片江展望台で、撮影できた野鳥の紹介 (5/4から5/27まで)

2018.06.12 18:57|特別企画探鳥会報告

片江展望台で、撮影できた野鳥の紹介
 片江展望台は、福岡市城南区にあります。油山(597m)の北側で標高210m、展望がよく、玄界灘に浮かぶ相ノ島、宗像大島が見通せます。内陸の方向で東から南にかけては、宝満山から三郡・若杉山、英彦山、古処山、から天拝山、大宰府市にある国立博物館、それから北側には立花山、犬鳴山を見ることが出来ます。福岡市内の街並みは、城南区、中央区、南区、博多区、東区の大半が展望できます。
 この春、ハチクマを中心とした渡り鳥を 5/4から5/27まで、この展望台で観察しました。その折に撮影できた野鳥の紹介です。報告:田村耕作


180612001ハチクマ 180612002ハチクマ 180612003ハチクマ 180612004ハチクマ

          比較的近くを飛んでくれたハチクマ4点(撮影:梶田)

   180612005メジロ

   展望台のすぐそばで、よく囀ってくれたメジロ(撮影:梶田)


以下、撮影:田村


180612010ヒヨドリ 180612011ヤマガラ 180612012ハシブトガラス

  飛び出したヒヨドリ        近くにやってきたヤマガラ    近くを飛翔したハシブトガラス

180612013リュウキュウサンショウクイ 180612014ハリオアマツバメ 180612015カワラヒワ

リュウキュウサンショウクイ    ハリオアマツバメ          カワラヒワ 

180612016アサギマダラ 180612017ハチクマ(雌) 180612018ハチクマ(雄)
  漸く撮影できたアサギマダラ        ハチクマ(雌)        ハチクマ(雄)

     180612020若いハチクマ(雌       180612021背中を見せて飛翔中のハチクマ
        若いハチクマ(雌)             背中を見せて飛翔中のハチクマ




                    

スポンサーサイト

■定例探鳥会    和白海岸

2018.06.11 15:50|探鳥会報告

■定例探鳥会    和白海岸■

和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2018年6月10日  -晴れ時々曇り-
【観察鳥種】26種
【参加者数】11人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子


 梅雨で雨の予報でしたが、雨は降らず晴れ間もあり蒸し暑い日でした。集合地の公園で電柱にハシブトガラスの巣を見つけて望遠鏡で見ますと、巣の中のヒナの顔がのぞいていました。今朝は「ラブアースクリーンアップ」の海岸清掃が行われており、海の広場や唐原川方面は人々が清掃活動をしていました。探鳥会は奈多方面に向かいました。

180610001 ハシブトガラスの巣 180610002 ハシブトガラス

       ハシブトガラスの巣                  ハシブトガラス


 和白川河口では、カワウやダイサギ、カルガモなどが近くで見られました。遠く海の広場方面にはダイサギやコサギが並んで休んでいました。

180610003 ダイサギ 180610004 海の広場前のダイサギ・コサギ

        ダイサギ                 海の広場前のダイサギ・コサギ

180610005 観察のようす   

        観察のようす


 塩浜護岸の植え込みではエノキトベラに緑色の実が生っています。ツバメの幼鳥が電線に並んで止まっており、可愛かったです。五丁川河口のカネンテ(池のように水がたまったところ)で、オオヨシキリの声が少しだけ聞こえました。向こう岸にいるクロベンケイガニが望遠鏡で見えました。

180610006 エノキの実 180610007 トベラの実

       エノキの実                    トベラの実    

180610008ツバメの幼鳥 180610009 クロベンケイガニ

        ツバメの幼鳥                 クロベンケイガニ 


 河口の植え込みや護岸にはハマナデシコハマヒルガオテリハノイバラなどの花が咲いていました。ハマナデシコなどにはゴマダラカミキリが5~6匹ついていました。川床ではハクセンシオマネキがハサミを振っていました。

180610010 ハマナデシコ 180610011 ハマヒルガオ

         ハマナデシコ                ハマヒルガオ

180610012 テリハノイバラ 180610013 ゴマダラカミキリ

         テリハノイバラ               ゴマダラカミキリ

180610014 ハクセンシオマネキ

        ハクセンシオマネキ


 河口先の見晴台からは廃船にカワウたちが休んでいました。奈多の護岸ではヒメジョオンの花に止まるベニシジミやトンボなどの虫たちも見られました。モズミサゴも確認。いい声で鳴いていたホオジロがフェンスに止まりました。カモが1羽何だろうと話題になりましたが、アイガモということになりました。ヒナギキョウネムの花が涼しげに咲くそばで、鳥合わせをしました。

180610015 廃船上のカワウ7羽 180610016 観察のようす2

        廃船上のカワウ7羽              観察のようす2

180610017 ヒメジョオンとベニシジミ 180610018 モズ

     ヒメジョオンとベニシジミ                 モズ

180610019 ミサゴ 180610020 ホオジロ

        ミサゴ                      ホオジロ

180610021 ヒナギキョウ 180610022 ネムの花

        ヒナギキョウ                   ネムの花


 参加した小学1年生のK君が鳥に関心があり、これからが楽しみです。(山本廣子)


【参加者の感想】
◇カモが見れて良かった。
◆干潟を見たのは初めてで、楽しかった。
◇ツバメの幼鳥が可愛かった。
◆季節によって植物や虫やカニなど、変化があっていいと思った。




能古島散策2018年05/31(月)の報告

2018.06.03 16:59|調査報告

今日の天気、曇り空で少し風を感じ、さわやかな気持ちで散策開始した。気温は22から24℃でした。
 港の電柱にキジバト、トビが止まっていた。待合い所の軒下に9ケ所で、ツバメが繁殖中のようでした。近くでツバメが頻繁に飛び交っていた。能古博物館そばの桜などの林では、ウグイスの囀り、ヤマガラの地鳴き、カワラヒワの飛翔などを観察後、少し移動。オオヨシキリの囀りがひと声、林から聞こえた。渡りの途中、立ち寄ったようです。その時、「望遠鏡で確認を」の声あり。その方向に、木の天辺に黒いシルエットが見えた。キジバトより小さめで、ヒヨドリより若干大きいか、久しぶりにお目にかかれたブッポウソウでした。4人とも観察と証拠写真の撮影が何とか出来た約2分でした。その後、林の奥に飛び去った。
 よく刈り取られた畑で、ハクセキレイ3羽を目撃。親1羽に幼鳥2羽でした。親を追いかけ、食べ物を親の口からもらっていた。巣立ちしてから間がないようでした。
 海岸に出て探すも、カルガモ2、アオサギ、コチドリ(2)を見かけたのみでした。コチドリは、砂浜と近くの水を張った水田を行ったり来たりしているようでした。カイツブリ類、カモメ類、イソヒヨドリやミサゴも見かけず。

180531001キジバト 180531002トビ、時々鳴いていた

      キジバト                    トビ、時々鳴いていた

180531003ヒノキの天辺に止まっていたブッポウソウ 180531004少し拡大したブッポウソウ(源)

  ヒノキの天辺に止まっていたブッポウソウ(鵲)     少し拡大したブッポウソウ(源)

180531005飛び出し、林の奥へ(鵲)
     飛び出し、林の奥へ(鵲)

180531006ハクセキレイ親子(鵲) 180531007親から食べ物を受け取る(源)

    親から食べ物を受け取る(源)           ハクセキレイ親子(鵲)             

180531026アオサギ 180531008カルガモ(鵲)

       アオサギ(鵲)                    カルガモ(鵲)

180531009海岸で見かけたコチドリ 180531010水田で見かけたコチドリ(鵲)

    海岸で見かけたコチドリ              水田で見かけたコチドリ(鵲)

180531011囀るホオジロ(鵲) 180531012カワラヒワ(鵲)

      囀るホオジロ(鵲)                   カワラヒワ(鵲)

180531013ヤマガラ幼鳥(鵲) 180531014巣材?をくわえたスズメ
     ヤマガラ幼鳥(鵲)                 巣材?を加えたスズメ


 今回の散策では、穏やかな曇り空の中、28種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(6)・アオサギ・カワウ・ハクセキレイ・カルガモ・コチドリ
・ウミネコ
住宅地や農耕地で見かけた種(8)・スズメ・ツバメ・ハクセキレイ・ハシボソガラス
・ダイサギ・カワラヒワ・ムクドリ・カワラバト
山の中で見かけた種(13)・オオヨシキリ・ブッポウソウ・ホオジロ・ヤマガラ・キジバト・エナガ・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・キビタキ・ソウシチョウ・ハシブトガラス
山の中の池で見かけた種(1)・アオサギ 
見かけた猛禽類(1)・トビ


 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。


180531015今、花盛りのノグルミ(源) 180531016ホタルブクロ(源)

    今花盛りのノグルミ(源)               ホタルブクロ(源)

180531017香りの良いテイカカズラ 180531018休息中のモンシロチョウ

     香りの良いテイカカズラ               休息中のモンシロチョウ

180531019チガヤの群落 180531020色鮮やかなシチヘンゲ

      チガヤの群落                     色鮮やかなシチヘンゲ

180531021ヤブキリ(幼) 180531022ノビル
      ヤブキリ(幼)                     ノビル

180531023ヒルザキツキミソウ 180531024オオイタビの実

     ヒルザキツキミソウ                     オオイタビの実

180531025コガタスズメバチの巣

      コガタスズメバチの巣


写真の撮影は(鵲)森健児、(源)荒牧源実と( )なしは田字草(田村耕作)、報告は田字草。


次回2018年6月の様子はどうでしょうか。          
2018年6月 25日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。


              

2018年6月/2018年7月の探鳥会

2018.05.28 12:18|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料

今津・天拝山(6~9月)と久末ダム(6~8月)は、夏時間で8時~11時となります。   

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2018年6月3日(日)・2018年7月1日(日)[福岡市西区]※夏時間

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2018年6月5日(火)・ 2018年7月3日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2018年6月9日(土)・ 2018年7月14日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2018年6月10日(日)・2018年7月8日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山 2018年6月17日(日)・2018年7月15日(日) [筑紫野市]※夏時間

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2018年6月24日(日) ・2018年7月22日(日) [福津市]※夏時間

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

-6月は、ありませんー





能古島散策2018年04/23(月)の報告

2018.04.26 19:42|調査報告

 今日の天気、下り坂で厚い雲に覆われ、曇り空でした。散策開始後、少し雨模様で傘をさしての散策を始めた。しばらくすると雨、止んでくれた。その後は穏やかな曇り模様でした。気温は19から24℃でした。港の外灯にミサゴが止まっていた。こんな人の暮らしのそばにいるとは。トビと見間違いかと思ったが、ミサゴでした。

180423001 外灯に止まるミサゴ

     外灯に止まるミサゴ


 能古博物館そばの桜などの林で、冬鳥のアトリの群れ、ツグミ、シロハラの鳴き声に混じって、「チョチョ、グイー」とセンダイムシクイ、ヤマガラやエナガの声も聞こえ、にぎやかでした。


 海岸に出て探すも、カモ類はマガモ1とカルガモ2を見かけたのみで、カイツブリ類もいなかった。カモメ類も大変少なくセグロカモメ数羽のみで、常連のウミネコがいないという珍しい現象、イソヒヨドリも見かけず。見かけた種がイソシギとコチドリでした。

180423002 イソシギ(鵲) 180423003 カルガモ(鵲)

      イソシギ (鵲)                   カルガモ(鵲)

180423004 コチドリ1羽(鵲) 180423005 ミサゴ探餌中かも?(鵲)

     コチドリ1羽(鵲)                  ミサゴ探餌中かも?(鵲)

180423006 カモメの仲間(鵲) 180423007 ハシブトガラス場所争いか(鵲)

      カモメの仲間(鵲)                ハシブトガラス場所争いか(鵲)

180423008 アトリ(鵲) 180423009 囀り中のホオジロ(鵲)

        アトリ(鵲)                   囀り中のホオジロ(鵲)

180423010 カワラヒワ(鵲) 180423011 採餌中のツグミとシロハラ(鵲)
      カワラヒワ(鵲)                  採餌中のツグミとシロハラ(鵲)

180423012 ツバメの番(鵲)
        ツバメの番(鵲)


 今回の散策では、穏やかな春の曇り空の中、38種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・セグロカモメ・アオサギ・ウミウ・カワウ・ハクセキレイ・マガモ・カルガモ・イソシギ・コチドリ
住宅地や農耕地で見かけた種・スズメ・ツバメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・
カワラヒワ・ムクドリ・カワラバト
山の中で見かけた種・ホオジロ・アオジ・シジュウカラ・ヤマガラ・キジバト・エナガ・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ・アトリ・イカル・センダイムシクイ・キビタキ・ヤブサメ・ツツドリ・ソウシチョウ
山の中の池で見かけた種・カルガモ 
見かけた猛禽類・トビ・ミサゴ 


 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

180423013 ハマダイコンの花と実 (源) 180423014 ツボミオオバコ (源)

     ハマダイコンの花と実 (源)              ツボミオオバコ (源)

180423015 アカバナユウゲショウ (源) 180423016 コウボウムギ (源)
    アカバナユウゲショウ (源)            コウボウムギ (源)  

180423017 キツネアザミ(源) 180423018 ホザキマンテマ

      キツネアザミ(源)                 ホザキマンテマ

180423019 ハリエンジュ(マメ科) 180423020 ハマエンドウ
     ハリエンジュ(マメ科)              ハマエンドウ

180423021 マツヨイグサ 180423022 アキグミ
       マツヨイグサ                   アキグミ

180423023 ヤマフジ 180423024 レンゲの畑

        ヤマフジ                  レンゲの畑

180423025 トビズムカデ(源) 180423026 ベニシジミ (源)

     トビズムカデ(源)                ベニシジミ (源)

180423027 クワゴマダラヒトリ 180423028 エノキトガリタマバエ(虫こぶ)

     クワゴマダラヒトリ                エノキトガリタマバエ(虫こぶ)

180423029 ムサシアブミの花 180423030 フデリンドウ

      ムサシアブミの花                 フデリンドウ

180423031 ムベの花(雄花) 180423032 サルトリイバラの実
      ムベの花(雄花)                   サルトリイバラの実

180423033 鮮やか黄色の花 ジャケツイバラ 180423034 ナルコユリ
    鮮やか黄色の花 ジャケツイバラ             ナルコユリ


写真の撮影は(鵲)森健児、(源)荒牧源実と( )なしは田字草(田村耕作)、報告は田字草。
次回2018年5月の様子はどうでしょうか。          
2018年5月 28日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。 





                          

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ