FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸 (2021年2月14日)

2021.02.16 07:13|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口右岸→唐原川河口左岸
2021年2月14日 -晴れ-
【観察鳥種】46種
【参加者数】23人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子

 2月というのに最高気温が21度という暑さです。満潮前の海の広場方面に向かいました。RKBの鉄塔にはハヤブサが止まっていました。成鳥でした。干潟に降りますと、ツクシガモがたくさん浮かんでいます。淡水ガモはオナガガモが多いようです。岸辺を海の広場に向かいました。ハマニンニクやハマウドの新芽が伸びてきました。ウグイスも少しだけ囀りました。コゲラも鳴いています。イソヒヨドリもやってきました。
                      ツクシガモ                                               ハマニンニク
001 ツクシガモ 002 ハマニンニク
         ハマウド                イソヒヨドリ
003 ハマウド 004 イソヒヨドリ
 アシ原を通って砂洲へ出ました。潮が満ちてきて残った砂洲にはツクシガモや淡水ガモが休んでいます。ダイシャクシギも久しぶりに見ることができました。沖合ではスズガモやホオジロガモたちが浮かんでいます。もっと遠くの雁ノ巣海岸にミヤコドリが見えました。海岸を歩きアシ原を歩いて行きますと、オオジュリンの群れがアシに止まって食事をしています。歩くたびに先へ先へと飛んで行きます。ホトケノザやオオイヌノフグリなどが咲いていて、春を感じました。
        砂洲のカモたち              ダイシャクシギ
005 砂州のカモたち 006 ダイシャクシギ
       オオジュリン                ホトケノザ        
007 オオジュリン 008 ホトケノザ
 唐原川左岸から右岸へと歩いて行きますと、カワセミが2羽飛んで、見ることができました。ジョウビタキも止まってくれました。たくさんの鳥に会えて、楽しい探鳥会でした。(山本廣子)
        カワセミ                   ジョウビタキ♀
009 カワセミ 010 ジョウビタキ♀
       ジョウビタキ♂              観察のようす
011 ジョウビタキ♂ 012 観察のようす

【参加者の感想】
◇ツクシガモがきれいだった。
◆カワセミやオオジュリンに会えて良かった。
◇身近な鳥をたくさん見ることができた。
◆ハヤブサがかっこよかった。




スポンサーサイト



■定例探鳥会    和白海岸

2021.01.12 20:09|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口右岸
2021年1月10日 -晴れ時々曇り-
【観察鳥種】39種
【参加者数】6人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子

 数年に一度の寒波の訪れで雪が降り積もり道路は凍っていて、私は集合地までバイクで行くのに滑って転んだりしました。天気予報では今日は晴れるということでしたし、6名集まりましたので、探鳥会をすることにしました。
 満潮後の和白干潟では、ツクシガモや淡水ガモたちが近くで見られました。寒いのでできるだけ歩くようにしました。海の広場からアシ原に向かいます。アシ原にはオオジュリンやエナガも群れで来ました。今冬は寒いので小鳥たちは山の食べ物が無くなって平地に降りてきて、アシ原付近の木の実を食べたのか、シャリンバイやトベラの実が無くなっていました。

         ツクシガモ                  オナガガモ
210110001 ツクシガモ 210110002 オナガガモ
 砂洲からは唐原川河口付近にいるハマシギやシロチドリの群れを見ることができました。群舞がきれいでした。ハマシギの1羽が足をけがしているようでした。沖のスズガモも見ました。沿岸をハクセキレイ2羽がついてきます。アシに止まるエナガやジョウビタキが可愛くて、雪の日の観察も良かったです。(山本廣子)
          エナガ                  ハマシギ  
210110003 エナガ210110004 ハマシギ
         ジョウビタキ              雪の積もった和白干潟沿岸
210110005 ジョウビタキ210110006 雪の積もった和白干潟沿岸
         観察のようす  
210110007 観察のようす

【参加者の感想】
◇ツクシガモの足を近くで見ることができた。
◆ハマシギの群舞が美しかった。
◇エナガがとても可愛かった。
◆イソシギが見れて良かった。




■定例探鳥会    和白海岸

2020.12.14 17:31|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2020年12月13日 -薄曇り-
【観察鳥種】41種
【参加者数】18人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子

 集合地でコロナ対策と鳥インフルエンザについての注意をしてから、出発しました。大潮の満潮時でした。和白4丁目海岸では、淡水ガモたちが近くで見られました。ツクシガモがずいぶん増えており最終合計は190羽でした。ヒドリガモやオナガガモなどをじっくり見ました。沖のスズガモやカンムリカイツブリなども見てから、道路を海の広場に向かいました。途中、木の上で高鳴きするモズを見ました。
        淡水ガモたち                  ツクシガモ
201213001 淡水ガモたち 201213002 ツクシガモ

 海の広場では潮が引きだして少し出てきた干潟に、ツクシガモが休んでいます。アシ原そばではコガモたちが見え隠れしています。ダイシャクシギも1羽でりんと立っています。1羽ですが、今年も来てくれて嬉しいです。参加者は初心者の方が多くて、カモたちを熱心に見ています。沖ではホオジロガモも見ることができました。ツグミが干潟に降りてきました。ウラギクの花が綿毛になり、フカフカして美しいです。
          コガモ                  ダイシャクシギ
201213003 コガモ 201213004 ダイシャクシギ
       ウラギクの綿毛
201213005 ウラギクの綿毛

 ハクセキレイ2羽が道案内するようについてきます。アシ原ではクコやマサキ、シャリンバイやアオツヅラフジなどに実が生っていました。ウグイスの地鳴きも盛んに聞こえ、シロハラも鳴いたり飛んだりしました。私たちが砂洲に出るときには、カモたちがザーっと飛んで逃げますが、ツクシガモたちは残っていて、そこにはダイゼン5羽が待っていました。ハマシギやシロチドリたちが飛んで来て、しばらく行ったり来たりしました。シロチドリの群れが先に着地しました。やがてハマシギたちも降りました。しばらくの間ハマシギ群舞に、皆見とれていました。探鳥会終了後にミヤコドリが戻ってきたので、記録に書き加えています。(山本廣子)
         ハクセキレイ                   クコの実
201213006 ハクセキレイ 201213007 クコの実
         マサキの実                  シャリンバイの実
201213008 マサキの実 201213009 シャリンバイの実
       アオツヅラフジの実              ダイゼン
201213010 アオツヅラフジの実 201213011 ダイゼン
       ハマシギの群れ               観察のようす      
201213012 ハマシギの群れ 201213013 観察のようす

【参加者の感想】
◇ツクシガモの餌取りと歩き方がよかった。
◆ハマシギの群舞が美しかった。
◇ダイゼンがとても可愛かった。




■定例探鳥会  和白海岸 2020年11月8日(日)

2020.11.10 07:41|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
2020年11月8日 -快晴-
【観察鳥種】38種
【参加者数】19人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子

 今日は晴れて、秋の観察会日和でした。だいぶ寒くなって、冬鳥たちが増えてきました。朝の下見で、唐原方面にクロツラヘラサギやミヤコドリ、ハマシギなどがいましたので、先に海の広場に行くことにしました。海の広場からはクロツラヘラサギやミヤコドリは見られましたが、ハマシギは飛び回っており、よく見ることができません。オナガガモやマガモ、ヒドリガモ、ヨシガモなどがたくさんいましたので、ゆっくり見てもらいました。沖のスズガモも黒い帯になっています。カンムリカイツブリも元気に潜っています。カワウは干潟の上に1000羽程が黒い壁のようになって休んでいました。棒杭の上でミサゴが魚を食べる様子も見られました。海の広場付近ではナンキンハゼが紅葉し、ハマボウの葉が黄色になり秋らしい風情です。ウグイスの地鳴きも聞こえました。浜辺のハママツナも赤く色づいてきました。ハマシギが6羽程降りて干潟をついばみました。

          クロツラヘラサギ            ミヤコドリとカワウ
201108001 クロツラヘラサギ 201108002 ミヤコドリとカワウ
         ヒドリガモ            カワウとクロツラヘラサギ
201108003 ヒドリガモ 201108004 カワウとクロツラヘラサギ
          ミサゴ                 ナンキンハゼ
201108005 ミサゴ 201108006 ナンキンハゼ
          ハマボウ                ハママツナ 
201108007 ハマボウ 201108008 ハママツナ

 浜辺を和白方面に移動しました。干潟にはアオサが積もっているところがあり、できるだけ岸辺を歩きました。浜辺のハクセキレイが近づいても逃げず、可愛かったです。センダンの実が日光に当たって金色に輝いていました。和白川河口では、干潟にハクセンシオマネキが出ていて、食事中でした。塩浜護岸を歩きましたが、シャリンバイやトベラの木に実が生っていました。クコの実も赤く熟れていました。和白川河口のミヤコドリは近くで見ることができました。護岸の道をジョウビタキがついてきました。冬鳥にたくさん会えた探鳥会でした。(山本廣子)

         ハクセキレイ                センダン
201108009 ハクセキレイ 201108010 センダン
          シャリンバイ               トベラ
201108011 シャリンバイ 201108012 トベラ
          クコの実                 ミヤコドリ
201108013 クコの実 201108014 ミヤコドリ
        ジョウビタキ                観察のようす
201108015 ジョウビタキ 201108016 観察のようす

【参加者の感想】
◇ミヤコドリが見られて良かった。
◆ミサゴが魚を食べるところが見られた。
◇カンムリカイツブリが良かった。
◆クロツラヘラサギやマガモがきれいだった。
◇カワウがたくさん並んでいて圧倒された。



■定例探鳥会 和白海岸 2020年10月11日(日)

2020.10.12 14:10|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
2020年10月11日 -晴れのち曇り
【観察鳥種】25種
【参加者数】17人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子

 8か月ぶりの探鳥会です。一般の参加者が思ったよりも多く、久しぶりの上、コロナ対策の新しい名簿、2021年のカレンダー販売などがあり、担当者は慣れずに大変でした。集合地の和白公園の桜が紅葉していました。
1 始めの挨拶 2 桜の紅葉
         始めの挨拶                 桜の紅葉

 干潮へ向かう潮だったので迷いましたが、皆の意見で海の広場方面に行くことにしました。最初のポイント、和白4丁目海岸に降りると、和白川河口付近にクロツラヘラサギが見えました。合計7羽が見られました。ミヤコドリも来ているはずですが、まだ近くに寄りついていません。今日はミサゴも多く、7羽が観察されました。棒杭の上で大きな魚を食べたりしていました。淡水ガモもだいぶ渡ってきました。今秋は干潟上にアオサがたくさん堆積しています。腐らなければいいのですが・・・。
3 クロツラヘラサギ 4 ミサゴ
      クロツラヘラサギ                 ミサゴ
5 アオサの堆積とクロツラヘラサギ 6 ハマゴウ花
    アオサの堆積とクロツラヘラサギ           ハマゴウ(花)

 アオサを避けて沿岸を海の広場方面に歩きました。溝が深いところでは、干潟を少し沖合まで出て渡りました。沖合からはクロツラヘラサギやカモたちが近くなりました。沿岸のハマゴウは実が生り花も咲いていました。海の広場ではナンキンハゼの紅葉が見られ、ハママツナも紅葉しかかっており、ハマサジは花が咲いています。唐原川方面にダイシャクシギがいました。
7 ハマゴウ実 8 ナンキンハゼ紅葉
       ハマゴウ(実)                ナンキンハゼ(紅葉) 
9 ハママツナ 10 ダイシャクシギ
         ハママツナ                ダイシャクシギ 

 アシ原を歩くと、アキノミチヤナギやシロバナサクラタデの小さな花がきれいでした。シャリンバイやトベラの木に実が生っていました。アシ原はまだ夏の草藪が続いており、少し歩きにくいところもありました。アシ原や溝ではクロベンケイガニなどがたくさんいました。砂洲に出てオナガガモやヒドリガモなどを観察し、沿岸を唐原川河口右岸へ向かいました。途中たくさんのハマガニやアカテガニなどがいて、皆大喜びでした。河口の護岸からは干潟にたくさんのハクセンシオマネキが出て、食事中でした。雄も雌もいてハサミの違いが解りました。今日は秋を感じ、渡来間もない冬鳥や様々なカニに会えた観察会でした。(山本廣子)
11 アキノミチヤナギ花 12 シロバナサクラタデ花
      アキノミチヤナギ(花)          シロバナサクラタデ(花)
13 シャリンバイ実 14 ハマガニ
      シャリンバイ(実)                ハマガニ
15 アカテガニ 16 ハクセンシオマネキ
        アカテガニ               ハクセンシオマネキ
17 観察のようす
       観察のようす

【参加者の感想】
◇クロツラヘラサギやコサギ、ミサゴ、ダイシャクシギなどが見られてとても良かった。
◆沿岸を歩き、たくさん鳥やカニが見られた。




プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ