和白海岸探鳥会 2017年9月10日(日)

2017.09.11 15:55|探鳥会報告

和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2017年9月10日(日)  -晴れ-
【観察鳥種】22種
【参加者数】12人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 9月になり、朝晩過ごしやすくなってきた和白ですが、日中は日差しも強く、水分補給に気を付けながらスタートしました。道端のコマツナギやクズマルバハギメマツヨイグサなどの花の名前を確認したり、ナンキンハゼスダジイなどの木の実を見たり、エノキの甘い実を試食しながら歩きました。エノコログサセイバンモロコシの穂が出て、風に揺らいでいます。

         クズの花                   マルバハギの花

170910001 クズの花 170910002 マルバハギの花

       メマツヨイグサ                   ナンキンハゼの実

170910003 メマツヨイグサ 170910004 ナンキンハゼの実

         スダジイの実                   エノキの実

170910005 スダジイの実 170910006 エノキの実

        エノコログサの穂                セイバンモロコシの穂

170910007 エノコログサの穂 170910008 セイバンモロコシの穂

 

 和白川河口では、わずかに残された干潟にハクセンシオマネキがいましたので、望遠鏡で見ました。塩浜護岸から見渡すと、和白から唐原方面にかけて杭の上に止まっているミサゴ4羽を確認しました。満潮を避けて後背地の大きな木々に、サギたちが17羽止まっているのが見えました。護岸の植え込みの木々をコサメビタキが飛んでいましたが、渡りの途中ではないかとのことです。上空をミサゴがゆうゆうと飛翔していました。

                ハクセンシオマネキ                                             杭の上のミサゴ

170910009 ハクセンシオマネキ 170910016 ミサゴ1

       サギの群れ                       飛翔するミサゴ

170910011 サギの群れ 170910012 ミサゴ2

 

 五丁川河口では、カワセミ1羽を確認しました。奈多護岸からは、いつもの廃船上にカワウが5羽休んでいました。松の木にはシジュウカラが、護岸の海側にはキアシシギが5羽休んでいました。雁ノ巣の橋の下の砂浜には、先月も確認できたミヤコドリが4羽、仲良く過ごしていました。くちばしの先が黒っぽいので、若鳥のようです。

          カワウ5羽                   遠くのミヤコドリ

170910013カワウ5羽 170910014 遠くのミヤコドリ

         観察の様子

170910015 観察の様子


 来月はそろそろ淡水ガモの姿が見られるのではないかと楽しみです。コオロギが鳴き続けて、木陰ではさらりとした風が吹き、夏の終わりを感じる探鳥会でした。 (南のり子)

【参加者の感想】
◇コサメビタキを今年初めて見れて良かった。
◆ハクセンシオマネキがかわいかった。
◇カワセミが何とも言えない青色ですばらしかった。




スポンサーサイト
プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ