10月行事予定

2014.09.30 16:16|■探鳥会:参加のご案内■

10月行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!

[時間]集合時間 午前9時 - 解散12時 <雨天中止>
[参加費]会員100円・非会員300円・中学生以下無料
[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


●定例探鳥会●

今津 10月 5日(日)9:00~12:00[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ⇒周辺地図
【交通】*JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分

*「九大学研都市」下車後 、昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車

県営春日公園 10月 7日(火) [春日市春日公園]

【集合】旧公園管理センター前 10時 <第5駐車場横> ⇒周辺地図
【交通】*JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分

*西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分。または駅前から西鉄バス6番系統 <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。

大濠公園 10月11日(土) [福岡市中央区]

【集合】ボート乗り場前 ⇒周辺地図
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分

和白海岸 10月12日(日) [福岡市東区]

【集合】JR和白駅前の和白公園 ⇒周辺地図
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ

天拝山 10月19日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ横 ⇒周辺地図
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分

久末ダム 10月25日(土) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下)  ⇒周辺地図
【交通】*西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分

*JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分

スポンサーサイト

片江展望台の様子 その3

2014.09.28 07:36|調査報告

9/25に見かけた止まり 写真はkajidennの撮影

14092501 ハチクマ

 

9/26の飛翔中のハチクマ 撮影は田字草

14092601 ハチクマ14092602 ハチクマ14092603 ハチクマ

14092604 ハチクマ14092605 ハチクマ

 

ノスリの飛翔

14092606 ノスリ

 

田字草の報告です。

9月22日 片江展望台の様子

2014.09.24 15:53|調査報告

この日、片江展望台では858羽を数えました。
近くにとまりましたよ。

14092201 ハチクマ14092202 ハチクマ14092203 ハチクマ

 


近くを飛びましたよ。

14092204 ハチクマ14092205 ハチクマ

14092206 ハチクマ14092207 ハチクマ

 

                  そのうが大きく膨らんでいましたよ。                                      若い個体のようです。撮影 鵲

14092208 ハチクマ14092209 ハチクマ

 

タカの柱が、出現しました。撮影:田字草

14092210 ハチクマ

 

この鳥も、群れていました。

14092211 コムクドリ

 

片江展望台に是非お越しくださいませ。
撮影者の記載されていない写真はkajidennの撮影です。

田字草の報告です。

ハチクマが渡っていますよ

2014.09.19 17:01|調査報告

福岡市城南区の油山(標高597m)にある片江展望台(標高210m)で、会員有志によるハチクマなどの観察を始めています。今年の観察期間の予定は、9/7(日)から10/13(月・祭)までです。この期間、原則として毎日9時から16時まで、観察しています。ハチクマの渡り具合によっては、16時からの残業も時々あります。また、早出の場合、時々良いこともあります。大雨の場合は中止です。この観察は、福岡市城南区との共催で、進めています。
展望台からの視界は、福岡タワー、ドーム、海の中道、相の島、荒津大橋、アイランドシティーのタワービル、立花山、若杉山から宝満山、大根地山、英彦山山系、古処山系、大宰府にある国立博物館、天拝山、片縄山にいたる広い範囲が見渡せます。

14091701 展望台の様子14091702 展望台の様子

                   目印の旗、ハチクマ観察中                                               眺望とハチクマの渡りを紹介する看板

 

14091703 展望台の様子14091704 展望台の様子

梶さんの力作・眺望からの説明                                                            展望台で会員がこの名札をつけています

 

この時季、たくさんの市民が展望台を訪れて、眺望を楽しんだり、ハチクマの渡りを楽しんだりされています。会員有志は、この名札を首から下げて、ハチクマをはじめ多種類の野鳥を記録しつつ、訪れた市民に、ハチクマの渡りなどの案内を自主的に行っています。
展望台には、そばに約20数台の駐車場もあり、優しいホットドッグ屋さんもあります。

 

                                                 展望台で見かけたハチクマ、ハチクマの群れ、


14091705 ハチクマ14091706 ハチクマの群れ

 

                ミサゴ(魚を持っている)                                                          よく見かけるトビ

14091707 ミサゴ14091708 トビ

こういう鳥(ハシブトガラス)もよく現れます。             近くには水場もあります

14091709 ハシブトガラス14091710 水場

 

最近、見かけた秋の実や花、ミズヒキ・ヌマダイコン・ミヤマウズラ
クルミやサルナシ、アケビの実も時々落ちていますよ。

14091711 ミズヒキ14091712 ヌマダイコン14091713 ミヤマウズラ

14091714 クルミ14091715 サルナシ14091716 アケビ

14091717 サルナシ

展望台の主役たち ハチクマ

14091718 ハチクマ14091719 ハチクマ

昆虫たちもいろいろ出ますよ。ササキリ・ジャコウアゲハ

14091721 ササキリ14091722 ジャコウアゲハ

のんびりとハチクマ談義などの風景、この後、これから緊張が走ることになります。次々とハチクマが現れて。

14091723 展望台の様子14091724 展望台の様子

 

会員の会話から
「あっちから1羽出現」、「どこから」、「あそこ」、「双眼鏡から目を離したら、本命をみうしないそう」、「ドーム方向の上空」、「福岡タワーから2時の方向に3羽」、「その下から1羽出現」、「タカ柱になったって旋回中」、「上から西に流れはじめた」などの会話が続きます。

本命をなかなか、自分の双眼鏡で見つけられない会員の声。
年ではない、もっとがんばろう、と言い訳を言いつつ、探しつづける。そして弾んだ声で「3羽ゲット」、そして、野帳にハチクマを見かけた時間、羽数、見かけた方向を記録。

市民の声
市政だより城南区版を見て、きました。いつ、どのあたりを飛びますか?
ハチクマの渡りのチラシを渡しつつ、それがわからないので、1日探していますと説明する。
また、人工衛星による追跡コースも話すと、なるほどとの声。
片江展望台での成果は、インターネットで見ることも可能です。「タカの渡り全国ネットワーク」で検索し、現れた画面で、「Hawk Count」をクリックし、現れた画面から「81福岡 油山片江」を探しクリックすると、今までの成果をごらんになれますよ。

今までに、見かけた野鳥たち イソヒヨドリ(♀)・メジロ・コゲラ・ハイタカ・エゾビタキ
昆虫・ヤマトシジミ・アゲハ 花はミゾソバ。

14091725 イソヒヨドリ(♀)14091726 メジロ14091727 コゲラ

14091728 ハイタカ14091729 エゾビタキ

14091730 ヤマトシジミ14091731 アゲハ14091732 ミゾソバ

【交通】*西鉄バス113・13番系統桧原または片江営業所行「油山団地口」下車 徒歩25分
*地下鉄七隈線福大前駅下車、西鉄バス福大病院東口バス停より
臨時バス油山市民の森行にて「観音下」下車、徒歩10分
バスの時刻は西鉄バスに確認してください。

こんな片江展望台にお越しくださいな。 田字草
追伸です。上空のハチクマに夢中となり、持参した物を忘れないように注意しましょう。

定例探鳥会報告 和白海岸

2014.09.17 08:54|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多(雁ノ巣手前)-

2014年 9月14日(日)  -晴れ- 中潮(干潮 6:54 満潮 13:14)

[観察鳥種] 28種 [参加者数] 16名

 

長雨の夏が続きましたが、久しぶりの晴れの探鳥会です。今秋は気温が早く下がってきて、今日も秋のすじ雲やさわやかな青空でした。塩浜護岸の道端にはメマツヨイグサの花やクズの花、ヌスビトハギの花などが咲いています。ススキの穂も出て秋の気配がしました。和白川河口ではトビ2羽が仲良く飛び回っています。鳴いているのは子どもでしょうか?ツバメもまだ少し飛び回っています。塩浜堤防下ではダイサギやコサギがいて、初めての参加者に会員が丁寧に教えていました。干潟では遠く唐の原川河口にチュウシャクシギやホウロクシギが見えました。杭の上にはミサゴが止まって魚をむしって食べています。海の中ほどでは海面をざわつかせてカワウの群れが魚の漁をしています。なかなかドラマチックでした。

14091401 コサギ14091408 メマツヨイグサ

14091403 クズの花14091407 ヌスビトハギ14091405 ススキ

 

塩浜護岸の道の両端には木々が茂っており、海辺もクリークも見えにくく残念です。しかし木の枝にコサメビタキやセンダイムシクイがいて、参加者を楽しませてくれました。五丁川河口ではアオサギの若鳥がいました。ダイサギと並んでも小さかったです。晴れていて歩いていると暑いくらいでした。小さな子どもさんはお母さんに抱かれておやつを食べていましたが眠くなり、参加者の年輩の男性が代わって抱いて寝かせていてほほえましい光景でした。キジバトを近くで見て、赤い目が可愛かったです。

14091404 コサメビタキ14091402 キジバト

 

奈多の海辺の廃船上にはカワウが群れて休んでいました。遠く雁ノ巣の岸辺にも上がって休んでいます。合計66羽。奈多の護岸にもダイサギやコサギとカワウが休んでいました。だんだん潮が満ちて来て、クリークにシギたちは見られませんでしたが、飛んでいくソリハシシギは見られました。いつもの奈多の鳥合わせの場所にきましたが、まだ時間がありましたので堤防の道を先へ進みました。道の両端にツルボがたくさん咲いていましたが、もう盛りを過ぎていました。全部開いているときにはどんなに美しかったことでしょうね。

14091410 廃船上のカワウ14091406 ツルボ

14091409 探鳥会の様子(和白)

 

大きな松の並木を歩き、奈多団地を過ぎて奈多小学校の近くまで来ることができました。すぐ近くの雁ノ巣海岸やクリークや奈多小学校などの、この近くの自然や歴史を紹介をしました。京都や小郡など遠くからの参加者もありました。木陰で鳥合わせをして解散しました。JR奈多駅が近かったので、帰りには数名の方々と私はJR奈多駅から和白駅まで電車で帰りました。 (やま)

 

【参加者の感想】

・     なごやかで楽しかった。

・     奈多は初めてだったので、和白干潟の全体がわかった。

・     コサギもかっこいいと思った。

・     コサメビタキの目が真ん丸で可愛かった。

・     初めて和白干潟に来れて良かった。

・     子どもと参加できて良かった。

・     シギを初めて見れて嬉しかった。

報告 2014年8月30日 能古島散策の様子

2014.09.05 09:53|調査報告

今回3人で散策した。天気は予報に較べて、回復が早く、低く垂れ込めた曇り空から、秋のような青空になり、気温は22から26℃と比較的すごしやすかった。
今回は、そろそろ渡りの頃、期待して歩いた。島に渡ってすぐに、コサメビタキ、ホトトギス出現、あまり見かけなかったイソヒヨドリも複数見かけた。海岸ではイソシギの群れ、トウネンの群れ、キアシシギを見かけた。
山道に入る前、山の稜線を舞う数羽のトビの中に6羽のサシバや4羽のミサゴが舞っている姿を観察した。ミサゴの若鳥も見かけた。繁殖しているようだ。山の中では、エゾビタキ、コサメビタキ、キマユムシクイを見かけ、牧の神公園ではホトトギス、ブッポウソウも見かけた。
この時季、ヒヨドリの数は2羽と大変少なく、カワラヒワは観察もできなかった。留鳥も数の大きな変動があるようだ。今回、34種観察しました。

 

14083001 トウネン14083002 カワウ

            ① トウネン6羽のうちの 3羽(鵲)                                                 ② 夏も見かけたカワウ(鵲)

 

14083003 ウミネコ14083004 ミサゴ

                ③ 港で見かけたウミネコ(鵲)                                                            ④ ミサゴ(鵲)

 

14083005 ウミネコ14083006 カワセミ

                   ⑤ 飛翔中のウミネコ(羽咋)                                           ⑥海上飛翔中のカワセミ(羽咋)

 

14083007 ミサゴ14083008 ホトトギス

         ⑦海上の竹杭に止まるミサゴ(羽咋)                                        ⑧公園のホトトギス(鵲)

 

14083009 セッカ14083010 エゾビタキ14083011 コサメビタキ

       ⑨ 休耕田で見かけたセッカ                         ⑩ エゾビタキ(羽咋)                        ⑪ コサメビタキ(羽咋)

 

14083012 ハヤブサ

⑫海岸近く飛ぶハヤブサ(羽咋)


その他の生きものたちもにぎやかでした。少し紹介します。
14083013 ノウサギ14083014 ネキトンボ14083015 ハンミョウ

この島ではじめて見かけたノウサギ(鵲)、山中の池では赤色が目立ったネキトンボ(羽咋)、路上では色鮮やかなハンミョウ(羽咋)、面白い形のアケビコノハ、交尾中のギンヤンマ(羽咋)、ヘクソカズラの花に来たクマバチ(羽咋)などを楽しみました。生きもののにぎやかな能古島でした。

14083016 アケビコノハ14083017 ギンヤンマ14083018 クマバチ

             アケビコノハ                                              交尾中のギンヤンマ(羽咋)                 クマバチ(羽咋)

 

14083019 エビズル14083020 サイヨウシャジン14083021 ヤブラン

           実がおいしいエビズル                              数少ないサイヨウシャジン                        今が旬のヤブラン

 

14083022 ツルボ

            花が咲き始めたツルボ

 

追加情報
前回報告した能古島のアオバズク、愛鳥家のマライカさん(福岡市在住)によると、8月1日には3羽の幼鳥と親(写真 マライカさん提供)がいたそうです。今回、営巣地からすでに育って移動してしまっていた。

14083023 アオバズク

 

(鵲)(羽咋)は画像の撮影者、なにもない画像は田字草が撮影しました。
9月は、中下旬にハチクマを見つつ散策したいと思っています。

報告 田字草

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ