2月の行事予定

2013.01.30 07:09|■探鳥会:参加のご案内■

2月行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!

=2月の行事予定=

1.今津  2月3日(日) [福岡市西区]

  【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ※9時 ⇒周辺地図
  【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分又は「九大学研都市」下車後
       昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車

2.県営春日公園  2月5日(火)  [春日市春日公園]

  【集合】旧公園管理センター前 ※10時 <第5駐車場横> ⇒周辺地図
  【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分
       西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統
       <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。
    ※他の定例探鳥会とは、時間が異なりますので、ご注意ください。

3.大濠公園  2月9日(土)  [福岡市中央区]

  【集合】ボート乗り場前 ※9時 ⇒周辺地図
  【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分

4.和白海岸  2月10日(日)  [福岡市東区]

  【集合】JR和白駅前の和白公園 ※9時 ⇒周辺地図
  【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ

5.天拝山  2月17日(日)  [筑紫野市]

  【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ横 ※9時⇒周辺地図
  【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分

6.久末ダム  2月23日(土)  [福津市]

  【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※9時 ⇒周辺地図
  【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分
       JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分

--------------------------------------------------------------------------------

=2月の月例探鳥会=

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

7.牛頸ダム  2月11日(月・建国記念の日) [大野城市]

~赤い鳥と青い鳥をみんなで探しましょう、今年は期待できそう~
  【集合】井手2号公園(牛頸ダム入り口) ※午前10時集合、14時頃まで⇒周辺地図
  【交通】西鉄大牟田線「下大利」下車、駅前から西鉄バス21番系統で、
       「平野ハイツ入り口」下車 徒歩約20分
      ※お弁当を持参してください。

★上記1~7の探鳥会共通事項★
[時間]集合時間:9時 解散時間:12時(※2,7は時間が異なります) <雨天中止>
[参加費]会員100円・非会員300円・中学生以下無料
[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。

スポンサーサイト

定例探鳥会報告 /久末ダム/ 2013年1月26日(土)

2013.01.28 21:57|探鳥会に参加して

2013年1月26日 久末ダム探鳥会の様子を報告します。
大変寒い日、風も強く、危うく望遠鏡を倒しそうになってしまう程でした。そんな天気にも関わらず34名の会員たちが参加していました。


13012601貯水池のそばから田畑を眺められる場所での探鳥風景です。

この時は、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、アオジ、モズそして1羽のウソを見ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

13012602130126031301260413012605

近くには、仏の座の花の濃い桃色、白い花の枇杷、鮮やかな黄色素心蝋梅、蕾が膨らみ始めた辛夷、と早春を感じさせる風景がありました。

 

 

 

 

 

13012611貯水池にはオオバンがあちこちで見られました。

 

 

 

 

 

 

13012612上空で見かけたミサゴ、水辺の林にある大きな横枝に止まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

カモ類は、カルガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、そしてカイツブリの群れ、水辺にはダイサギやアオサギ、コサギを観察しました。

130126131301261413012615

 

サザンカの花にはたくさんのメジロがいました。池の周りにある梅林では、アオジ、ホオジロ、ミヤマホオジロなどが観察され、ウグイスもあちこちで姿を見かけました。なかなかカメラに収められませんでした。この写真は久末から戻ってきて自宅で写すことができたものです。

1301262113012622


 

 この探鳥会全体で48種類を確認していますが、私の野帳には自分で確認した42種を書いていました。できたら、未確認の6種(ノスリ・ハヤブサ・カシラダカ・シメ・イソヒヨドリ・レンジャクsp.)も観察したかったけれど、次回の楽しみにします。今日もたくさんの野鳥を楽しむことが出来ました。報告は田字草でした。

天神中央公園で見かけた野鳥 (続き)

2013.01.28 00:25|鳥信

1/23の13時から14時にかけて、公園とその周りを歩きました。

合わせて21種を観察しました。写すことができた鳥です。

130123011301230213012303

1301230413012305

公園に隣接したアクロスの階段の庭には、アキグミやナワシログミ、コトネアスターなどの実がついていました。ヒヨドリやツグミの食べ物のようです。

130123111301231213012313

そばの川の水面や水辺も潮の干満で、水位が変わります。この時は干潟が出現。イソシギ、セグロカモメ、オカヨシガモなどを見かけました。

1301232113012322

1301232313012324

ハヤブサも何かを追いかけて上空を通過しました。
 福岡市の市街地で、機会がありましたら、是非探鳥をしてみてください。そして鳥信を下さい。

会員の田村耕作

定例探鳥会報告 /天拝山/ 2013年1月20日(日)

2013.01.25 20:39|探鳥会に参加して

天拝山の定例探鳥会の様子を少しお知らせします。
集合場所の前には、ため池があります。1/20には池の水位が下げてあり、池の1/3ほど底が露出していました。そのためかどうか分かりませんが、クサシギ(写真1)やキセキレイ、ハクセキレイそれにアオサギ(写真2)が探餌していました。ここにはマガモ系アヒル(写真3)が4羽住み着いています。その中の1羽は翼が折れているようですが、がんばっているようです。
 山麓の探鳥会風景(写真4)、この場所でホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、モズ、リュウキュウサンショウクイ(写真5)を楽しみました。このリュウキュウサンショウクイは、分布域が南から北へ広がっているようです。天拝山麓ではたびたび観察されています。そういう意味で注目したい野鳥です。
この山麓は万葉植物園もあり、四季を通して楽しめます。今回は、咲き始めたシナマンサク(写真6)が目を楽しませてくれました。観察会の終わり頃、こんな場所にいるカタツムリ(写真7)を発見しましたよ。散策すれば、いろいろ楽しい発見のある天拝山麓です。


クサシギ(写真1)                  アオサギ(写真2)

13012001              13012002


マガモ系アヒル(写真3)                     山麓の探鳥会風景(写真4)
13012003              13012004

リュウキュウサンショウクイ(写真5)

13012005

シナマンサク(写真6)              カタツムリ(写真7)
13012006       13012007         

 今回、2013年1月20日の午前中、出合えた野鳥は、鳥合わせ中に上空を飛翔したハヤブサを含めて39種をメモしました。この探鳥会の様子は、全体の中の3割程度でしょうか。この他、森の中では、ルリビタキ、シロハラ、アオジ、クロジ、シメ、イカルなどが楽しめました。
この報告の画像は、Mがリュウキュウサンショウクイを撮影、その他は田字草が撮影しました。報告は田字草でした。    
 なお、正式な報告は、野鳥だより ふくおかに掲載されます。

会員の皆様、お願いがあります。             日本野鳥の会福岡 会員 田村耕作

2013.01.22 01:08|鳥信

会員の皆様、お願いがあります。

福岡市の市街地の真ん中、中央区の天神中央公園を中心として、隣接するアクロスのステップガーデン、そばを流れる薬院新川と那珂川、この付近で、どんな野鳥が生息しているのか、興味があります。1/11、1/15、1/19に少し散策する機会があり、メモしてみました。

カワウ・アオサギ・カルガモ・ホシハジロ・ユリカモメ・キジバト・カワラバト・ハクセキレイ・ヒヨドリ・

シロハラ・ウグイス・シジュウカラ・メジロ・スズメ・ムクドリ・ハシボソガラス・ハシブトガラス

の17種でした。散策の機会が増えれば、もっといろんな野鳥に出合えそうな気がしています。

 天神に出かけるついでに、少し散策して探鳥して見ませんか。

 皆さん、このあたりを散策する機会がありましたら、見かけた野鳥を野鳥だよりふくおかの鳥信に投稿していただけませんか。

公園横の薬院新川に浮いていた2羽のうちの1羽です。

13012101 天神中央公園13012102 ユリカモメ

 会員 田村耕作

定例探鳥会報告 /和白海岸/ 2013年1月13日(日)

2013.01.14 17:00|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸~海の広場~アシ原~砂洲 -

2013年1月13日(日) -曇り-  大潮(干潮16:39 満潮11:14)

[観察鳥種] 56種 [参加者数] 19 名  

昨年の12月に東京から福岡に転勤となり、新年より本格的に福岡での鳥見生活をスタート。

昨日の大濠公園の探鳥会に続いて、和白干潟の探鳥会に参加しました。

集合場所の和白駅前公園から干潟まではほんの数分。ほぼ満潮でわずかに残った干潟(砂洲)と湾を見ると、ツクシガモの大群が目に入って来ました。東京ではまず見られないツクシガモ。改めて九州に来たことを実感しました。シギ・チドリは11羽のミヤコドリやハジロコチドリがいましたが、全体的に数が少なく、期待していたほどではありませんでした。しかし、干潟の鳥以外にもアシ原や樹林帯でキクイタダキやイカルなどの小鳥も楽しむことができ、終わってみれば50種を超える大満足の結果となりました。

13011301ツクシガモやミヤコドリなど13011302ハジロコチドリやダイゼンなど13011303探鳥会の様子

探鳥会後は、ガン・カモ類一斉調査に参加しました。探鳥会を行った和白に加え、奈多、雁ノ巣の計3箇所に分かれて同時にカウントを行いました。私は雁ノ巣の調査に参加しました。潮が引いて干潟が現れるにつれてシギ・チドリが増え、探鳥会では見ることのできなかったハマシギ、ミユビシギあわせて約600羽の群れを見ることができました。

次月以降も定期的に探鳥会に参加し、季節ごとの鳥の変化を楽しみたいと思います。

(なおや)

【参加者の感想】

・ツクシガモをたくさん見られて良かった。

・ダイシャクシギのくちばしが長く、感動した。

・ミヤコドリが良かった。

・シメやイカルが見られて嬉しかった。

・初めて参加したが、鳥の素晴らしさを感じた。

春日公園での「キバラガラ」の撮影

2013.01.08 22:13|鳥信

確認日:2013年1月8日(火)
場所: 春日公園 中央噴水付近の林

今、インターネットで賑わっております、春日公園での「キバラガラ」の撮影を行いました。色々お話を伺いますと、中国固有の鳥のようで、珍鳥との事でした。

130109021301090413010906

今日は2回飛来しまして、1回目は林の中で木の実を食べて居ました。
2回目は噴水の場所でしたね。

鳥撮影ファンの方も沢山おられました。

 

(報告;saifu)

12月能古島散策報告 2012.12.26(水)  【追記】

2013.01.07 16:14|調査報告

能古島20121226報告

雨や雪が続いていた12月下旬、漸く晴れた26日、4人で散策した。

12122901 日の出12122902 セグロカモメ12122903 柿を食べるハシブトガラス12122904 スナメリ

① 久しぶりの鮮やかな橙色の日の出に遭遇

② 桟橋で休息中の足の色が黄色っぽく見えたセグロカモメ

③ ハシブトガラス、今日の朝飯は熟した柿か

④ 海の哺乳類スナメリ(水産庁 希少種)が出現、能古島南側の海で見かけました。近くの水面にはカモメの仲間、カワウが群れていた。この付近に魚の群れがいたようです。

12122905 シロチドリ12122906 小さな社12122907 シメ12122908 スイセン

⑤ 砂浜で貝殻に混じって休息中のシロチドリ、なかなか見つけにくいですね。

⑥ この砂浜のそばには、小さな祠があります。野鳥との出会いをお願いしました。効果ありですね。

⑦ この日は、この1羽がしっかりと観察できました。

⑧ スイセンの花、あちこちで開花し始めていた

12122909 ツグミ12122910 ロゼット12122911 アオジ12122912 コゲラ

⑨ 海岸そばの公園では、ツグミを1羽見かけた

⑩ 月見草の葉、美しいロゼットを見せていた

⑪ 藪から飛び出したアオジ♂、しっかりと姿を見せてくれた

⑫ 林内に入った道沿いでコゲラが探餌中、木をたたく音が続いていた

12122913 ノスリ12122914 像の瀬12122915 ツタの紅葉12122916 ヤツデ

⑬ 畑地の真ん中にある大きなセンダンにノスリが止まっていた

⑭ 能古島の西にある像の瀬、海鳥たちの休息地になっています

⑮ 師走のこの時期、牧の神公園でツタの紅葉を見つけました

⑯ ヤツデの花、この季節、花粉を運ぶ虫がいるんですね。

12122917 ウソ12122918 ウソ♂12122919 アカウソ12122920 ハヤブサ

⑰⑱⑲ソメイヨシノの木で見かけたウソ、5羽の群れでした。この木の芽を食べていました。

⑳ 電波塔で休息中のハヤブサを見かけました。

12122921 ウミアイサ12122922 ジョウビタキ

ウミアイサ、あちこちで見かけました

漸く撮影できたジョウビタキ♂でしたが、あちこちで見かけました。

今回、島を散策中の間、絶え間なくヒヨドリの姿と声がありました。それに移動中の群れも見かけました。その群れに突っ込んだハヤブサも見かけました。こんなにヒヨドリがたくさんいるのは、久しぶりでした。この季節、シジュウカラやエナガには出会えなかったけれど、シロハラ、キクイタダキ、マヒワなどの冬鳥に加え、メジロなどを今回たくさん見かけました。合わせて54種観察しました。

特筆すべきは能古島南側の海でスナメリを見かけたことです。近くの水面にはカモメの仲間やカワウが群れていました。博多湾の豊かさでしょうか。

 天気にも恵まれ、楽しい能古島散策でした。

写真4、18、19、20は、モリケン氏撮影、他の撮影と報告は田字草でした。



(追記)
2013年1月の能古島散策は、天気の大きな崩れが予報されない限り、1月24日(木)の朝7時の船で渡ります。

1月5日南公園鳥見報告

2013.01.05 12:00|鳥信

元旦から雪で寒い日で寒・寒・です。
植物園の外周からスタートです。イカルの声がしましたが、
姿は見れないままいると、自然林でトラツグミがいるとの情報が入って移動です。
1時間ほど目をこらしていると出てくれました。黄色に黒い横斑のあるシロハラより
大きめです。
でもすぐに藪のなかに入っていきました。
冬鳥(普通)では
シメ(何回も見ましたのでけっこう入っているみたいです)。
イカル(昨日は30羽くらい群れていたそうです)。
トラツグミ、シロハラ、ヒヨドリ、ルリビタキ♀♂若、ジョウビタキ♀♂、クロジ、
アオジ、
ミヤマホオジロ
その他、
モズ♂、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ウグイス、キジバト


(報告;支部産)

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ