2017年[日本野鳥の会福岡支部]定例総会のお知らせ

2017.03.01 09:53|お知らせ

◆ 2017年[日本野鳥の会福岡支部]定例総会のお知らせ ◆
  ★日時:2017年3月25日(土)13:30~15:00
       議題:昨年の活動報告と今年の活動計画について
          支部役員及び事務局体制等について
  お楽しみ:野鳥が植物や他の生物、仲間をどのように見ているのかについて、
        小野支部長が面白いお話(内容を下記に説明)をしてくださる予定です。

170225000 案内

 

  ★場所:県営春日公園内 自然かんさつ館(旧公園管理棟)2階研修室
      *いつも[春日公園探鳥会]で集合している場所です。
  ★交通:JR鹿児島線「春日」下車。徒歩15分。
      西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分。
      又は駅前から西鉄バス6番系統<月の浦営業所
      行き>「水道企業団前」下車すぐ。
      春日公園第5駐車場横。
☆午前中10:00~12:00は、公園内で探鳥会を楽しみましょう。

 

講演内容「鳥の目から見た植物」
 近年、大変多くの恐竜化石が中国で発掘されています。特に 獣脚類恐竜については、新たな発見が続いています。その結果、恐竜は隕石の衝突により絶滅したのでなく、小型の鳥に 進化して生き延びていると判断できるようです。
 地球上に爬虫類が闊歩していたぺルム紀の終わりに多くの生きものが絶滅します。PT境界と呼ばれるもので、海洋では生物の90%が、陸上ではその70%が姿を消したと考えられています。
 この時代に、大気中の酸素が急激に減少します。恐竜が生き延びたのは、その独特な呼吸システムにあります。これが鳥類の呼吸方法と全く同じです。
 モンゴルとインドの間を移動するアネハヅルやインドガンがヒマラヤを超えられるのも、鳥の呼吸法に起因しています。目もまた、我々哺乳類とは大きく違っており、大変面白い特徴があります。
 黒い木の実がどうして分かるの?
 同じ模様の雌雄 は区別できるの?
 チョウゲンボウはどんな方法でハタネズミを発見しているの?
 モテるムクドリは何が違うの?などなど、
 面白いそして興味深いお話をします。ぜひ、聞きに来てください。
 お茶するとき、一杯飲むときの話題にいかがでしょうか?

 お話の参考に、食事中の鳥たちを見てください。

170225001 熟した柿の実を食べるメジロ 170225002 ツグミ 170225003 シロハラ

 

170225004 ハシブトガラス 170225005 ホオノキの実を銜えたハシブトガラス

 

170225006 セイタカアワダチソウの実を食べるベニマシコ 170225007 シイの実を食べるアオバト

 

170225008 アキニレの実を食べるアトリ



スポンサーサイト

クロツラヘラサギ報告会の御案内

2016.07.16 17:23|お知らせ

みなさま。

今月の18日に、福岡でもなじみのあるクロツラヘラサギの報告会が開催されます。

開催間近ではありますが、お時間のある方はぜひご来場ください。
(資料代・参加費として1,000円が必要となります)

尾上和久


     2016日本クロツラヘラサギネットワーク 報告会
 
日時:7月18日(月・祝)11:00ー15:00(終了後、周辺のクロツラ生息場所の見学)
場所:元岡公民館 福岡市西区太郎丸1丁目4-15 TEL:092-806-5132《駐車場あり》
今津干潟そば/JR筑肥線・九大学研都市駅から車で7分、
高速福岡前原道路・今宿ICから車で12分
 
プログラム
11:00   ・2015年11月7日・8日 日韓クロツラヘラサギ交流の報告 事務局(松本)
11:15   ・各地からの報告
《八代海》高野茂樹/日本クロツラヘラサギネットワーク代表・野鳥の会熊本県支部長
《錦江湾》宮野啓子、くすの木自然館
《有明海北部》中村さやか/野鳥の会佐賀県支部事務局長
《山口湾》渡辺徹/きらら浜自然観察公園レンジャー
その他
12:30   ・昼食(弁当 ※各自コンビニ等で購入)
13:30   ・博多湾のクロツラヘラサギ生息地/NEASPEC報告書より
     小池裕子(日本クロツラヘラサギネットワーク)
13:50   ・博多湾のクロツラ生息地の保全
     ふくおか湿地保全研究会
14:05   ・今津干潟(瑞梅寺川河口)の中洲の水没対策について
      田村耕作氏(日本野鳥の会福岡支部)
14:20   ※意見交換
14:30   ・TEAM SPOON(東京工業大学)の活動報告
14:40   ・事務局から/HPの作成について(クロツラ情報収集のシステムづくり)
14:50   ・事務報告/役員人事、2017年報告会開催地について
 
終了15:00
※終了後、プチエクスカーション(希望者)
今津干潟周辺のクロツラ生息場所の見学(中洲・三角池・二つ池など) 1時間程度
資料代(年次報告&NEASPECレポート)・参加費/1,000円
 
主催:日本クロツラヘラサギネットワーク
代表:高野 茂樹
事務局:〒815-0033 福岡市南区大橋1-4-20-601 TEL092-408-5214 松本 悟



◆「宮古島のリュウキュウアカショウビンの研究」ご支援のお願い◆

2016.01.19 15:16|お知らせ

小学生の頃から福岡支部会員で、現在は大阪市立大学の大学院生の浜地歩さんと植村慎吾さんは、

宮古島のリュウキュウアカショウビンの研究を行っているとのことです。

 

この度、「NPO法人 バードリサーチ」が行っている調査研究支援プロジェクトの研究支援プランに採用され、

現在、支援の募集が行われています。

 

160119001 アカショウビン 詳しくは「バードリサーチ(←ここをクリック)」のホームページにアクセスして、研究内容「2015年度の支援 003 火の鳥 巣箱に んみゃーち!!!」と支援方法を見ていただき、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

一口3,000円 支援期間は2月末までです。

 

 

 

 

 


(野鳥だより・ふくおか 編集人より)



2016九州・沖縄ブロック大会in筑後の案内 (参加申し込み要領は最後にあります。)

2015.12.22 21:34|お知らせ

2015年9月1日
日本野鳥の会筑後支部より

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016九州・沖縄ブロック大会in筑後の案内

日時:2016年4月9日(土)13:00~4月10日(日)11:30

★2016九州・沖縄ブロック大会in筑後は、大会を筑後市の船小屋温泉・樋口軒、探鳥会を柳川市の昭代干拓~佐賀の東よか干潟(大授搦)で行います。
(初めは5月に古処山の渓流の鳥を目玉に企画していましたが、100人近い人数での探鳥は、山道と駐車場の問題、それに会場と宿泊が一体で出来ないことから、柳川市昭代干拓に変更となりました。)

*昭代干拓は、有明海北東部・筑後川最河口域左岸にあり、春4月初めは、冬鳥のクロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモ(昨年はなんと千羽鴨に!)が越冬し、4月には春のシギ・チドリも楽しめます。
なお、東よか干潟(大授搦)も近いので足を延ばします。日本一の干潟と鳥たちもお楽しみ下さい。
*大会会場・樋口軒は炭酸泉で有名で、新幹線筑後船小屋駅から筑後広域公園を通り徒歩15分です
*ウエルカム探鳥会:筑後船小屋駅10:45分集合(新幹線到着に合わせ)で、筑後広域公園~宿までのコースでの1時間ほどの探鳥会を行いますので、こちらもお楽しみに。ご希望の方は、事前申込下さい。
(毎年3月第3日曜日の船小屋中之島公園~筑後広域公園探鳥会では、50種を越す鳥が出ています)

1、日時:2016年4月9日(土)13:00~4月10日(日)11:30解散(東よか干潟・大授搦)
2、大会会場:船小屋温泉樋口軒・筑後市船小屋805  Tel 0942-52-2101
3、参加費:①宿泊参加:13,000円、②日帰り夕食・交流会参加:6,500円、③大会のみ参加:500円
4、大会:第一日目4月9日(土)
1) 受付:12;00~13:00
2) 大会:13:00~17:00 (オープニングセレモニ-13:00、 閉会:17:00 )
①.主催者挨拶      ブロック代表
②.歓迎挨拶     開催担当:筑後支部支部長   
③.本部挨拶 (公財)日本野鳥の会より   
④.来賓挨拶     福岡県、筑後市、柳川市より   
⑤.講演・発表・報告               
*1,発表:筑後支部「三池島のベニアジサシについて」       
*2,講演:本部(ベニアジサシの繁殖状況について・自然保護室山本裕チーフ)
*3,発表:筑後支部(有明海水鳥調査・ブッポウソウの繁殖報告)        
*4,報告:本部・九州沖縄ブロック各支部・連携団体から           
3) フリータイム:17:00~18;30 (連絡事項、記念撮影、宿泊チェックイン、入浴
4) 交流会18:30~21:00 (夕食、各支部紹介、オークション)
5) 二次会(希望者のみ):21:00~23:00 (1Fロビーにて・参加費:酒・ツマミ付き2,000円)
                                        
《2日目》4月10日(日)
1) 早朝探鳥会 6:00~7:00 船小屋中之島公園(宿の目の前の矢部川中州にある公園)
2) 朝食:7:00~7:45 (時間厳守)
3) 出発8:00 (時間厳守) 車でない方は、宿のマイクロバス28人乗り1台で送迎します。
4) 昭代干拓探鳥会 8:30~9:30 (月齢2,7 満潮11:07 潮位514,7cm)    
5) 東よか干潟(大授搦)探鳥会    10:00~11:15                    
6) 閉会・現地解散 11: 30 (バスの方は、西鉄柳川駅、JR筑後船小屋駅迄お送りします)   
                               
《問い合わせ・申し込み先》                               
日本野鳥の会筑後支部事務局 〒839-0853 久留米市青峰1-14-29(松富士 将和方)
Tel/Fax0942-45-1150 携帯 090-7159-3933 Eメール hohoduku@orion.ocn.ne.jp
《締め切り》 一次締め切り:2016年1月末(九州・沖縄ブロック運営協議会前) 二次締切:3月20日

 

ーーーーーーーーーーーーーーーご注意ーーーーーーーーーーーーー


問い合わせ、申し込みは、福岡支部の担当田村宛て(090-8220-6160)に御願いします。

 



秋の野鳥写真展開催のお知らせ

2015.08.31 09:50|お知らせ

9月1日(火)~13日(日)福岡市植物園内奥の温室ギャラリーにて、

日本野鳥の会 福岡支部による野鳥写真展を行っています。

今回の目玉は、小野支部長のモンゴル探鳥旅行での野鳥たちです。

植物園散策を楽しみつつ、野鳥写真展をお楽しみください。(ながまつ)

150901001 写真展

プロフィール

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ