FC2ブログ

2018年10月/2018年11月の探鳥会

2018.09.21 15:39|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2018年10月7日(日)・2018年11月4日(日)[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2018年10月2日(火)・ 2018年11月6日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2018年10月13日(土)・ 2018年11月10日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2018年10月14日(日)・2018年11月11日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山 2018年10月21日(日)※夏時間・2018年11月18日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2018年10月28日(日) ・2018年11月25日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

-10月は、ありません。-




スポンサーサイト



2018年08月30日能古島散策の報告

2018.09.02 08:20|調査報告

 5名で歩いた。今日の天気予報、前日には曇りのち晴れとあり、雨模様などあまり頭になかった。ところが、集合時曇りだったが、上空の雲の様子が、今にも雨が落ちてきそうな雰囲気だった。船で能古島の向かう途中から雨となった。この雨で、少し気温が下がることを期待した。開始時の気温は29℃でした。
 船上からの観察は若いウミネコの飛翔から始まった。ミサゴも上空飛翔。この時期に渡る色々な野鳥に期待した。上陸してすぐに若いツバメの飛翔を目撃、山すその林では、センダイムシクイの姿2羽を見かけた。海岸に出て、シギやチドリの仲間を期待したが、見かけたのはイソシギのみでした。飛び交うウミネコ、採餌したり波消しブロックで休むカワウアオサギ、海面すれすれを飛ぶクロサギ1羽を見かけた。海岸近くの草地で久しぶりにセッカを見かけた。この島ではあまり見かけない種です。
 林道に入ってからは、いつものヤマガラ、コゲラ、ヒヨドリの他、ヒタキ科の仲間と思われた声を聞いたが姿を見つけられず。
 山頂で昼食後、猛禽類の渡りを期待して見通しの良い島の東側の道を歩いたが、成果なしでした。港に戻って、イソヒヨドリ♂をじっくりと観察することが出来た。また、トビは色々な場所で見かけた。

海上の杭に留まるトビ(鵲) 海上の杭に留まるトビ(位) 防波堤で休むアオサギ(鵲)

   海上の杭に留まるトビ(鵲)       海上の杭に留まるトビ(位)     防波堤で休むアオサギ(鵲)     

上空を飛翔するミサゴ(鵲) 浅瀬の杭で休むミサゴ(位)
     上空を飛翔するミサゴ(鵲)            浅瀬の杭で休むミサゴ(位)

羽の手当てするカワウ(鵲) 羽の手当てするカワウ(位)

      羽の手当てするカワウ(鵲)             羽の手当てするカワウ(位)

クロサギ着地前(鵲) 岩礁に着地(源) カワウと若いウミネコ(鵲)

    クロサギ着地前(鵲)           岩礁に着地(源)         カワウと若いウミネコ(鵲)

セッカ(鵲) 渡り途中の若いツバメ(鵲) 鳴いていたホオジロ(鵲)

     セッカ(鵲)            渡り途中の若いツバメ(鵲)      鳴いていたホオジロ(鵲)  

採餌するイソシギ イソヒヨドリ♂ ヒノキの天辺に止まるトビ

   採餌するイソシギ           イソヒヨドリ♂          ヒノキの天辺に止まるトビ

今回の散策では、暑い暑い日が続く夏の終わりに、26種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(7)・アオサギ・カワウ・ハクセキレイ・ウミネコ・クロサギ・
イソヒヨドリ・キセキレイ
住宅地や農耕地で見かけた種(7)・スズメ・ツバメ・イワツバメ・ハシボソガラス
・ハシブトガラス・カワラバト・セッカ
山の中で見かけた種(9)・センダイムシクイ・ホオジロ・ヤマガラ・キジバト・メジロ
・ヒヨドリ・コゲラ・ハシブトガラス・ヒタキ科の1種
山の中の池で見かけた種(2)・アオサギ・アヒル 
見かけた猛禽類(2)・トビ・ミサゴ
その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

メマツヨイグサ(源) ノアズキ(源) ボタンヅル(源)
    メマツヨイグサ(源)         ノアズキ(源)           ボタンヅル(源)

メハジキ(源) ゴンズイ(源) ガガイモ(源)

    メハジキ(源)             ゴンズイ(源)           ガガイモ(源)

ヒメイヌビエ(源) ノブドウの実 コガネグモ

    ヒメイヌビエ(源)            ノブドウの実             コガネグモ

サフランモドキ ヘクソカズラの花 センニンソウ

    サフランモドキ             ヘクソカズラの花          センニンソウ

リスアカネ マユタテアカネ♂ オニヤンマ
     リスアカネ            マユタテアカネ♂         オニヤンマ

タイワンウチワヤンマ ネキトンボ 蜘蛛に捕まったツクツクボウシ

    タイワンウチワヤンマ           ネキトンボ            蜘蛛に捕まったツクツクボウシ

モンキアゲハ ナミアゲハ ヤマトフキバッタ

     モンキアゲハ              ナミアゲハ            ヤマトフキバッタ
写真の撮影は(鵲):森健児、(位):平位忠彦、(源):荒牧源実と( )なしは田字草(田村耕作)、報告は田字草。
次回2018年9月の様子はどうでしょうか。          
2018年9月28日(金)を予定。6時45分の船で島に渡ります。              

おまけは、姪浜港のヨットハーバーの係留杭で休むたくさんのミユビシギ約40羽(鵲)

ミユビシギ約40羽(鵲)




プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ