんの個体を見かけた。前回と同様に、砂利の海岸でシギとチドリの群れが休息したり、採餌したりする場面を見かけた。ミユビシギシロチドリの群れでした。港から最も西側の岩礁では、いつものカワウではなく、ウミウのちいさな群れを見かけた。
 自然探勝路に入り、声に注目しつつ、空にも注意。ジョウビタキの声、シロハラやウグイスの地鳴きは賑やか、カワラヒワの声も混じっていた。アオジやルリビタキの声も聞いた。森の中のため池では、カルガモ、コガモ、カイツブリ、オシドリと見かけ、緊張しながら、久しぶりににぎやかな池を体感した。

飛ぶヒドリガモ(鵲) ヒドリガモ セグロカモメ(鵲)

     飛ぶヒドリガモ(鵲)        ヒドリガモ           セグロカモメ(鵲)

ジョウビタキ♂(鵲) ジョウビタキ♀(鵲) イソヒヨドリ♂(鵲)

     ジョウビタキ♂(鵲)       ジョウビタキ♀(鵲)       イソヒヨドリ♂(鵲)

イソヒヨドリ♀(源) トビ モズ(鵲)

     イソヒヨドリ♀(源)             トビ           モズ(鵲)

キジバト ヤマガラ(鵲) アオサギ(鵲)

     キジバト              ヤマガラ(鵲)           アオサギ(鵲)

採餌するイソシギ(鵲) ウミアイサ(鵲) 休息か、ミサゴ(鵲).

     採餌するイソシギ(鵲)           ウミアイサ(鵲)        休息か、ミサゴ(鵲)

囀るホオジロ(鵲) 群れのカワラヒワ(鵲) ハリエンジュに止まるカワラヒワ

     囀るホオジロ(鵲)         群れのカワラヒワ(鵲)     ハリエンジュに止まるカワラヒワ

ミユビシギの群れ 飛翔するミユビシギの群れ(鵲) 休息中のシロチドリとミユビシギ(位)

     ミユビシギの群れ        飛翔するミユビシギの群れ(鵲)   休息中のシロチドリとミユビシギ(位)

休息中のクロサギ(源) 飛び出したクロサギ(鵲) ハクセキレイ(鵲)
     休息中のクロサギ(源)     飛び出したクロサギ(鵲)        ハクセキレイ(鵲)

休息中のウミウ(位) 休息中のウミウ(源) 休息中のカワウ(鵲)

     休息中のウミウ(位)        休息中のウミウ(源)       休息中のカワウ(鵲)

草地から飛び出したアオジ♂(鵲)

   草地から飛び出したアオジ♂(鵲)

池で見かけたコガモ カルガモ(鵲) カイツブリ(鵲)

     池で見かけたコガモ          カルガモ(鵲)        カイツブリ(鵲)


今回の散策では、45種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(16)・アオサギ・クロサギ・カワウ・ウミウ・ハクセキレイ・ウミネコ・オオセグロカモメ・セグロカモメ・ユリカモメ・イソシギ・イソヒヨドリ・ミユビシギ・シロチドリ・ホシハジロ・ヒドリガモ・ウミアイサ
住宅地や農耕地で見かけた種(10)・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・キジバト・モズ・カワラヒワ・ツグミ・ホオジロ・ジョウビタキ・カワラバト
山の中で見かけた種(11)・シロハラ・ルリビタキ・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・ミソサザイ・ウグイス・アオジ・コゲラ・キセキレイ・リュウキュウサンショウクイ
見かけた猛禽類(4)・トビ・ミサゴ・ハイタカ・ノスリ
山の中の池で見かけた種(4)・カルガモ・コガモ・オシドリ・カイツブリ


 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。野鳥たちが啄む木の実を
中心に観察しました。

ツルウメモドキ(源) シマカンギク(源) マサキ(源)
     ツルウメモドキ(源)        シマカンギク(源)         マサキ(源)

サネカズラ(源) シロノセンダングサ(源) ヤツデ(源)    

      サネカズラ(源)        シロノセンダングサ(源)        ヤツデ(源)

クロガネモチ(位) ツメレンゲ(位)
     クロガネモチ(位)        ツメレンゲ(位)

キカラスウリ(位) カラスウリ(位) スズメウリ(位)
   キカラスウリ(位)       カラスウリ(位)             スズメウリ(位)

ハマヒサカキの花(田) ハマヒサカキの実(田) ウルシ科カイノキの実(田)

    ハマヒサカキの花(田)         ハマヒサカキの実(田)      ウルシ科カイノキの実(田)

ピラカンサ(田) ノブドウ(田) シロダモ(田)
     ピラカンサ(田)            ノブドウ(田)            シロダモ(田)

マユミ(田) キジョランの花(田) スイカズラの花(田)

     マユミ(田)             キジョランの花(田)         スイカズラの花(田)


写真の撮影は(鵲):森健児、(位):平位忠彦、(源):荒牧源実 (田):田字草、報告は田字草。
次回、2018年12月21日(金)を予定。6時45分の船で島に渡ります。



     

2018年12月/2019年1月の探鳥会

2018.11.28 16:27|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2018年12月2日(日)・2019年1月6日(日)[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2018年12月4日(火)・ 2019年1月8日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2018年12月8日(土)・ 2019年1月12日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2018年12月9日(日)・2019年1月13日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山 2018年12月16日(日)・2019年1月20日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2018年12月23日(日) ・2019年1月27日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

志賀島 2017年12月 24日(月・振替休日) [福岡市東区]

~サギ・カモ・カモメの仲間など冬鳥に出会います~

【集合】志賀島渡船場前 ⇒周辺地図 *午前10時集合、12時頃まで 
【交通】博多埠頭から市営渡船 「博多志賀島航路」で渡るのが便利




■定例探鳥会    和白海岸(2018年11月11日)

2018.11.12 17:23|探鳥会報告

和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口左岸
2018年11月11日  -晴れ-
【観察鳥種】44種
【参加者数】10人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 和白干潟では越冬するカモたちがたくさん渡ってきました。今日は海の広場方面に向かいました。ミヤコドリは25羽が勢ぞろい。クロツラヘラサギは9羽でした。2羽が求愛の羽繕いをしていました。沿岸にはアオサがアシに被さって白化していました。海の広場付近のハママツナが紅葉してとてもきれいです。ハマシオンの紫色の花が咲いています。淡水ガモも沖合のスズガモも多くなり、全部で3,500羽くらいに増えて、和白干潟らしい鳥風景なりました。カンムリカイツブリもあちこちに見られました。砂浜のコメツキガニの小さな巣穴や砂団子を見ながら歩き、アシ原へ向かいました。

クロツラヘラサギとミヤコドリ ハママツナ紅葉

      クロツラヘラサギとミヤコドリ            ハママツナ紅葉

ハマシオンの花

        ハマシオンの花


 アシ原の中道を歩くのも久しぶりです。まだやぶで草が足に絡みます。ナンキンハゼハゼの木が紅葉して美しかったです。

紅葉 紅葉2

            紅葉                    紅葉2


シャリンバイノイバラなどの木の実が熟れてきました。アシの穂もホクホクにふくれて、秋真っ盛りです。樹林帯ではコゲラがギイーッと鳴きます。

シャリンバイの実 ノイバラの実

         シャリンバイの実                ノイバラの実

アシの穂 ミサゴ

           アシの穂                   ミサゴ

ヒドリガモ ヨシガモ

           ヒドリガモ                 ヨシガモ

砂州の鳥たち

           砂州の鳥たち


 砂洲に出る時にそーっと行きましたが、近くにいたヒドリガモなどの淡水ガモの群れが飛び立ってしまいました。海の中の棒の上ではミサゴが魚を食べながら何度もチョ、チョと鳴きます。子どもを呼んでいるのでしょうか。アオサが多いので、ヒドリガモが750羽以上もいて、盛んにアオサを食べていました。ヨシガモやハシビロガモも混じっています。久しぶりのカモたちにも満喫しました。(山本廣子)
【参加者の感想】
◇ミヤコドリとクロツラヘラサギのツーショットが見られて良かった。
◆ミサゴが魚を獲るところが見られた。
◇ナンキンハゼの紅葉がきれい。
◆ハシビロガモをじっくり見たが、まだエクリプス羽のようだ。
◇スズガモが多くなって、一列に並んでいた。





2018年11月/2018年12月の探鳥会

2018.11.01 06:57|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2018年11月4日(日)・2018年12月2日(日)[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2018年11月6日(火)・ 2018年12月4日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2018年11月10日(土)・ 2018年12月8日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2018年11月11日(日)・2018年12月9日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山 2018年11月18日(日)※夏時間・2018年12月16日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2018年11月25日(日) ・2018年12月23日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

多々良川下流 2018年11月 3日(土・文化の日) [福岡市東区]

~シギ・チドリ・カモメの仲間 入門編~

【集合】東部水処理センター駐車場(多々良川左岸側) ⇒周辺地図
    午前10時集合、12時頃まで
【交通】西鉄バス土井営業所行き「松島5丁目」下車、市営地下鉄貝塚駅下車
    徒歩1.2km

曲淵ダム 2018年11月23日(金・勤労感謝の日) [福岡市早良区]

~山間地の水辺でオシドリ・ヤマセミ・カワガラスなどの野鳥を楽しもう~
【集合】西鉄バス「大谷口」バス停前 ⇒周辺地図
    午前10時集合
【交通】西鉄バス 曲淵行き「大谷口」下車




プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ