6月能古島散策報告 2012.06.28

2012.06.30 12:28|調査報告

2012.6.28の能古島散策は3名で歩きました。曇り空、気温20~23.5℃で快適に歩きました。

 

海上では、若いウミネコが飛翔中、セグロカモメも見かけました。島ではスズメの群れ、カワラヒワの群れが目立ちました。

海岸ではクロサギが合わせて5羽と今までの記録と比較して多かった。コチドリも6羽いて1羽幼鳥だった。

ミサゴは餌の魚を捕まえて移動中の個体を2度みかけた。子育ての時期のようでした。

 

山林の区域では、サシバ 2羽の止まりを観察できました。ホトトギスやウグイスもよく囀っていた。ほかに、ハヤブサ 1(幼鳥)・アマツバメ 2・アオバズク 1・フクロウ 1 声、合わせて観察した種は35種でした。

ネムノキの花が咲き始めていました。池のそばではアオイトトンボの緑色も目立った。大きな芋虫(キイロスズメの幼虫)にもレンズを向けました。歩く度、新しい出会いがある能古島散策でした。 

 

次回は7月22日(日)6時30分の船で能古島へ出かける予定です。
報告 田字草でした。

スポンサーサイト

7月の行事予定

2012.06.29 23:37|■探鳥会:参加のご案内■

7月行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!

 =7月の行事予定=

1.今津  7月1日(日) [福岡市西区]

  【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ※8時 ⇒周辺地図

  【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分又は「九大学研都市」下車後
       昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車

    ※夏時間ということで9月まで、8:00-11:00となります。ご注意ください!

2.県営春日公園  7月3日(火)  [春日市春日公園]

  【集合】旧公園管理センター前 ※10時 <第5駐車場横> ⇒周辺地図

  【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分      

       西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統

       <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。

    ※他の定例探鳥会とは、時間が異なりますので、ご注意ください。

3.大濠公園  7月14日(土)  [福岡市中央区]

  【集合】ボート乗り場前 ⇒周辺地図

  【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分

4.和白海岸  7月8日(日)  [福岡市東区]

  【集合】JR和白駅前の和白公園 ⇒周辺地図

  【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ

5.天拝山  7月15日(日)  [筑紫野市]

  【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ横 ⇒周辺地図

  【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分

6.久末ダム  7月28日(土)  [福津市]

  【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※8時 ⇒周辺地図

  【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分

       JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分

    ※夏時間ということで9月まで、8:00-11:00となります。ご注意ください!

★上記1~6の探鳥会の共通事項★

  【時間】集合時間:9時 解散時間:12時(※1,2,6は時間が異なります) <雨天中止>

  【参加費】会員100円・非会員300円・中学生以下無料

  【持ち物】筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。

自然と接するときのマナーについて

2012.06.24 11:25|メッセージ

代表 小野 仁

 日本野鳥の会は、「自然にあるがままの野鳥に接して楽しむ」ことを重要に考え、「国民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資すること」を目的としています。この考えに共感し、多くの仲間とともに、環境の多様性に恵まれた福岡の地で活動しています。当会では、鳥を通して環境を感じ、会報や探鳥会を通して発信しています。

 福岡は、日本列島の西の端に位置し、大陸に近いロケーションから、多くの鳥たちに出会うことができます。渡りの季節には多くの鳥たちが移動の途中に羽を休めますし、また、夏鳥も繁殖のためにやってきます。このとき、鳥たちに対してどのように接するかが大変重要です。

 情報伝達の早さゆえに、発見した翌日には多くのカメラマンが押し寄せることがしばしばあります。中には、餌を置いてカメラを構えることもあるようです。抱卵中の撮影、巣たち雛の撮影を終始することはもちろん、巣の近くで時間を過ごすことが鳥たちにストレスを与えることがあります。また、長時間とどまることがカラスに巣の位置を教えることになります。

 もう一度、自然と接するときのマナーについて考え、自慢できる行動を取りましょう。

定例探鳥会報告 /和白海岸/ 2012年6月10日(日)

2012.06.12 05:25|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多 ― 

 

2012年6月10日(日)  -曇りのち晴れ-

[観察鳥種] 21種  [参加者数]18名  中潮(干潮7:33 満潮13:43)

 

探鳥会のようす2 集合場所の和白公園の桜の木々は、今日は濃い緑の葉を重たそうに繁らせています。

 空気も湿気を含んだ薄曇りでしたが、次第に晴れてきました。日差しの強さに夏を感じましたが、風が吹いていたのでそんなに暑くはありませんでした。

 今日は奈多まで行くコースです。鉄塔に作られたカラスの巣は、もう子育てを終え抜け殻でした。

 

 

 

 ダイサギ

和白川河口に1羽のダイサギが立っており、冴えるような緑の婚姻色が顔に出ています。

 

 

 

 

 

 

ハクセンシオマネキ 望遠鏡で大写しにすると、その足下に多数のハクセンシオマネキがいました。ダイサギの横で思い思いに大きな白いはさみを上下に振っています。

 探鳥会参加者の関心はサギからカニに移ってしまいました。ハクセンシオマネキは最近、唐の原川河口で姿を見せず残念だったのですが、和白川河口に引っ越しているようで安心しました。

 

 

 

トベラの実塩浜堤防の植え込みのトベラの木には丸い実がなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

ツバナの穂畑の道端ではチガヤ(別名:ツバナ)の穂が風に揺れています。

 

 

 

 

 

 

 

オオヨシキリ アシ原の緑が充実してくるにつれ、オオヨシキリの鳴き声も先月よりにぎやかになっているようです。アシ原も葉が厚く茂っているため、なかなかオオヨシキリの姿を見ることができません。

 

 

 

 

 

スズメとホオジロ 虫をくわえたホオジロやカワラヒワも見られました。近い位置にいるので肉眼や双眼鏡で観察していたら、望遠鏡をセットする前に薮の中に身を隠してしまいました。

遠くにいても遮るもののない水面に浮いてる水鳥を見るときとは逆です。夏の小鳥たちからしてみれば、アシ原や茂みはすぐに隠れられるので安心かもしれませんね。

 

 

 参加者一同が進むたび緑の中からチョウやトンボや小さな羽虫が驚いて飛び出してきます。川のある所ではツバメが独特のくねくねした軌道で素早く飛び回っていました。

 

ハマナデシコ五丁川河口では、紅紫色のハマナデシコが咲きだしていました。

 

 

 

 

 

 

 

アオサギ

 鳥の数自体は少なかったのですが、ほかの生命にも活気がみなぎっています。奈多でちょうど良い木陰を見つけ、鳥合わせをしました。

 

 

 

 

 

 

【参加者の感想】

・ホオジロの声がきれいだった。

・オオヨシキリがアシのてっぺんで鳴いていたのを見れてラッキーだった。

・アオサギが置物のように微動だにせず面白かった。

・ダイサギの緑のアイシャドウがきれいだった。

・カワラヒワを初めて見れた。

・雨が降らなくてよかった。

・ハクセンシオマネキが多くてよかった。

・チョウやトンボがたくさん出現し、季節の変化を感じた。

 

(文・写真 byなお)

テーマ:散策・自然観察
ジャンル:趣味・実用

「月例探鳥会報告」 片江展望台 6月2日(土)

2012.06.03 20:23|探鳥会報告

 

 2012.06.02 探鳥会(2)片江展望台は、初夏を感じさせる気候の中、探鳥会は始まりました。折しも、夏鳥の代表格である『オオルリ』のさえずりが響き渡り、いっときの清々しさを与えてくれました。
 
 探鳥会は30分程、片江展望台で観察を続け、小鳥たちの姿やさえずりで楽しんだ後、西油山へ抜ける林道に沿って散策しました。
 
↑展望台での探鳥会の様子
 
 
 
 ママコナと幼虫片江展望台から少し入った辺りでは『キビタキ』のさえずりが、探鳥会の門出を祝ってくれました。
 
 
また、林道脇にはこの時期ならではの野草や樹木の花が咲き誇り、名前やその特徴で話が弾み、探鳥会の盛上げに一役買ってくれました。
 
↑西油山林道で見かけたママコナと芋虫
 
笹と枯れ葉の関係    CIMG0039
↑面白い枯れ葉と笹の関係
 
参加者は、御世話係2名を含め17名、観察した野鳥は、オオルリ・キビタキ・エナガ・コゲラなど合わせて24種でした。
□文・写真:御世話係□

テーマ:散策・自然観察
ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ