【鳥信】 2012年7月8日(日) [津屋崎海岸の沖合い]

2012.07.31 14:46|鳥信

7/8日曜日の午前中に、地元海岸の沖を飛んでいたオオミズナギドリの群れを見ていると一羽だけ別の鳥が、近くの海域を飛んでいました。最初はピンと来なかったのですが、海面へダイビングする姿でカツオドリと気が付きました。

冬場にはしばしば見られるのですが、この時期に見たのは初めてで驚きました。
しかしよく考えてみると、日本では小笠原などで繁殖する南方系の鳥ですから冬場に福岡まで北上してくること自体が謎のような気が…
むしろこの時期のほうが、まだ理にかなっているのかも??
ただ残念ながら、姿が見られたのはこの日だけです。

遠い沖を飛ぶ海鳥は、記録写真を残すことはあきらめ気味だったのですが今回は動画撮影モード(いわゆるビデスコ)で、ダイビングシーンなどなんとかそれとわかる記録が残せました。(スロー動画です)

(文・動画:福津市 JUNE)

動画:120708 Brown Booby (Slow)

真夏のカツオドリ

スポンサーサイト

8月の行事予定

2012.07.30 05:22|■探鳥会:参加のご案内■

8月行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!

 =8月の行事予定=

1.今津  8月5日(日) [福岡市西区]

  【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ※8時 ⇒周辺地図

  【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分又は「九大学研都市」下車後
       昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車

    ※夏時間ということで9月まで、8:00-11:00となります。ご注意ください!

2.県営春日公園  8月7日(火)  [春日市春日公園]

  【集合】旧公園管理センター前 ※10時 <第5駐車場横> ⇒周辺地図

  【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分      

       西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統

       <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。

    ※他の定例探鳥会とは、時間が異なりますので、ご注意ください。

3.大濠公園  8月11日(土)  [福岡市中央区]

  【集合】ボート乗り場前 ⇒周辺地図

  【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分

4.和白海岸  8月12日(日)  [福岡市東区]

  【集合】JR和白駅前の和白公園 ⇒周辺地図

  【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ

5.天拝山  8月19日(日)  [筑紫野市]

  【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ横 ⇒周辺地図

  【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分

6.久末ダム  8月25日(土)  [福津市]

  【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※8時 ⇒周辺地図

  【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分

       JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分

    ※夏時間ということで9月まで、8:00-11:00となります。ご注意ください!

★上記1~6の探鳥会の共通事項★

  【時間】集合時間:9時 解散時間:12時(※1,2,6は時間が異なります) <雨天中止>

  【参加費】会員100円・非会員300円・中学生以下無料

  【持ち物】筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。

テーマ:散策・自然観察
ジャンル:趣味・実用

【鳥信】 2012年7月26日(木) [福岡空港南側滑走路の近く、御笠川沿い]

2012.07.27 09:42|鳥信

IMGP18500A1

資料によりますと、ケリは西日本では珍しいと有りましたが、
int で調べましたら、粕屋町付近で生息している様子。
餌を捕りに、御笠川迄飛来したのではないでしょうか?
(文・写真:saifu)

定例探鳥会報告 /和白海岸/ 2012年7月8日(日)

2012.07.10 08:04|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多 ― 

2012年7月8日(日)  -晴れ-

[観察鳥種] 24種  [参加者数]16名  中潮(干潮6:20 満潮12:31)

 今日は梅雨の中休みで晴れました。しかも北風が涼しく吹き過ごしやすかったです。奈多まで歩くコースです。小学2年生のソウタくんが参加したので、活気がありました。和白川河口道端のトキワススキの穂が出だしていました。畑の端にはカボチャのツルが大きく育って花をたくさんつけていました。今日は満潮に近く河口の干潟が出ていませんでしたので、ハクセンシオマネキを見せてあげられず残念でした。河口から砂浜に出てダイサギが佇んでいるのを望遠鏡で見ました。夏羽の白いベールのような服をまとっていてとてもきれいでした。

 護岸のそばではヒライソガニがたくさんいて、ソウタくんがつかまえました。護岸の上ではアカテガニがいましたが、はさみを切って逃げてしまいました。ウスバキトンボが飛び交っており、ツバメも飛び回っています。センダンもトベラも丸い青い実をつけていました。

 クリークのアシ原が近くなり、オオヨシキリの鳴き声が聞こえてきます。盛んにさえずっていますが姿がなかなか見つかりません。そんな中、カワセミが横切ったそうです。私は見損ないました。進行方向の電柱にキジバトが止まっています。望遠鏡でゆっくりと羽の模様を見ることができました。 五丁川河口の岸部で羽が傷ついたカルガモが寝ていました。羽の青い模様もきれいに見えました。その横にダイサギとアオサギがいましたので、いっしょに見てもらいました。このダイサギは冬羽になっていました。アオサギは夏羽でした。

 護岸の端にはハマナデシコがピンクに咲き誇っていました。カワラヨモギの葉も涼しげです。ミサゴは遠くでしたが望遠鏡に入れることができました。トビも飛ぶ姿が見られました。五丁川先のいつもの木立付近でホオジロを探しましたが、声が聞こえただけでした。しばらくのちに振り返ると、木のてっぺん近くで鳴くホオジロを見つけました。スズメやハクセキレイも動きの遅い幼鳥が見られました。

 夏の和白干潟付近では夏鳥と留鳥が見られて、種類数は少ないです。しかし普通にいる鳥たちをゆっくり見ることができて、鳥の美しさに気づく時でもあります。また和白干潟の鳥たちを育てている自然環境の素晴らしさにも気づきます。奈多の大きな木の木陰で鳥合わせをしました。帰りには子育て中のバンの親子6羽にも出会いました。(やま)

 

【参加者の感想】

・ミサゴがかっこいい。

・カワセミが見られて感激した。

・ホオジロの色がきれいでかわいかった。ホオジロを初めて見た。

・ダイサギの夏羽がきれい。ダイサギとアオサギのツーショットが良かった。

・涼しくて良かった。

・トンボがたくさん飛んで、カニも散歩していた。

プロフィール

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ