2014/6/24(火) 能古島散策

2014.06.30 16:40|調査報告

2014年6月24日能古島散策の様子
姪浜の渡船場の建物の軒下にツバメが巣をかけて、子育て中。そんな中、二人で朝一番の船で島に渡った。海上では若いウミネコが数羽探餌中、アオサギが2羽、漁をしている漁船のヘリに止まって、餌を待っているようだった。
前回の5/28にはアオバズクに会えなかったから、今回まず様子を見に出かけた。しばらく2人で探したが、見つからず。ここにはいないのかと思ったその時、ジーッとカイズカイブキの横枝に止まって目を少しあけている姿が、私の目に飛び込んできた。やったあ。
気持ちの良い散策開始となった。
海岸では、コチドリ、クロサギ、セグロカモメ、いつもの船だまりの電柱ではミサゴが捉えた獲物を食べていた。畑にはハクセキレイの幼鳥、田植えの終わった田んぼにはカルガモ2羽を見かけた。
山道に入って林から飛び出したサシバ、少し歩いていたらサシバの声、頭上高く北から南方向に飛翔するハチクマ1羽♀を見かけた。繁殖に間にあうのだろうかと余計な心配をしてしまう。

14062401 ①船のへさきで餌待ちしていたアオサギ 14062402 ②姪浜の渡船場のツバメのヒナ

①船のへさきで餌待ちしていたアオサギ                                                 ②姪浜の渡船場のツバメのヒナ

14062403 ③前から見かけた姿 (アオバズク) 14062404 ④後ろから見かけた姿 (アオバズク)

                       ③前から見かけた姿                                                    ④後ろから見かけた姿

14062405 ⑤貝殻の多い海岸で見かけたコチドリ 14062406 ⑥飛び出したクロサギ 14062407 ⑦食事中ミサゴ

⑤貝殻の多い海岸で見かけたコチドリ                             ⑥飛び出したクロサギ                            ⑦食事中ミサゴ
畑ではハクセキレイ幼鳥、サギの足跡(多分アオサギ)、すぐ近くの電線には巣立ちしたばかりのツバメの幼鳥、にぎやかでした。中のため池にはカルガモ2羽がいて、ヤマガラやカワラヒワ、コゲラを見かけた。枯れつつある桜の枝では、コゲラがあけたような穴を見かけた。

14062408 ⑧ハクセキレイ幼鳥 14062409 ⑨サギの足跡 14062410 ⑩ツバメの幼鳥 

⑧ハクセキレイ幼鳥、                                       ⑨サギの足跡                                      ⑩ツバメの幼鳥

14062411 ⑪カルガモ2羽 14062412 ⑫巣穴 ? 14062413 ⑬スズメ

⑪カルガモ2羽                                                           ⑫巣穴 ?                                                ⑬スズメ

14062414 ⑭ハクセキレイ

⑭ハクセキレイ

帰りの船では、港の外灯にスズメ、動きだす渡船にもハクセキレイが止まっている姿を見かけた。
その他の生きものたちもにぎやかでした。少し紹介します。
海岸ではハマユウが咲き始め、田の畦には目立つ色のサフランモドキの花、自然探
勝路では、花を咲かせている凡そ3mの背丈のムラサキニガナが10株あまりで見ごた
えのある風景を生み出していた。林に囲まれたため池では、コシアキトンボをはじめ
トンボの仲間の飛翔が目立った。もちろんカメも芋虫も。
次回は7月下旬を予定。巣立ったアオバズクの幼鳥に出会えるかも。

 

14062415 ⑮海岸のハマユウ 14062416 ⑯サフランモドキ 14062417 ⑰凡そ3mの背丈のムラサキニガナ

⑮海岸のハマユウ                                               ⑯サフランモドキ                       ⑰凡そ3mの背丈のムラサキニガナ

14062418 ⑱コシアキトンボ 14062419 ⑲生まれて間もないカメ 14062420 ⑳20 ヒトリガ科スジモンヒトリ

⑱コシアキトンボ                                               ⑲生まれて間もないカメ                         ⑳ヒトリガ科スジモンヒトリ

今回の写真①②④⑦,⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳を田字草が撮影、③⑤⑥⑧⑨⑩⑪を鵲さんが撮影しました。

スポンサーサイト

7月行事予定

2014.06.25 15:40|■探鳥会:参加のご案内■

7月行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!

=7月の行事予定=

1.今津 7月6日(日) [福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ※8時周辺地図
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分又は「九大学研都市」下車後
昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車

※夏時間ということで9月まで、8:00~11:00となります。ご注意ください!

2.県営春日公園 7月1日(火) [春日市春日公園]

【集合】旧公園管理センター前 ※10時 <第5駐車場横> ⇒周辺地図
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分
西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統
<月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。
※他の定例探鳥会とは異なり、10:00~12:00と固定です。

3.大濠公園 7月12日(土) [福岡市中央区]

【集合】ボート乗り場前 ※9時周辺地図
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分

4.和白海岸 7月13日(日) [福岡市東区]

【集合】JR和白駅前の和白公園 ※9時周辺地図
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ

5.天拝山 7月20日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ横 ※9時周辺地図
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分

6.久末ダム 7月26日(土) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※8時周辺地図
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分
JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分

※夏時間ということで9月まで、8:00-11:00となります。ご注意ください!

--------------------------------------------------------------------------------

★上記1~6の探鳥会共通事項★
[時間]集合時間:9時 解散時間:12時(※原則ですので、探鳥会で異なります) <雨天中止>
[参加費]会員100円・非会員300円・中学生以下無料
[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。

定例探鳥会報告 和白海岸

2014.06.11 07:59|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口 -

2014年 6月8日(日)  -霧雨のち晴れ- 小潮(干潮 12:05 満潮5:30)

[観察鳥種] 29種 [参加者数] 9名

6月8日はラブアースの日と重なり、参加者は少なかったです。京都からの方が同窓会のついでによられて、ミヤコドリを初めて見たと喜んでありました。脚に傷があるのでしょうか、カラシラサギが1羽とコサギが1羽共に行動していました。どちらも餌は食べていますがあまり遠くへは飛べない様子です。回復を祈っています。(あとで近くでカラシラサギ2羽だと確認しました。)

和白川河口の砂浜にはハクセンシオマネキやコメツキガニが多くいました。シロツメグサやアレチハナガサの花が咲いていて、モンシロチョウや黄色いチョウ、ルリ色のかわいいチョウが飛び交っています。堤防の松にも小さな松ぼっくりが生っていて、キリンが首を伸ばしているようでした。

14060804 ヤマトシジミ 14060805 今年のマツボックリ

ツバメとスズメのヒナが畑にいて親鳥がせっせと餌を運んでいました。またツバメの空中給餌

を見た人もいました。トビも畑でゆっくりと餌を食べていて、近くをコチドリが歩いていました。

14060803 トビ 14060802 コチドリ 14060801 コアジサシ 14060806 和白探鳥会のようす 

だんだん晴れて暑くなりましたが風が気持ちよく吹いていて、快適な探鳥会でした。ラブアースに参加した2人の方が、途中から探鳥会にも参加されました。(りつ)

【参加者の感想】

・ブイの上にとまっているコアジサシがかわいかった。

・コチドリの姿を近くで見てきれいだった。

・カワセミを見たかった。

・塩浜護岸から唐の原川付近のカラシラサギを見て、京都の方は遠かったので「距離を感じた」そうです

2014/5/30(金) 能古島散策

2014.06.10 07:44|調査報告

能古島散策の様子を報告します。2014年5月30日 曇り、風無し、21~ 31℃。

14053001 ツバメ営巣 姪浜港、ツバメが子育て中でした。3人、6時45分の船で、渡りました。

 

 

 

 

 

 

 

   雨上がりで、視界良好。海岸でハクセキレイを見かけた。そばでコチドリが鳴いていた。護岸の水たまりでも採餌中のコチドリを見かけた。

14053002 ハクセキレイ 14053004 コチドリ 14053005 コチドリ

14053003 ハシブトガラスハシブトガラスが海岸そばの鉄塔で子育て中でした。

 

 

 

 

 

 

 

近くの電線でスズメとソウシチョウが出現。びっくりした。ソウシチョウ、だんだん増加中なのか? 14053006 スズメとソウシチョウ

 

14053007 ミサゴ

海域は静かだった。カモメ類見かけず。ミサゴが、目の前で探餌行動、ボラらしき魚をワシ掴みする場面に遭遇。

14053008 ホオジロ 14053009 カワラヒワ

いつもの場所でホオジロの囀り、カワラヒワの囀りに出会う。

 

14053010 オオキンケイギク 14053011 ハマウドにアカスジカメムシ 14053012 ミシシッピーアカミミガメ

海岸には気になる風景、オオキンケイギクの咲く風景がありました。またハマウドにたくさんのアカスジカメムシがいました。ため池でミシシッピーアカミミガメ、この池で生まれたようだ。

14053013 シオカラトンボ 14053014 イシガケチョウ 14053015 小さなクモの集まり 14053016 泥でできた巣(ドロバチの仲間?) 14053017 フウトウカズラの花 14053018 チガヤの穂

他にシオカラトンボ、山中ではイシガケチョウ、生まれたばかりの小さなクモの集まり、泥でできた巣(ドロバチの仲間?)、フウトウカズラの花、チガヤの穂といろいろな場面がありました。

 

14053019 船で見かけたツバメ 帰りの船で見かけたツバメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクセキレイ、ハシブトガラス幼鳥、スズメとソウシチョウ、草地のコチドリ、ミサゴを鵲さんが撮影。その他は田字草が撮影。

15時、能古島港を発つ。視界良好の能古島散策、楽しめました。観察種は30種でした。

次回は、6月下旬に、空の様子と天気予報とにらめっこして決めたいと思います。報告 田字草

『日本野鳥の会佐賀県支部発足20周年記念講演会のご案内』

2014.06.03 07:07|お知らせ

日本野鳥の会佐賀県支部は来る6月をもって満20周年を迎えられるそうです。

そこで、支部発足20周年を記念して、日本野鳥の会主席研究員 安西英明(あんざいひであき)氏をお迎えし、下記の通り講演会を開催することとなったとのことです。

日本で初めてのバードサンクチュアリ「ウトナイ湖サンクチュアリ」にチーフレンジャー として赴任されるなど、野鳥観察、保護の第一人者である安西氏の講演は今後の私どもの 活動に広く寄与するものと思われます。

参加を希望される場合は、準備の都合上6月9日までに、福岡支部の田村耕作(仕事場 TEL 092-400-1765)まで、お知らせください。

講演会

日時 :平成26年6月21日(土)15:00~17:00

場所 :ホテルマリターレ創世(東館) 佐賀市神野東2丁目5-15(TEL 0952-33-5511)

(佐賀駅より徒歩10分程度です)

演題 :「いつでもどこでもバードウォッチング」(日本野鳥の会主席研究員 安西英明氏)

以上

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ