2017年8月・9月の探鳥会

2017.07.26 15:41|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい! 
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料

今津・天拝山(6~9月)と久末ダム(6~8月)は、夏時間で8時~11時となります。 
[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


● 定例探鳥会 ● 
今津 2017年8月6日(日)・2017年9月3日(日)[福岡市西区]※夏時間 
【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後 
昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車 
県営春日公園 2017年8月1日(火)・ 2017年9月5日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側(集合場所が変わりました) ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分 
西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統 
<月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。 
    ※他の定例探鳥会とは、時間が異なりますので、ご注意ください。 
大濠公園 2017年8月12日(土)・ 2017年9月9日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分 
和白海岸 2017年8月13日(日)・2017年9月10日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ 
天拝山 2017年8月20日(日)・2017年9月17日(日) [筑紫野市]※夏時間 
【集合】天拝山歴史自然公園の水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分 
又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分 
久末ダム 2017年8月27日(日) ・2017年9月24日(日) [福津市]※夏時間

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分 
JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

-8月は、ありませんー

スポンサーサイト

能古島散策2017年07月20日(木)の様子

2017.07.22 19:31|調査報告

 そろそろ梅雨明けかとも思われる天気模様、その上早朝から蒸し暑い中、4名で歩いた。
能古島港の周辺はツバメが元気に飛び回っていた。博物館の傍、周りの林も静か、時折、キジバトの囀りがあるくらいでした。
 海岸に移動した。アオサギの群れ(11羽)が上空飛翔、カワウが波消しブロックで休息中、砂浜ではコチドリの親子、イソシギ2羽を目撃した。市街地では、ツバメ、スズメ、ハシブトガラス、電柱にはトビがいた。
 山の中、もうキビタキの囀りは聞かれず、時々ウグイスの囀り、ヤマガラとメジロの地鳴きのみ、ヒヨドリの鳴き声も聞かれず、クマゼミ、アブラゼミの鳴き声のみ目立った。
 今回、久しぶりに、フクロウの羽を見かけた。島内の路上に数ヶ所フクロウの糞と思われる薄い黄色の糞があり、その延長線でフクロウの羽を見かけた。夜、フクロウが活発に活動をしていることが、うかがえた。
 今回の散策では、23種の野鳥を観察できた。でも暑かった。


    群れで飛翔中のアオサギ(鵲)            波消しブロックで休むカワウとアオサギ(鵲)170720001群れで飛翔中のアオサギ(鵲) 170720002波消しブロックで休むカワウとアオサギ


   海岸近くの木の柱で休むトビ(鵲)             探餌中のクロサギ(鵲)

170720003海岸近くの木の柱で休むトビ(鵲) 170720004探餌中のクロサギ(鵲)


     コチドリの親子(鵲)                 イソシギ2羽とコチドリ(鵲)

170720005コチドリの親子(鵲) 170720006イソシギ2羽とコチドリ(鵲)


  警戒しているようなコチドリ        休息するカワウ            休息するツバメ(若鳥)

170720007警戒しているようなコチドリ 170720008休息するカワウ 170720009休息するツバメ(若鳥)


   囀っていたキジバト       道路そばで見かけたフクロウの羽         囀るホオジロ

170720010囀っていたキジバト 170720011道路そばで見かけたフクロウの羽 170720012囀るホオジロ


その他、気になり、観察した生きものを紹介します。 

    カブトムシ♂                ナガサキアゲハ

170720013カブトムシ♂ _thumb 170720014ナガサキアゲハ_thumb


   アオスジアゲハ           咲き始めたミズヒキの花         ツマグロイナゴモドキ

170720015アオスジアゲハ_thumb[2] 170720016咲き始めたミズヒキの花_thumb 170720017ツマグロイナゴモドキ_thumb[1]


ため池で見かけたタイワンウチワヤンマ         美しい色のネジバナ

170720018ため池で見かけたタイワンウチワヤンマ_thumb     170720019美しい色のネジバナ_thumb


  咲き始めたキカラスウリ        カナブンとノコギリクワガタ        コガネグモ

170720020咲き始めたキカラスウリ_thumb[3] 170720021カナブンとノコギリクワガタ_thumb[1] 170720022コガネグモ_thumb[2]


     ヤブキリ             秋が楽しみなエビヅル(ブドウの仲間)     オガタマノキの実

170720023ヤブキリ_thumb[5] 170720024秋が楽しみなエビヅル(ブドウの仲間)_thumb[2] 170720025オガタマノキの実_thumb[5]


   咲き始めたクズ          ウバユリ               少し秋を感じるエノコログサ

170720026咲き始めたクズ_thumb[2] 170720027ウバユリ_thumb 170720028少し秋を感じるエノコログサ_thumb

 

写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。


次回2017年8月夏の様子はどうでしょうか。2017年8月28日( 月)を予定。 
6時45分の船で島に渡ります。



■定例探鳥会 今津探鳥会 感想文

2017.07.02 14:25|探鳥会に参加して

2017年7月2日(日)8:00~10:50 -晴れ時々曇り-

本日の参加者は16名。

夏季は出現種類が少ないことが予想されますが、皆さんたいへん意欲的です。

スタート直後、早速稲が長く伸びた水田の中からヒクイナの声が聞こえてきます。

どうせ姿は見られないだろうなとほぼ諦め気味だったところ、農道を少し進んだところで

運よく、餌取りに懸命な2羽の成鳥をゆっくりと観察することができました。

アシ原では此処彼処でオオヨシキリが鳴き声を競っています。暑さが増幅されます。

堤防に上ると潮が引き始め、砂州が次第に現れ始めたところでしたが、シギチドリは何もいません。

その代わり、3羽のクロツラヘラサギ幼鳥が採餌中。繁殖に加わらない個体は夏でもうろついているようです。

干潟とは反対側の水田に目を移すと、畔に1羽のケリが佇んでいます。よく見ると今年生まれの幼鳥のようです。

今津の近くで繁殖したのでしょうか?福岡県内の繁殖は局地的で数少ない種類です。

今日は、姿を見るのが難しいヒクイナ、時季外れのクロツラヘラサギ、今津では数少ないケリなど希少な種類を

思いがけず楽しむことができました。

昨晩は熱帯夜、今朝は早朝から27℃を超える暑さで日中は33℃まで上昇しました。

湿度も高くたいへん蒸し暑く、気分を悪くなさった方もおられました。

まだまだ暑い日が続きます。睡眠をしっかりとり、水分補給を十分に行い、無理をせずに探鳥会を楽しみましょう!!


          ヒクイナ                     クロツラヘラサギ

170702001 ヒクイナ 170702002 クロツラヘラサギ

          ケリ

170702003 ケリ


                                                                                                 (報告:波多野 邦彦、写真:日高 継典)




能古島散策2017年06月26日(月)の様子

2017.07.01 07:42|調査報告

 前の週の土曜日(6/24)のまとまった雨の後も、この日は雨の予報あり、雨具持参の散策でした。今回は新しく1名が加わり、4名で歩きました。
 能古の博物館の傍、周りの林も静か、時折、キジバトやメジロの囀りがあるくらいでした。アオバズクにもふられました。
 海岸に移動し、アオサギ、ダイサギ、カワウなど、市街地では、ツバメ、スズメ、ハシブトガラス、上空にはトビが目立ちました。砂浜では、コチドリが2番い?かな、でも繁殖の行動には出会えず残念でした。でも、オオメダイチドリ1羽(冬羽)を、先月同様見かけました。この時期ここにいるのはどういう事なのでしょうか。
 海岸の岩場にはミサゴが2羽休息中?巣作りしないのか?
 海岸そばの草地では、巣材用か枯葉を口一杯くわえたホオジロ(♀)がいました。
 林道は、キビタキの囀りとヤマガラの地鳴きが主でした。
 港の待合室の外壁には、ツバメが子育て中でした。7羽のヒナを見ました。
 今回の散策では、26種の野鳥を観察できました。幸い雨具を用いることはありませんでした。


 囀るキジバト         街灯で休息中のトビ           杉の天辺で見かけたダイサギ(鵲)

170626001囀るキジバト 170626002街灯で休息中のトビ 170626003杉の天辺で見かけたダイサギ(鵲)


  海岸近くの林のアオサギ(鵲)    子育てしたのかコチドリ(鵲)        海岸で見かけた羽(猛禽類)

170626004海岸近くの林のアオサギ(鵲) 170626005子育てしたのかコチドリ(鵲) 170626006海岸で見かけた羽(猛禽類)


  2羽で休息中か、ミサゴ(鵲)       冬羽のオオメダイチドリ(鵲)

1706260072羽で休息中か、ミサゴ(鵲) 170626008冬羽のオオメダイチドリ(鵲)

 

  枯葉を咥えたホオジロ(鵲)        囀るホオジロ(鵲)

170626009枯葉を咥えたホオジロ(鵲) 170626010囀るホオジロ(鵲)

 

  カワラヒワ幼鳥          カワラヒワ(鵲)            センダンの木に来たコゲラ

170626011カワラヒワ幼鳥 170626012カワラヒワ(鵲) 170626013センダンの木に来たコゲラ

 

  渡船場で見かけたツバメのヒナ7羽(鵲)        探餌中のカワウ(鵲)

 170626014渡船場で見かけたツバメのヒナ7羽(鵲)    170626015探餌中のカワウ(鵲)


その他、気になった生きものを紹介します。

 

 おいしい実のなるシャシャンボ花       休息中?のモンシロチョウ

170626016おいしい実のなるシャシャンボ花 170626017休息中?のモンシロチョウ

 

   湿地の草地で見かけたハラビロトンボ     産卵中か トラフムシヒキ

 170626018湿地の草地で見かけたハラビロトンボ 170626019産卵中か トラフムシヒキ


     咲き始めたハマゴウ           ヒメアカタテハ          コガネグモ

170626020咲き始めたハマゴウ 170626021ヒメアカタテハ 170626022コガネグモ


    オオアオイトトンボ              ツチイナゴ           咲き始めたハエドクソウ

170626023オオアオイトトンボ 170626024ツチイナゴ 170626025咲き始めたハエドクソウ

 

写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。

 

次回2017年7月夏の様子はどうでしょうか。2017年7月20日(水)を予定。
6時45分の船で島に渡ります。



プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ