能古島散策1/29(月)の報告

2018.01.27 20:32|調査報告

 曇り空、気温は4から5℃、寒い、指先がかじかむ。冬らしい寒さの中で散策開始でした。船上では、何も観察できず。能古島港に着いた時、夜明け前の暗い中、はじめに聞こえたのはハシブトガラスの声、続いてヒヨドリ、シロハラ、大きな声を出しながら上空を飛んだアオサギでした。寒さの中、4名でゆっくりと歩きました。
 夜明けの薄暗い空を、トビ7羽が旋回を始めていた。海岸にでて、カモ類、水辺の鳥を記録した。カモ類はマガモ25、ウミアイサ22、カルガモ19、ヒドリガモ71、水辺の鳥は、ハジロカイツブリカンムリカイツブリ、カワウ、ウミウ、ヒメウ、イソシギ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、アオサギ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、カモメなどでした。
 陸域では、ムクドリアオジ、ミヤマホオジロ、ホオジロ、シロハラ、ツグミジョウビタキカワラヒワメジロの群れなどを楽しみました。そんな中、桜並木のある通りで、待ち望んでいたウソ7羽に出会いました。♂1羽、♀6羽でした。か細い口笛のような声を聞いて、暫く待つと桜の木に姿を見せ、桜の芽を盛んに食べだした。その木を遠巻きにして、ゆっくりと観察撮影ができ、満足でした。
 猛禽類は、飛翔するハヤブサを低い高度で見かけたのですが、見る見るうちに高度を上げ、しばらくすると、急降下し、山中に消えた。ノスリは、比較的ゆっくり飛翔する姿や止まりの姿を観察できた。

 真冬の寒波がきている中、能古島で15時まで、散策。今回は、ウソを中心に、沢山楽しめた能古島散策でした。
180129001 小さな群れのウミアイサ(鵲) 180129002水辺で採餌していたヒドリガモ群れ(鵲)
    小さな群れのウミアイサ(鵲)            水辺で採餌していたヒドリガモ群れ(鵲)
180129003 カンムリカイツブリ(鵲) 180129004 ハジロカイツブリ(鵲)
     カンムリカイツブリ(鵲)                ハジロカイツブリ(鵲)
180129005 セグロカモメ(鵲) 
     セグロカモメ(鵲)
180129006 枝先で見かけたホオジロ♂(鵲) 180129007 ジョウビタキ♀(鵲)
     枝先で見かけたホオジロ♂(鵲)               ジョウビタキ♀(鵲)
180129008 ジョウビタキ♂(鵲) 180129009 盛んに鳴いていたメジロ(鵲)
       ジョウビタキ♂(鵲)             盛んに鳴いていたメジロ(鵲)
180129010 時々出現したツグミ(鵲) 180129011 カワラヒワの群(鵲)
     時々出現したツグミ(鵲)                 カワラヒワの群(鵲)
180129012 電線で休息中のムクドリ(鵲) 180129013 道端で採餌していたアオジ
     電線で休息中のムクドリ(鵲)               道端で採餌していたアオジ
180129014 桜の新芽を食べるウソ(♂) 180129015 桜の新芽を食べるウソ(♀)
  桜の新芽を食べるウソ(♂)(鵲)             桜の新芽を食べるウソ(♀)(鵲)

おまけは、

180129016 姪浜港で見かけたイソヒヨドリ♀ 
     姪浜港で見かけたイソヒヨドリ♀

 今回の散策では、真冬で寒波、雪のちらつく天気の中、44種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・ウミネコ・オオセグロカモメ・セグロカモメ・カモメ
アオサギ・ウミウ・カワウ・ヒメウ・イソヒヨドリ・ハクセキレイ・ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・ウミアイサ・イソシギ
住宅地や農耕地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・
カワラヒワ・ムクドリ・カワラバト
見かけた種
山の中で見かけた種・ホオジロ・ミヤマホオジロ・アオジ・ヤマガラ・キジバト・アオバトエナガ・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・ルリビタキ・ミソサザイ・ウソ
山の中の池で見かけた種・なし
見かけた猛禽類・トビ・ノスリ・ハヤブサ

その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

180129021 早春を感じる蕗の薹 180129022 この寒さの中で咲いたクサイチゴ
     早春を感じる蕗の薹              この寒さの中で咲いたクサイチゴ 
180129023 たくさんの種を付けたツワブキ 180129024 赤い実が美しいツルウメモドキ
     たくさんの種を付けたツワブキ        赤い実が美しいツルウメモドキ

写真の撮影は鵲(森健児)、と( )なしは田字草(田村耕作)、
報告は田字草。
次回2018年2月の様子はどうでしょうか。2018年2月26日(月)を予定。
6時45分の船で島に渡ります。

スポンサーサイト

能古島散策12/25(月)の報告

2017.12.27 21:55|調査報告

 曇り空、気温は8から9℃、昨夜の雨と風がやみ、冬らしい寒さの中で散策開始でした。
 今回は日の出の空が雲に覆われ、明るくなった東の空を眺めつつ、5名でゆったりと歩きました。
 島についてすぐ聞こえてきたのがヒヨドリ、シロハラ、ウグイス、メジロの地鳴きでした。
 少し遠くで、ハシブトガラスの声、上空にはトビが4~5羽、電柱にもトビがいて賑やかでした。シギやチドリの仲間は、今回は全く見かけませんでした。海上をにぎわせてくれたのはウミアイサカンムリカイツブリでした。水辺では、ヒドリガモマガモカルガモ、上空を飛翔するセグロカモメを見かけました。
 23日の志賀島探鳥会で、海上遠くで海面近くを飛ぶカツオドリをちらっと見かけたので、今日少し期待していたのです。期待した通りに海上を飛翔するカツオドリを発見。やったー!という気分でした。はじめは海上遠くに飛んだ個体を見ていたのですが、次々と出現してくれました。2羽が近くを飛翔、撮影も楽しめる近さでした。合計24羽のカツオドリを見かけました。
 その後、田畑のある環境で、チョウゲンボウ(♂成鳥)が近くの電線に止まっている姿をA氏が気付いた。その後、飛んだり、止まったりを、近くで繰り返していた。ここでは、まれな猛禽類です。他に、モズ、スズメやホオジロ、カワラヒワを見かけた。山に入って、コゲラ、キクイタダキ、アオジ、ミヤマホオジロ、ルリビタキ等々の姿や地鳴きを聞いた。
 他の猛禽類は、ノスリ、ハイタカ、ハヤブサを見かけた。常連のミサゴには会えず。
 初冬の能古島、落葉樹が葉を落とし、小鳥類は比較的見やすかった。15時まで、散策。

 今回は、カツオドリとチョウゲンボウを中心に、沢山楽しめた能古島散策でした。

171225001 あちこちの電柱で見かけたトビ(鵲) 171225002 田んぼで採食するカルガモ(鵲)

    あちこちの電柱で見かけたトビ(鵲)               田んぼで採食するカルガモ(鵲)

171225003 ウミアイサ♂♀(鵲) 171225004 カンムリカイツブリ(鵲)

     ウミアイサ♂♀(鵲)                     カンムリカイツブリ(鵲)

171225005 たくさんのカツオドリを見かけた(鵲) 171225006 海上を飛翔するカツオドリ(さけ)

   たくさんのカツオドリを見かけた(鵲)               海上を飛翔するカツオドリ(さけ)

171225015 チョウゲンボウ(♂成鳥) 171225008 チョウゲンボウ(♂成鳥)
              近くで出会えたチョウゲンボウ♂成鳥(鵲)

171225007 枝先で見かけたホオジロ♂(鵲) 171225009 ジョウビタキ♂(鵲)

    枝先で見かけたホオジロ♂(鵲)                  ジョウビタキ♂(鵲)

171225010 休息か探餌か イソヒヨドリ♀(鵲) 171225011 屋根で見かけたイソヒヨドリ♂

   休息か探餌か イソヒヨドリ♀(鵲)              屋根で見かけたイソヒヨドリ♂

171225012 じっくり観察したツグミ(鵲)

    じっくり観察したツグミ(鵲)

171225013 電波塔で休息中のハヤブサ(鵲) 171225014 海岸近くのマガモの群れ
   電波塔で休息中のハヤブサ(鵲)                  海岸近くのマガモの群れ

 

今回の散策では、冬らしい天気の中、45種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・カツオドリ・ウミネコ・ユリカモメ・セグロカモメ・
アオサギ・ウミウ・カワウ・ヒメウ・イソヒヨドリ・ハクセキレイ・ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・ウミアイサ・カモメの仲間の一種
住宅地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・カワラヒワ・
・ムクドリ・カワラバト
山の中で見かけた種・ホオジロ・ミヤマホオジロ・アオジ・ヤマガラ・キジバト・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ・ルリビタキ・キセキレイ・ミソサザイ
山の中の池で見かけた種・なし
見かけた猛禽類・トビ・ハイタカ・ノスリ・ハヤブサ・チョウゲンボウ


 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

 

171225021 メマツヨイグサのロゼット 171225022 暖かさを感じたタチツボスミレ 171225023 シマカンギク

   メマツヨイグサのロゼット       暖かさを感じたタチツボスミレ         シマカンギク

171225024 香りを振りまいていたスイセン満開 171225025 赤い実が目立ったマンリョウ

  香りを振りまいていたスイセン満開     赤い実が目立ったマンリョウ

171225026 テイカカズラの実の虫こぶ 171225027 鮮やかなだいだい色のフウトウカズラ

   テイカカズラの実の虫こぶ        鮮やかなだいだい色のフウトウカズラ

 

写真の撮影は鵲(森健児)、さけ(荒牧源実)と( )なしは田字草(田村耕作)、
報告は田字草。
次回2018年1月の様子はどうでしょうか。2018年1月29日(月)を予定。
6時45分の船で島に渡ります。



能古島散策11/27(月)の報告

2017.11.30 10:01|調査報告

 快晴、気温8から18℃、早朝は寒く、昼頃は15℃を超え、気持ちの良い散策でした。
 美しい日の出を眺めつつ、4名でゆったりと歩きました。
 渡船上で観察した海上のユリカモメは、200羽を超えるような群れで浮かんでいた。
 島についてすぐ聞こえてきたのがヒヨドリ、スズメ、シロハラやジョウビタキの地鳴きでした。モズの高鳴き、ウグイスの地鳴きもにぎやかでした。
 シギやチドリの仲間は、前回同様に、すぐそばでイソシギ1羽、ミユビシギ6羽、シロチドリ3羽を見かけた。ハマシギはすぐに飛び去った。その他、海岸では、イソヒヨドリ、カワウ、ウミウミサゴ、ウミネコ、セグロカモメ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモを観察した。また、コクガン1羽ヒメウ3羽が近くの水面に出現した。大変幸運でした。しばらくして飛びさってしまった。田んぼや畑では、スズメやカワラヒワの群れが目立った。山に入って、コゲラ、ミソサザイ、キクイタダキ、アオジ、ミヤマホオジロ、ルリビタキ等々の姿や地鳴きがあり、楽しい。山中の池では、カワセミ、アオサギ、カワウ、カルガモ、コガモ、キセキレイに出会えた。ノスリは山頂で昼食中に、姿を見かけた。ジョウビタキの地鳴きが前回は大変にぎやかであったが、今回はだいぶ落ち着いた感じがした。
晩秋の能古島、ハゼノキ、イロハカエデ、イチョウ、コナラなどの秋色も楽しみながら、15時まで、散策した。今回も期待通りの成果のあった能古島散策でした。

171127001 能古島から見た1127の日の出(鵲)

能古島から見た11/27の日の出(鵲)

171127002 休息するスズメの群れの一部 171127003 縄張りは決まったかジョウビタキ♂(鵲)

休息するスズメの群れの一部         縄張りは決まったかジョウビタキ♂(鵲)

171127004 ジョウビタキ♀(鵲)
      ジョウビタキ♀(鵲)

171127005 採餌中のイソシギ(鵲) 171127006 採餌中のミユビシギ4羽(鵲) 171127007 休息中のミユビシギ

採餌中のイソシギ(鵲)      採餌中のミユビシギ4羽(鵲)        休息中のミユビシギ

171127008 シロチドリ(鵲) 171127009 イソヒヨドリ♀(鵲) 171127010 ウミウ

    シロチドリ(鵲)          イソヒヨドリ♀(鵲)            ウミウ

171127011 海岸の杭に止まるミサゴ 171127012 海岸上空のミサゴ(鵲) 171127013 外灯上のセグロカモメ

海岸の杭に止まるミサゴ        海岸上空のミサゴ(鵲)          外灯上のセグロカモメ

171127014 ヒドリガモの群れ(鵲) 171127015 コクガン(鵲) 171127016 飛び出すコクガン(鵲)

     ヒドリガモの群れ(鵲)         コクガン(鵲)          飛び出すコクガン(鵲)

171127017 飛び出すヒメウ(鵲) 171127018 群れるカワラヒワ(鵲)

       飛び出すヒメウ(鵲)         群れるカワラヒワ(鵲)

171127019 アオジ(鵲) 171127020 飛び出すアオジ(鵲)

      アオジ(鵲)              飛び出すアオジ(鵲)

171127021 まだ数が少なかったツグミ(鵲) 171127022 ホオジロ(鵲)

   まだ数が少なかったツグミ(鵲)         ホオジロ(鵲)

171127023 山中のため池で見かけたカワウとアオサギ 171127024 2羽のトビの関係?(鵲)

  山中のため池で見かけたカワウとアオサギ         2羽のトビの関係?(鵲)

 

 今回の散策では、秋らしい天気の中、46種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・ウミネコ・ユリカモメ・セグロカモメ・コクガン・
アオサギ・ウミウ・カワウ・ヒメウ・イソヒヨドリ・イソシギ・ハクセキレイ・
ミユビシギ・シロチドリ・ハマシギ・マガモ・ヒドリガモ・
住宅地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・カワラヒワ・
・ムクドリ・カワラバト
山の中で見かけた種・ホオジロ・ミヤマホオジロ・アオジ・ヤマガラ・キジバト・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ・ルリビタキ・キセキレイ・ミソサザイ
山の中の池で見かけた種・コガモ・カルガモ・カワセミ
見かけた猛禽類・トビ・ミサゴ・ハイタカ・ノスリ



 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。


171127031 朝露の付いたコマツヨイグサ 171127032 目だったピラカンサの実

   朝露の付いたコマツヨイグサ        目だったピラカンサの実

171127033 サネカカズラの実 171127034 ビワの花

    サネカカズラの実             ビワの花

171127035 サルトリイバラの実 171127036 クコの実 171127037 キタキチョウ

   サルトリイバラの実              クコの実              キタキチョウ

171127038 スイセン 171127039 テングチョウ 171127040 ボタンヅルの種子

     スイセン              テングチョウ          ボタンヅルの種子

171127041 ツタの実 171127042 ヨメナ

      ツタの実               ヨメナ


 写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。

 次回2017年12月の様子はどうでしょうか。2017年12月25日(月)を予定。
 6時45分の船で島に渡ります。




能古島散策10/30(月)の報告

2017.11.05 08:14|調査報告

 二週続けて週末にやってきた台風、29日(日)に散策を予定していたが、1日延期した。台風一過の30日(月)は曇りのち晴れ、気温16から17℃、気持ちの良い散策でした。
 週末は北よりの風が強かったので、渡りの鳥、冬鳥などの渡来を期待して、3名でゆったりと歩きました。
 渡船上で観察したユリカモメは、私にとって、この秋初めての出会いで、新鮮な気持ちでした。
 島に着いてすぐ聞こえてきたのがジョウビタキの地鳴きでした。至るところから声がして、楽しい予感がした。モズの高鳴きもにぎやかでした。
 シギやチドリの仲間は、イソシギ1羽、ミユビシギ9羽、シロチドリ2羽を見かけた。特に、ミユビシギ、シロチドリはすぐそば(10から20mの距離)でじっくり観察できた。
その他、海岸では、イソヒヨドリ、クロサギ、カワウ、ミサゴ、ウミネコ、セグロカモメ、マガモ、ヒドリガモを観察した。近くの田んぼや畑では、スズメやカワラヒワの群れ、キセキレイ、上空では50+のヒヨドリの群れが目立った。山に入って、上空でハイタカを5ケ所で観察した。渡っている途中なのでしょうか。ノスリは山頂で昼食中に、ハシブトガラス2羽にモビングを受けている姿を見かけた。ジョウビタキの地鳴きが大変にぎやかで、山頂の個体は♀で、昼食中にすぐそばに出現した。この日合わせて27羽を記録、♂10羽♀14羽不明3羽でした。
 冬鳥のシロハラ、ツグミ、キクイタダキ、アオジも確認した。北風のお陰かも。途中山芋の蔓を探し、大好きな零余子(ムカゴ)を少し楽しみつつ、16時まで、散策した。今回は期待通りの成果のあった能古島散策でした。

171030001休息するミユビシギ(鵲) 171030002波打ち際で採餌中のミユビシギ

     休息するミユビシギ(鵲)              波打ち際で採餌中のミユビシギ

171030003休息するシロチドリ(鵲) 171030004イソヒヨドリ♀(鵲)

     休息するシロチドリ(鵲)                 イソヒヨドリ♀(鵲)

171030005海岸上を飛ぶミサゴ(鵲) 1710300062羽で飛んでクロサギ(鵲) 171030007波消しブロック上のクロサギ

  海岸上を飛ぶミサゴ(鵲)       2羽で飛んでクロサギ(鵲)      波消しブロック上のクロサギ(鵲)

171030008飛び出すジョウビタキ♂ (鵲) 171030009ジョウビタキ♀ (鵲)

    飛び出すジョウビタキ♂ (鵲)              ジョウビタキ♀ (鵲)

171030010ハイタカ 171030011ハシブトガラスに追われるノスリ

        ハイタカ                  ハシブトガラスに追われるノスリ

171030012ツワブキで休息するアサギマダラ 171030013山中の池にて コガモ

     ツワブキで休息するアサギマダラ            山中の池にて コガモ



今回の散策では、秋らしい天気の中、40種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・ウミネコ・ユリカモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ・
アオサギ・クロサギ・カワウ・イソヒヨドリ・イソシギ・ハクセキレイ・キセキレイ・
ミユビシギ・シロチドリ・マガモ・ヒドリガモ
住宅地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・
山の中で見かけた種・ホオジロ・ヤマガラ・エナガ・キジバト・メジロ・カワラヒワ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・ジョウビタキ・アオジ・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ
山の中の池で見かけた種・コガモ・カルガモ
見かけた猛禽類・トビ・ミサゴ・ハイタカ・ノスリ・ハヤブサ
 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

171030021ウラギンヒョウモン、羽傷んでいた 171030022増えているキミガヨラン
  ウラギンヒョウモン、羽傷んでいた        増えているキミガヨラン

171030023コカマキリ 171030024クサギの実 171030025食べごろのアキグミ

    コカマキリ                クサギの実             食べごろのアキグミ

171030026ソクズの花 171030027ノイバラの実 171030028キズタの花
    キズタの花                 ソクズの花             ノイバラの実

171030029大きなジョロウグモ 171030030ツメレンゲ 171030031シロダモの花
   大きなジョロウグモ            ツメレンゲ            シロダモの花

171030032ヤマイモのムカゴ 171030033ツチイナゴ 171030034ツワブキ

  ヤマイモのムカゴ              ツチイナゴ            ツワブキ


171030035ヒヨドリジョウゴの実 171030036ノコンギク

    ヒヨドリジョウゴの実              ノコンギク

171030038ツツドリの尾羽 171030039チャの実

      ツツドリの尾羽                 チャの実

 
写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。


次回2017年11月晩秋の様子はどうでしょうか。2017年11月27日(月)を予定。
6時45分の船で島に渡ります。



能古島散策9/25(月)の報告

2017.09.29 19:51|調査報告

晴れ、気温19から25℃、散策には最適な天気でした。
いつもの4名でゆったりと歩きました。
 海岸では、ウミネコの数が増加しているような傾向、ミサゴやイソヒヨドリも観察回数が多かった。シギやチドリの仲間は、イソシギのみでした。上空、タカの渡りを気にかけつつ、いつものコースを進んだ。山に入って、コサメビタキ、エゾビタキ、センダイムシクイなど、移動中であろう小鳥類もあちこちで観察できた。桜の木の多い場所ではツツドリも出現。カワラヒワの10羽ほどの群も久し振り。「アオゲラ」の声にはびっくり。ここ数年、記録していないので、移動中かもしれない。
 山頂に近い空の広がった空間で、ハチクマの鷹柱を発見、10:57、それを切掛けに、ハチクマが次々出現。11:20までに104羽を数えた。山頂に急ぐ。展望台では素晴らしい光景を目撃した。眼下に広がる博多湾を背景に北東側から南西へ、川の流れのように、次から次に目の前を移動。生の松原や長垂海岸方向の上空には鷹柱出現。752羽観察出来た。
 13時まで、興奮続きの山頂でのお昼でした。楽しい能古島散策でした。

170925001カワウとアオサギ (鵲) 170925002ミサゴ(鵲)

       カワウとアオサギ (鵲)                     ミサゴ(鵲)

170925003イソヒヨドリ♂(鵲) 170925004トビ(鵲)

        イソヒヨドリ♂(鵲)                      トビ(鵲)

170925005ホオジロ♂(鵲) 170925006コサメビタキ(鵲)

         ホオジロ♂(鵲)                   コサメビタキ(鵲)

170925007センダイムシクイ(鵲)

      センダイムシクイ(鵲)

170925008ハチクマの鷹柱の一部(鵲) 170925009渡るハチクマ(鵲)

      ハチクマの鷹柱の一部(鵲)                 渡るハチクマ(鵲)

今回の散策では、秋らしい天気の中、33種の野鳥を観察できた。
水辺で見かけた種・ウミネコ・トビ・アオサギ・ダイサギ・カワウ・イソシギ・ハクセキレイ 
住宅地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ツバメ・モズ・カワラバト
山の中で見かけた種・ホオジロ・ヤマガラ・キジバト・センダイムシクイ・メジロ・カワラヒワ・ヒヨドリ・コゲラ・アオゲラ・コサメビタキ・エゾビタキ・サメビタキ・ツツドリ
ホオジロ・リュウキュウサンショウクイ
見かけた猛禽類・ハチクマ・トビ・ミサゴ・オオタカ・チゴハヤブサ
その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

170925010マユタテアカネ 170925011クツワムシ

        マユタテアカネ                         クツワムシ

170925012ネキトンボ 170925013リスアカネ

       ネキトンボ                            リスアカネ

170925014クロアゲハ

         クロアゲハ

170925015カイノキ(ウルシ科) 170925016ツユクサ

       カイノキ(ウルシ科)                        ツユクサ

170925017バクチノキ 170925018ハマゴウ

         バクチノキ                           ハマゴウ

 

写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。

次回2017年10月秋の様子はどうでしょうか。2017年10月29日(日)を予定。

6時45分の船で島に渡ります。



プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ