皆さんの散歩コースで、鮮やかな野鳥たちを探してみませんか。

2015.04.14 17:49|鳥信

身近な環境で、鮮やかな野鳥たちを観察する機会ですよ。
皆さんのお住まいの近くの公園で、散歩しながら探してみませんか。


  このキビタキは、春日公園(春日市)で見かけた時の様子です。

150407001 キビタキ 150407002 キビタキ 150407003 キビタキ
          春日公園(4/7)撮影:鵲                                            撮影:鵲                                       撮影:田字草

 

  コマドリ・オオルリ・キビタキ・クロツグミたち、南公園(福岡市中央区)での様子です。

150408001 コマドリ  150408002 コマドリ

                    南公園(4/8)撮影:kajiden                                              南公園(4/8)撮影:kajiden

150409001 オオルリ  150409002 キビタキ
                        南公園(4/9)撮影:kajiden                                            南公園(4/9)撮影:kajiden

150409003 クロツグミ  150409004 クロツグミ
                  南公園(4/9)撮影:kajiden                                                   南公園(4/9)撮影:kajiden

 

  南公園内にある小さな水場には、シジュウカラ・メジロ・ヤマガラ〔(4/9)撮影:kajiden〕もやって来ましたよ。小さな水場は、野鳥たちにとって、安らぎの空間なのでしようね。

150409005 シジュウカラ 150409006 メジロ

150409007 ヤマガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  西南の杜湖畔公園(福岡市城南区)で、この時季、林のそばでは、鮮やかなフデリンドウの青色に出会う機会です。また、旅立ち前、盛んに採食中のアトリの群れにも出会いました。散歩のお勧めです。            撮影:田字草

150409008 フデリンドウ 150409009 フデリンドウ 150409010 アトリ

 

 

 

報告:田字草

スポンサーサイト

定例探鳥会報告 和白海岸

2015.04.14 16:20|探鳥会報告

-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多海岸-

 

2015年4月12日(日)  -晴れ- 小潮(干潮 8:28 満潮 14:54)

[観察鳥種] 38種 [参加者数]  19名

 

  今日は晴れて風も無く気持ちの良い一日でした。干潮時で、和白川河口から奈多方面に向かいました。和白川にはボラの子どもがたくさん泳いでいました。アカミミガメも日なたぼっこをしています。和白川河口の砂洲にコチドリとシロチドリとイソシギ、コサギなどがいて、幸先の良い始まりでした。道端にはホトケノザ、セイヨウタンポポ、シロツメクサ、マツバウンラン、コメツブツメクサなどが咲いていて、春を歌っています。ベニシジミ(チョウ)も飛んでいます。ツバメも飛んでいます。ヒバリも鳴きながら上がります。

150412001 アキグミ150412002 コメツブツメクサ150412003 シロツメクサ

  干潟ではダイシャクシギが近くで見られました。遠く唐原川河口にはオオソリハシシギやオバシギが餌を食べながら忙しく動いています。ホウロクシギも見えます。淡水ガモではオナガガモ、カルガモ、マガモなどが少数いました。潮干狩りの人たちも出ていました。のどかな干潟の風景です。牧ノ鼻の山も緑が萌えて生き生きと見えます。上空をトビやミサゴが飛んでいます。沖合では夏羽のカンムリカイツブリやウミアイサもいます。塩浜堤防ではアキグミが花盛り、奈多堤防ではクロマツの花盛り。ハマエンドウも咲き出しています。

150412004 セイヨウタンポポ150412005 ハマエンドウ150412006 バン

  五丁川河口先では、廃船にカワウが羽を広げたりして休んでいました。五丁川河口の水たまりではカワセミが2羽、魚を取ったり木の枝に止まったりしていて、良く見ることができました。バンも急いで渡って行きます。上空を100羽程のヒヨドリが群れで素早く飛んで行きました。五丁川河口先からは、和白干潟に集まってきたスズガモの群れが見られました。奈多のクリークではコガモ14羽が休んでいました。子供たちも参加してタンポポの花を摘んだり望遠鏡をのぞいたり、ゆったりとしたハイキングのような探鳥会でした。(やま)

150412007 マツバウンラン150412008 ミサゴ150412009 探鳥会のようす

【参加者の感想】

・カワウが羽を広げているところが良かった。                  ・カワセミがきれいだった。

・コガモを良く見たのは初めて。                                    ・スズガモの群れが良かった。

・コチドリが可愛かった。                                             ・カワウの腹が良く見えた。

・鳥の種類が多いのに驚いた。                                       ・気持ちがよくて、楽しい探鳥会だった。

能古島散策2015年3月26日の様子(次回は4/24(金)6:45の船で渡ります)

2015.04.08 07:19|調査報告

この日、日の出は6時半頃で、6時45分の船上はすっかり夜明け。先月とは大違いで、春らしい朝で気持ちいい。予報通りの晴天。会員4名で散策開始。
ツバメが飛翔、春らしい。姪浜港の建物には2羽のツバメが軒下で休息していた。
能古島港の漁船には、アオサギが休息中。

150326001 ツバメ 150326002 ツバメ 150326003 アオサギ

 

能古島博物館の周辺の林を散策。ミヤマホオジロ・カシラダカ・アオジ・ツグミ・シロハラ・ムクドリカワラヒワヒヨドリの羽繕いなど。

150326004 ミヤマホオジロ 150326005 ツグミ 150326006 ムクドリ 150326007 カワラヒワ

 

150326008 ヒヨドリ150326009 ヒヨドリ150326010 ヒヨドリ

 

海岸に移動して、いつものコースを歩いた。しかし、先客の子供たちのグループが水辺で遊んでいて、鳥の姿ナシ。この子供たち、大阪から修学旅行にきて、能古島に宿泊しているとのことでした。沖合にカモメ類やカモ類、ウ類を見かけた。

西の海岸に移動。コチドリの鳴き交わし。にぎやかでした。砂浜にはコチドリの小さな足跡がたくさん。そばにはコウボウムギの穂、他にイソシギイソヒヨドリ、少し沖にヒドリガモやカルガモの群れ、ウミウやヒメウ、ウミアイサ、ハジロカイツブリ。

150326011 コチドリ 150326012 コチドリの足跡 150326013 コウボウムギの穂

150326014 ヒドリガモ 150326015 カモメ 150326016 イソシギ

150326017 イソヒヨドリ♀ 150326018 イソヒヨドリ♂

 

自然探勝路に入り、シロハラの声、大木のヤマザクラが満開メジロの声
上空を舞うトビのそばで舞う小型のタカ・ハイタカの渡りを目撃、お昼頃までに16羽を数えた。

image 150326020 メジロ


春らしさ、タチツボスミレの花ムラサキケマンキランソウショカッサイアケビナガバモミジイチゴオドリコソウシロバナタンポポ、の花々、美しい。まだ残っているキズタの実も見かけた。ため池ではブルーギル稚魚?の大群にびっくり。こんな場所に。

150326021 タチツボスミレ 150326022 ムラサキケマン 150326023 キランソウ

150326024 ショカッサイ 150326025 アケビ 150326026 ナガバモミジイチゴ

150326027 キズタの実                150326028 ブルーギル稚魚?

150326029 オドリコソウ 150326030 シロバナタンポポ 150326031 ソメイヨシノ

 

能古島のサクラ(ソメイヨシノ)、牧の神公園では、1本に3~6輪の花、少し楽しめた。


今回は、海岸でカモ類、カモメ類をみかけたが、数が少なくなっていた。山の中ではシロハラの声が目立ったが、小鳥たち少なかったが、キビタキの声有り。4人で観察した野鳥は52種でした。


150326032 シデコブシの花庭先で見かけた春らしさ、シデコブシの花です。→
写真の撮影と報告は田字草でした。
2015年4月の散策は、下旬を予定。(次回は4/24(金)6:45の船で渡ります

 

 

 

 

 

 

追加、姪浜港の広場にあるヤシの幹に宿っているサクラの花がほぼ満開。珍しい風景でした。


                 150326033 ヤシの幹に宿っているサクラの花

2015年3月31日 博多湾内外の海鳥ツアー 報告

2015.04.05 08:20|調査報告

  早朝6時、姪浜港出航し、能古島の東から大机島の西を通過し、博多湾口から烏帽子島海域まで航行。その後、玄界島そばの柱島から黒瀬海域を経て、能古島西側の瀬から姪浜港まで、探鳥する機会がありました。帰港14時で。同行者は7名。お陰様で海上はなぎ。
  航行中に確認した種は、シロエリオオハムオオミズナギドリヒメウウミウゴイサギクロサギ(2)、アマツバメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、カンムリウミスズメ、ミサゴ、ハヤブサなど、30種でした。 報告と撮影は、田字草でした。

シロエリオオハム群れで探餌中                                                                   海面すぐ上を飛翔するオオミズナギドリ

150331001 シロエリオオハム         150331002 オオミズナギドリ

 

                   岩礁のヒメウ                                        岩礁で休息中のウミウの群れ
150331003 ヒメウ 150331004 ウミウ

 

          船に立ち寄った若いゴイサギ                            飛翔中のクロサギ
150331005 ゴイサギ 150331006 クロサギ


水面で見かけたカンムリウミスズメ

150331007 カンムリウミスズメ  150331008 カンムリウミスズメ

 

                 飛翔中のハヤブサ                                         休息中(?)のハヤブサ150331009 ハヤブサ        150331010 ハヤブサ


能古島散策(3/26)この追加画像は、羽咋人と鵲の撮影による。
ウミウ2羽と跳ねた魚(ボラ?)                            ヒメウ                               飛翔中のセグロカモメ(この3枚羽咋人)

150326041 ウミウとボラ 150326042 ヒメウ 150326043 セグロカモメ

 

飛翔中のカモメ(羽咋人)                              水辺で食べもの探しするカモメ (鵲)

150326044 カモメ 150326045 カモメ

 

ウミアイサ♀と♂(羽咋人)

150326046 ウミアイサ♀ 150326047 ウミアイサ♂


砂浜を走るコチドリ(左・羽咋人) (右・鵲)

150326048 コチドリ 150326049 コチドリ


夏羽になりつつあるハジロカイツブリの群れ(羽咋人)

150326050 ハジロカイツブリ

 

能古島の山頂(公園)で見かけたハヤブサ、猛禽類(左からトビ・ノスリ・ハイタカ)(羽咋人)

150326051 ハヤブサ 150326052 トビ・ノスリ・ハイタカ

 

 

こそっと藪に移ったミヤマホオジロ(♂)、ホオジロ(♂)とジョウビタキ(♀)

150326053 ミヤマホオジロ(♂) 150326054 ホオジロ(♂)とジョウビタキ(♀) 150326055 カワラヒワ

 

一方、カワラヒワは目立つ木の枝先で群れていた(この3枚・鵲)。

 

 

 

 

 


窓口は田字草でした。

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ