2016年12月の行事予定

2016.11.30 16:13|■探鳥会:参加のご案内■

12月の行事予定のお知らせです。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!
[時間]集合時間:9時 解散時間:12時(※2、7は時間が異なります) <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円・中学生以下無料
[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
=定例探鳥会=
1.今津 2016年12月4日(日)・2017年1月日(日) [福岡市西区]
                         *第2日曜日に変更
【集合】玄洋高校北西の端道路(従来よりも北側へ200m移動) ※⇒周辺地図
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分又は「九大学研都市」下車後
昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車
2.県営春日公園 2016年12月6日(火)・2017年1月10日(火) [春日市春日公園]                          *第2火曜日に変更
【集合】旧公園管理センター前 ※10時~12時頃まで <第5駐車場横> ⇒周辺地図
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分
西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統
<月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。
    ※他の定例探鳥会とは、時間が異なりますので、ご注意ください。
3.大濠公園 2016年12月10日(土)・2017年1月14(土) [福岡市中央区]
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分
4.和白海岸 2016年12月11日(日)・2017年1月8日(日) [福岡市東区]
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ
5.天拝山 2016年12月18日(日)・2017年1月15日(日) [筑紫野市]
【集合】天拝山歴史自然公園の水上ステージ ※⇒周辺地図
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分
又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分
6.久末ダム 2016年12月25日(日)・2017年1月22日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分
JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
=月例探鳥会=

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

7.志賀島 12月23日(金・天皇誕生日) [福岡市東区]

~サギ・カモ・カモメの仲間など冬鳥に出会います~

【集合】志賀島渡船場前 ⇒周辺地図 午前10時集合、12時頃まで
【交通】博多埠頭から市営渡船 「博多志賀島航路」で渡るのが便利



スポンサーサイト

能古島散策2016年11月25日(金)の様子 (次回の予定を変更しました)

2016.11.25 16:24|調査報告

 天気は曇り時々晴れ、弱いながら北寄りの風があった。この秋一番の寒さで気温7℃の中、日の出と共に会員3名で散策開始。今回は、冬鳥の海鳥や草地や森で陸域の小鳥を探して歩いた。


161125001 日の出(鵲)日の出(鵲)

 

 

 

 

 

 

 

 

 海域では、ホシハジロの群れヒドリガモ、マガモ、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリを観察した。また、水辺では、採食中のイソシギ、ハマシギやシロチドリの休息中の群れ、イソヒヨドリ、アオサギなどを見かけた。
 市街地では、カワラヒワの群れアンテナのモズ、電線のムクドリやスズメ、ハシボソガラス、いろんな場所でハシブトガラスやジョウビタキを見かけた。草地では、ミソサザイ、ウグイス、ホオジロ、アオジを確認した。
 野山では、シロハラ、ツグミ、上空ではノスリ、ハイタカを見かけた。前回10/31に比較してよりにぎやかな状況を楽しめた。合わせて48種観察できた。

161125002 ホシハジロ  161125003 ヒドリガモ

           ホシハジロ                    ヒドリガモ

161125004 カンムリカイツブリ  161125005 イソシギ

       カンムリカイツブリ              イソシギ

161125006 イソヒヨドリ  161125007 アオサギ

         イソヒヨドリ                        アオサギ

161125008 シロチドリとハマシギの群れ(鵲)  161125009 食事中のミサゴ
      シロチドリとハマシギの群れ(鵲)              食事中のミサゴ

161125010 増えてきたカワラヒワの群れ(鵲)  161125011 トビ
     増えてきたカワラヒワの群れ(鵲)                トビ

161125012 田んぼのそばでジョウビタキ 161125013 ホオジロ 161125014 高鳴きのモズ

    田んぼのそばでジョウビタキ           ホオジロ             高鳴きのモズ

161125015 ムクドリ  161125016 地鳴き中のヤマガラ
        ムクドリ                地鳴き中のヤマガラ


その他、気になった生きものを紹介します。
もう、スイセンの花が咲き始めていました。

161125021 ピラカンサの実 161125022 ビワの花 161125023 ツルウメモドキの実

      ピラカンサの実              ビワの花           ツルウメモドキの実

161125024 シマカンギクの花 161125025 ヤツデの花 161125026 センニンソウの花

      シマカンギクの花           ヤツデの花           センニンソウの花

161125027 ツワブキの花 161125028 フウトウカズラの実 161125029 コスモスの花畑

      ツワブキの花           フウトウカズラの実            コスモスの花畑

161125030 スイセンの花

      スイセンの花

 

次回2016年12月の様子はどうでしょうか。写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。次回は、2016年12月29日(木)を予定。6時45分の船で島に渡ります。



定例探鳥会報告 和白海岸 2016年11月13日(日) -和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-

2016.11.15 21:00|探鳥会報告

2016年11月13日(日)  -晴れ - 大潮(干潮 14:22 満潮 8:36)
[観察鳥種] 49種
[参加者数] 19人
[担当者] 山本 廣子、田辺スミ子

 秋らしくなってきました。風も無く暖かくて気持ちの良い探鳥会日和でした。集合地の和白公園の桜の木の葉も赤く染まっています。ナンキンハゼの葉も赤くなり、白い実がはじけています。可愛いプラタナスの実もぶらさがっていました。

161113001 桜の紅葉 161113002 ナンキンハゼの紅葉

 カササギが2羽、マンションのアンテナに止まっていました。越冬する冬鳥たちが訪れた和白干潟に向かいました。和白4丁目海岸に降りるとたくさんのヒドリガモなどの淡水ガモが迎えてくれました。遠くの砂洲にはクロツラヘラサギが眠っています。淡水ガモたちもゆっくりと寝ているものが多かったです。沖合にはスズガモやホオジロガモ、ホシハジロなどの海ガモ達、カンムリカイツブリも多かったです。

161113003 クロツラヘラサギとカモたち 161113004 カモたち

 ミサゴも杭の上で生きのいい魚を食べています。和白干潟ではゆっくりと時間が過ぎて行くようです。参加者の皆さんもゆっくりと鳥たちを眺めています。遠く雁ノ巣の海岸にはミヤコドリ17羽を見つけました。少し倍率の高い接眼レンズを付けていたので、良かったです。
 
 海の広場からアシ原の中道を歩きました。赤く色づいた塩生植物のハママツナやイソホウキギを紹介しました。シャリンバイの実が生っており、ウラギク(ハマシオン)もまだ少し咲いていました。アシの穂が出そろってほくほくになり、陽光に輝いています。

161113005 アシの穂

161113010 探鳥会のようす1 161113011 探鳥会のようす2

 暖かいので、アシ原中道にアシハラガニが散歩にでてきました。シロハラの声やウグイスの地鳴きが聞こえます。砂洲に出ると、淡水ガモは飛び立ちましたが、クロツラヘラサギは逃げませんでした。潮が引き出して、ハマシギが群れで飛び回っています。干潟に降りてほしかったけれど、降りませんでした。残念!

161113012 ハマシギ

 和白干潟は今秋アオサが少な目で、干潟の状態が良いのでしょうか、冬鳥たちが多くて元気に感じられました。
(山本 廣子)

【参加者の感想】
・クロツラヘラサギが近くで見られて良かった。
・ミサゴの食事が良かった。           ・ハマシギの群舞がきれいだった。
・アシハラガニが可愛かった。          ・カンムリカイツブリが多く見られて良かった。
・木々や草の紅葉がきれいだった。



能古島散策2016年10月31日(月)の様子

2016.11.04 19:47|調査報告

 天気は曇り、弱い北風があり、寒く感じる朝気温15℃の中、会員3名で散策開始。今回は、冬鳥のやって来た頃、特に小鳥を探して歩いた。
 冬鳥出現、島に集中かと思われるほど、ジョウビタキが多く観察できた。島を1周して36羽を数えた。ウグイスの地鳴きもあちこちで29回聞いた
 海域や水辺では、ユリカモメ、セグロカモメ、ウミウ、ヒドリガモ、マガモを観察した。また、夏季にはあまり見かけなかったカルガモの10数羽の群れを3ヶ所で見かけた。
 野山では、ジョウビタキに加えて、シロハラ、ツグミ、ノスリ、ハイタカを見かけた。でも、ハイタカは林のすぐ上を飛翔していた個体の他、上空高く移動している個体も見かけた。渡りをするチョウ、アサギマダラ1頭もミカン園で目撃、ふわふわと飛翔中だった。
 夏季に比較してにぎやかな状況だった。合わせて41種観察できた。

 

161031001 ジョウビタキ(♂)(鵲)  161031002 ジョウビタキ(♀)(鵲)
      ジョウビタキ(♂)(鵲)                ジョウビタキ(♀)(鵲)

 

161031003 ウミウ(鵲) 161031004 ヒドリガモ(鵲)

       ウミウ(鵲)                      ヒドリガモ(鵲)

 

161031005 マガモの群れ(鵲) 161031006 カルガモの群れ(鵲)
       マガモの群れ(鵲)                   カルガモの群れ(鵲)

 


その他、見かけた野鳥たちです。

 

161031007 水辺で魚を掴んだミサゴ(鵲) 161031008 採餌するイソシギ(鵲)
       水辺で魚を掴んだミサゴ(鵲)                 採餌するイソシギ(鵲)

 

161031009 海面上を移動するクロサギ(鵲) 161031010 イソヒヨドリ(鵲)
       海面上を移動するクロサギ(鵲)                 イソヒヨドリ(鵲)

 

161031011 増えてきたカワラヒワの群れ(鵲) 161031012 果樹園で探餌中のノスリ(鵲)

       増えてきたカワラヒワの群れ(鵲)               果樹園で探餌中のノスリ(鵲)

 

161031013 休息したアサギマダラ
       休息したアサギマダラ


その他、出会い気になった生きものを紹介します。

 

161031020 ウラギンシジミ秋型 161031021 ツワブキ 161031022 マルバルコウ

    ウラギンシジミ秋型            ツワブキ              マルバルコウ

 

161031023 ムサシアブミの実 161031024 ヤクシソウ 161031025 ヤマシロギク

     ムサシアブミの実            ヤクシソウ            ヤマシロギク

 

161031026 ヨメナ 161031027 ススキ 161031028 サザンカ

       ヨメナ               ススキ               サザンカ

 

次回2016年11月の様子はどうでしょうか。写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。次回は、2016年11月25日(金)を予定。6時45分の船で島に渡ります。



プロフィール

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ