FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸   2019年11月10日

2019.11.11 20:19|探鳥会報告

和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2019年11月10日  -薄曇り―
【観察鳥種】38種
【参加者数】14人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子


 11月に入って朝晩が寒くなりましたが、昼間はまだまだ暑いほどです。朝の下見では、大潮の満潮時で残った砂洲にクロツラヘラサギやミヤコドリが集まっていましたので、海の広場方面に向かいました。和白4丁目海岸に降りると、海面にはマガモやオナガガモなどの淡水ガモが浮かんでいました。

 塩浜護岸下には海ガモが2000羽程集まっていました。スズガモに混じってホオジロガモもいました。カンムリカイツブリも多く見られました。海の広場からは、クロツラヘラサギやミヤコドリなどを見ました。淡水ガモたちに混じってツクシガモも休んでいました。林の方ではジョウビタキがヒッヒッと鳴いて飛んでいます。モズの高鳴きやヒヨドリの甲高い声もします。

1 スズガモの群れ 2 クロツラヘラサギ

         1 スズガモの群れ               2 クロツラヘラサギ

3 ミヤコドリ 4 ジョウビタキ

         3 ミヤコドリ                 4 ジョウビタキ

5 モズ

           5 モズ


 ハママツナが赤く紅葉しており、ウラギクが咲いていました。植物の紹介もしながら、アシ原の中道を歩きました。シロハラが盛んに鳴きます。冬鳥が渡って来て、嬉しいです。センダンの実が黄色く光り、シャリンバイやアキグミの実も熟れてきました。アシの穂もホクホクに膨れて、日差しを受けて輝いています。参加した子供とアシの穂で遊びました。

 6 ハママツナ 7 ウラギク

        6 ハママツナ                  7 ウラギク

8 センダンの実 9 シャリンバイの実

        8 センダンの実                 9 シャリンバイの実

 

 砂洲に入るときに、近くの沿岸にいたオナガガモなどの淡水ガモは、ザーッと飛び立ってしまいました。砂洲にはクロツラヘラサギとミヤコドリが残りました。光線の具合も良くなり、ミヤコドリの赤い口ばしが輝いて見えます。クロツラヘラサギたちも少し歩いて移動し、その時にヘラサギが2羽混じっているのがわかりました。ヒドリガモやヨシガモが増えてきました。オオバンが5羽、隊列を組んでやってきます。冬鳥たちがそろってきて、嬉しい探鳥会でした。 
                                        (山本廣子)


10 ミヤコドリ 11 ヘラサギ

       10 ミヤコドリ                     11 ヘラサギ

12 ヒドリガモ群れ 13 マガモ&オオバン

      12 ヒドリガモ群れ                    13 マガモ&オオバン

14 観察のようす 

     14 観察のようす


【参加者の感想】
◇クロツラヘラサギとヘラサギがわかった。
◆ミヤコドリがきれいに見えた。
◇ミサゴがかっこ良かった。
◆ハジロカイツブリやウミアイサが可愛かった。
◇イヌマキを食べておいしかった。




スポンサーサイト



能古島散策の報告 2019年10月28日(月)

2019.11.04 16:51|調査報告

能古島散策の報告 2019年10月28日(月)その1

                                         田村耕作


191028001 散策ルート 会員5名(日高継典・荒牧源実・森健児・平位忠彦・田村耕作)で散策。今日の天気は、穏やかな晴れ、小春日和でした。散策にはもってこいの天気なり。気温は早朝13℃、午後4時には20℃でした。今回も新しい出会いを期待して散策しました。海上にはセグロカモメやウミネコ、ヒドリガモの小さな群れを見かけ、秋本番という感じでした。港から少し山の中に入ると、至る所でヒタキの仲間、特にジョウビタキの声、木々の間を動くコサメビタキに出会いました。また、水辺では、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、イソシギ、シロチドリを見かけた。また草地と稲刈り前の田んぼで、ノビタキを見かけ、しばらく楽しんだ。山に入って上空にノスリ、ため池ではアオサギ、カルガモ、その周辺では、ムギマキやコサメビタキを見かけた。また、キクイタダキをあちこちで鳴き声や姿を見かけ、この冬はたくさんのキクイタダキに遭遇するかもしれないと思いました。博多湾の東部がよく見える地点では、ミサゴやオオタカの飛翔を見かけた。そのそばに、大きな鷹柱を見かけた。トビが約40羽、旋回中でした。見事でした。

 16時の渡船で戻りました。2019年10月28日の散策で39種を記録しました。
海域や水辺で見かけた種(12)・カワウ・ウミネコ・セグロカモメ・オオセグロカモメ
・シロチドリ・イソシギ・クロサギ・マガモ・ハクセキレイ・アオサギ・ヒドリガモ
・イソヒヨドリ・
住宅地や農耕地で見かけた種(10)・ノビタキ・ジョウビタキ・ホオジロ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・キジバト・カワラヒワ・モズ・カワラバト
山の中で見かけた種(13)・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・カルガモ・キセキレイ
・コサメビタキ・ムギマキ・シロハラ・ミソサザイ・ササゴイ・ウグイス・キクイタダキ
見かけた猛禽類(4)・トビ・ミサゴ・ノスリ・オオタカ
地図上の赤い線は散策したコースで日高継典作成、写真の撮影と報告は田村耕作。
見かけた生きものの紹介です。

191028002 花桃の花 191028003 ソメイヨシノの枝のスズメ 191028004 見返り花(ソメイヨシノ)
    花桃の花           ソメイヨシノの枝のスズメ     見返り花(ソメイヨシノ)

191028005 色鮮やかなノブドウの実 191028006 ノビタキ♀ 191028007 タカサゴユリの種の詰まった鞘

  色鮮やかなノブドウの実       ノビタキ♀         タカサゴユリの種の詰まった鞘

191028008 ハマゴウの花と種 191028009 タイリクアカネ ♀ 191028010 マユタテアカネ ♂

   ハマゴウの花と種         タイリクアカネ♀        マユタテアカネ♂

191028011 ソクズ 191028012 スズメウリの実 191028013 セイタカアワダチソウ

       ソクズ            スズメウリの実       セイタカアワダチソウ

191028014 オオオナモミ 191028015 ゴンズイの実 191028016 サネカズラの実

    オオオナモミ           ゴンズイの実          サネカズラの実

191028017 テイカカズラの虫こぶ 191028018 メハジキの種 191028019 クサギの実

   テイカカズラの虫こぶ         メハジキの種             クサギの実

191028020 通称ジカキムシの食べ痕 191028021 ハラビロカマキリ 191028022 咲き始めたサザンカ

  通称ジカキムシの食べ痕     ハラビロカマキリ         咲き始めたサザンカ

191028023 ヨメナ 191028024 牧ノ神公園 展望台にて

       ヨメナ           牧ノ神公園 展望台にて    


次回、2019年11月25日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。
                                            以上


能古島散策の報告 2019年10月28日(月)その2
                                        田村耕作
 参加者森健児会員からのカメラ目線の報告です。朝日を浴びたウミネコ、アオサギ、モズ、
トビ、カワラヒワ、コサメビタキ、ジョウビタキ♀と♂、群れで飛ぶヒヨドリ、たんぼのソバにはノビタキ♀が出現、針葉樹ではキクイタダキを多く見かけた。

191028031 ウミネコ 191028032 アオサギ 191028033 モズ

      ウミネコ           アオサギ            モズ

191028034 トビ 191028035 カワラヒワ 191028036 コサメビタキ

       トビ             カワラヒワ           コサメビタキ


海岸付近では、イソヒヨドリ、クロサギ、カワウ、ヒドリガモの小さな群れ、セグロカモメ、砂利の水辺ではシロチドリを見かけた。
 海域上空には、オオタカが旋回、トビのタカ柱(約40羽)、ミサゴも見かけた。

191028043 イソヒヨドリ 191028044 クロサギ 191028045 カワウ

      イソヒヨドリ           クロサギ              カワウ

191028046 ヒドリガモの小さな群れ 191028047 セグロカモメ

     ヒドリガモの小さな群れ           セグロ カモメ

191028048 シロチドリ 191028049 ミサゴ

        シロチドリ                ミサゴ

191028050 オオタカ 191028051 オオタカ

                オオタカが旋回

191028052 トビのタカ柱(約40羽)

        トビのタカ柱(約 40 羽)



能古島散策の報告 2019年10月28日(月)その3

                                         田村耕作
参加者荒牧源実会員からのカメラ目線の報告です。

191028061 ジョウビタキ ♂ 191028062 ノビタキ ♀

  ジョウビタキ♂ あちこちで声を聞いた         田んぼのそばで見かけたノビタキ♀

191028063 クロサギ 191028064 ヒドリガモ
    波消しブロックで食べもの探し?            あちこちで見かけたヒドリガモ

191028065 ゴンズイ 191028066 ヤマハッカ 191028067 チカラシバ

         目立つゴンズイ            ヤマハッカ             チカラシバ

191028068 ひっつき虫の代表

                   ひっつき虫の代表


                                                                                                                       以上


能古島散策の報告 2019年10月28日(月)その4

                                                                                                          田村耕作
参加者平位忠彦会員からのカメラ目線の報告です。

191028071 アオサギ 191028072 トビ 191028073 ジョウビタキ♂
       朝日を浴びたアオサギ               トビ            ジョウビタキ♂

191028074 ジョウビタキ♂とイソヒヨドリ♀(何かしら争っていた)      191028075 イソヒヨドリ♂

 ジョウビタキ♂とイソヒヨドリ♀(何かしら争っていた)        イソヒヨドリ♂

191028076 ヒヨドリ 191028077 ヒヨドリ 191028078 ヒヨドリ

191028079 ヒヨドリ

              ヒヨドリの群れの様子、あれこれ

 191028080 カワラヒワ 191028081 スズメとサクラの花 191028082 高鳴きするモズ

         カワラヒワ           スズメとサクラの花         高鳴きするモズ

191028083 イソシギ 191028084 クロサギ 191028085 食事するミサゴ

      イソシギ             クロサギ              食事するミサゴ

191028086 色鮮やかなカラスウリ 191028087 渡り途中のノビタキ♀
     色鮮やかなカラスウリ         渡り途中のノビタキ♀
                                         以上


 


2019年11月/2019年12月の探鳥会

2019.10.29 07:46|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持
             各探鳥会で配布している名札(個人情報を記入済)


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2019年11月3日(日)・2019年12月1日(日)[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2019年11月5日(火)・ 2019年12月3日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2019年11月9日(土)・ 2019年12月14日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2019年11月10日(日) (日)・2019年12月8日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山  2019年11月17日(日) ・2019年12月15日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2019年11月24日(日) ・2019年12月22日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

多々良川下流 2019年11月 2日(土) [福岡市東区]

~シギ・チドリ・カモメの仲間 入門編~

【集合】東部水処理センター駐車場(多々良川左岸側) ⇒周辺地図
    午前10時集合、12時頃まで
【交通】西鉄バス土井営業所行き「松島5丁目」下車、市営地下鉄貝塚駅下車
    徒歩1.2km

曲淵ダム 2019年11月23日(土・勤労感謝の日) [福岡市早良区]

~山間地の水辺でオシドリ・ヤマセミ・カワガラスなどの野鳥を楽しもう~
【集合】西鉄バス「大谷口」バス停前 ⇒周辺地図
    午前10時集合
【交通】西鉄バス 曲淵行き「大谷口」下車

志賀島 2019年12月 7日(土) [福岡市東区]

~サギ・カモ・カモメの仲間など冬鳥に出会います~

【集合】志賀島渡船場前 ⇒周辺地図 *午前10時集合、12時頃まで 
【交通】博多埠頭から市営渡船 「博多志賀島航路」で渡るのが便利




片江展望台 秋のハチクマの渡り観察会

2019.10.16 08:36|お知らせ

片江展望台 秋のハチクマの渡り観察会
2019年9月7日(土)から10月14日(月・休)まで38日間の観察会を終了しました。
沢山の会員の協力で、貴重な記録を残すことが出来ました。期間中、ハチクマを6,605羽(仮集計)数えることが出来ました。有難うございました。

191014001 10/14 お昼過ぎの一場面 191014002 オオタカとハシブトガラス

        10/14 お昼過ぎの一場面          オオタカとハシブトガラス

191014003 ハイタカとハシブトガラス 191014004 10/14、観察会で見かけたハチクマ(若い♀)

      ハイタカとハシブトガラス           10/14、観察会で見かけたハチクマ(若い♀)

    191014005 10/14のお月さま(城南区にて)   191014006 10/14のお月さま(城南区にて)

            10/14のお月さま(城南区にて)


 野鳥の撮影は瀬井俊和氏、その他の写真と報告は田村耕作




■定例探鳥会    和白海岸

2019.10.16 06:53|探鳥会報告

■定例探鳥会    和白海岸     
和白川河口→塩浜護岸→海の広場→五丁川河口→奈多護岸
2019年10月13日  -晴れ-強風―
【観察鳥種】25種
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 10月に入ってクロツラヘラサギやミヤコドリ、カモたちが渡ってきているので、楽しみに観察会を始めました。昨日の大型台風の影響がまだ残っているようで、時折強風が吹きます。大潮の満潮時で干潟が出ていませんでした。和白川河口から和白干潟を見ますと、遠くの棒杭にミサゴとカワウが止まっていました。カモたちは避難しているのか姿が見えません。探鳥会には子どもが1名参加していましたので、いっしょに木の実や虫も観察しました。シャリンバイの実が色づいていました。トベラの実は大きくなり割れて赤い種が出ているものもありました。センダンの実も黄色く光っています。エノキの実を食べたりしました。キクイタダキ5羽を見たラッキーな人たちもいました。

191013001 シャリンバイ 191013002 トベラ

          シャリンバイ                    トベラ

191013003 センダン 191013004 キクイタダキ_R

           センダン                   キクイタダキ


 五丁川のカネンテではイソシギが水浴びをしていました。モズがキイキイキイと鳴いて秋を知らせます。船のへ先にダイサギが止まっていて、案内人のようです。護岸にはアオサギが13羽も並んで佇んでいます。ダイサギやカワウもいっしょに日向ぼっこしているようでした。奈多が近くなってやっとカモたちが出てきました。護岸近くにはヒドリガモの群れ、海の中程にはスズガモの群れが浮かんでいます。クリークにはコガモたちがいましたが、皆飛んでヒドリガモに合流しました。遠く雁ノ巣の砂洲の先端にミヤコドリ15羽を確認しました。先日は7羽でしたので、台風に乗って渡ってきたのかもしれません。一緒にいたシギは遠くて識別できませんでした。(山本廣子)

191013005 イソシギ_R 191013006 ダイサギ

           イソシギ                   ダイサギ

191013007 アオサギ・ダイサギ・カワウ 191013008 ヒドリガモ

      アオサギ・ダイサギ・カワウ                ヒドリガモ

191013009 コガモ 191013010 ミヤコドリ

           コガモ                     ミヤコドリ 

191013011 観察のようす

        観察のようす


     【参加者の感想】
◇初めての鳥を何種も見ることができた。
◆コガモが可愛かった。
◇キクイタダキを見ることができて良かった。
◆トビとミサゴの違いが解って良かった。
◇いろんな木の実を見ることができた。




プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ