FC2ブログ

2018年10月26日能古島散策の報告

2018.10.29 20:02|調査報告

 5名で歩いた。今日の天気予報、午後から雨がぽつぽつ。でも福岡タワーとドームの間から上る日の出は美しかった。しかも海面に映る光も映えていた。開始時の気温は14℃で、少し寒いくらい秋の中で散策開始した。

                 のぼる日の出
 船上からの観察は、ウミネコの飛翔、海面に浮かぶ数羽のセグロカモメやユリカモメから始まった。
船を降りると、ひー、ひー、ひー、と懐かしく響く声が聞こえてきた。声の主はジョウビタキ(♂)がすぐそばの電線に止まって鳴いていた。期待していたとおり、この時期、島にはたくさん渡ってきているようだ。ウグイスの地鳴きも久しぶりに聞いた。ヤマガラモズヒヨドリの声がにぎやかだ。
 海岸では、水辺でイソシギが探餌中、海面から出ている竹の杭にはミサゴが休息中。イソヒヨドリは屋根の上や波消しブロックなどで見かけた。アオサギ、ダイサギ、クロサギを波消しブロックで探餌か。海岸近くの草地ではカワラヒワの群れ、ジョウビタキの声、ホオジロの囀りに近い声もしていた。
 海上にはカワウが潜って採餌か、行ったり来たりする姿もあった。海岸を少し西に歩いて、砂利の海岸でシギとチドリの群れが休息したり、採餌したりする場面を見かけた。ミユビシギを中心に、トウネン、ハマシギ、シロチドリの群れでした。この時期、こんな場面出会えるなんて、幸運でした。
 森の中を歩きながら、声に注目しつつ、空にも注意。ジョウビタキの声、ウグイスの地鳴きは賑やか、飛翔する数羽のトビの中に、ハイタカを発見、少しすると森の上低く飛ぶチョウゲンボウも出現。木の天辺にほんの少しの間、エゾビタキが出た。探餌中だ。

ジョウビタキ♂ (源) ジョウビタキ♀(鵲) ヤマガラ(鵲) モズ(鵲)

  ジョウビタキ♂ (源)    ジョウビタキ♀(鵲)     ヤマガラ(鵲)      モズ(鵲)

       ヒヨドリの群れの渡り(鵲) 休息のヒヨドリ(田)  
          ヒヨドリの群れの渡り(鵲)            休息のヒヨドリ(田)

イソシギ(鵲) 休息するミサゴ(源) 空を飛翔するミサゴ(鵲)

     イソシギ(鵲)        休息するミサゴ(源)     上空を飛翔するミサゴ(鵲)

休息のアオサギ(源) 飛ぶアオサギ(鵲) 魚をくわえたダイサギ(鵲)

   休息のアオサギ(源)         飛ぶアオサギ(鵲)      魚をくわえたダイサギ(鵲)

クロサギ(田) 飛び出すクロサギ1(源) 飛ぶクロサギ2(位) 海上を飛ぶクロサギ(鵲)

 休息するクロサギ(田)   飛び出すクロサギ1(源)    飛ぶクロサギ2(位)   海上を飛ぶクロサギ(鵲)

群れるカワラヒワ(田) ホオジロ♀(田) ホオジロ♂(位) 休息するミユビシギの群(源)
  群れるカワラヒワ(田)   ホオジロ♀(田)      ホオジロ♂(位)      休息するミユビシギの群(源)

採餌するミユビシギ(鵲) ミユビシギの足(鵲) ミユビシギ(位) シロチドリ(田)
採餌するミユビシギ(鵲)  ミユビシギの足(鵲)     ミユビシギ(位)       シロチドリ(田)

採餌したイソヒヨドリ♂(鵲) 屋根のイソヒヨドリ(田) 鳴くハクセキレイ(田)

    採餌したイソヒヨドリ♂(鵲)        屋根のイソヒヨドリ(田)       鳴くハクセキレイ(田)

池で見かけたカルガモ(鵲) 渡り途中かエゾビタキ
    池で見かけたカルガモ(鵲)          渡り途中かエゾビタキ(鵲)


 今回の散策では、涼しくなった環境で、40種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(15)・アオサギ・ダイサギ、クロサギ、カワウ・ハクセキレイ・ウミネコ・セグロカモメ・ユリカモメ、イソシギ・イソヒヨドリ・トウネン・ミユビシギ・シロチドリ・ハマシギ、ミサゴ
住宅地や農耕地で見かけた種(10)・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・キジバト・
モズ・カワラヒワ・カワラバト・ホオジロ・ホオアカ・ムクドリ
山の中で見かけた種(10)・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・ウグイス・メジロ
・コゲラ・エナガ・エゾビタキ・アオバト・キセキレイ
見かけた猛禽類(4)・トビ・ミサゴ・ハイタカ・チョウゲンボウ
山の中の池で見かけた種(1)・カルガモ
その他、気になり、観察した生きものを紹介します。
ツチイナゴ(田) コマツヨイグサ(田) ツルウメモドキ(田)                    
     ツチイナゴ(田)          コマツヨイグサ(田)         ツルウメモドキ(田)

ススキとセイタカアワダチソウ(源) イヌタデ(源) ヤマシロギク(源)

ススキとセイタカアワダチソウ(源)     イヌタデ(源)          ヤマシロギク(源)

クサギの実(田) ツルウメモドキの実(田) ノブドウの実(田)

    クサギの実(田)          ツルウメモドキの実(田)          ノブドウの実(田)
シロバナサクラタデ(田) ヨメナ(田) ムベの実(田)                                        
  シロバナサクラタデ(田)            ヨメナ(田)             ムベの実(田)

咲き始めたツワブキ(田) 白さが目立つスズメウリ(田) メナモミ(田)
   咲き始めたツワブキ(田)       白さが目立つスズメウリ(田)       メナモミ(田)

カラスザンショウの実と象瀬(田) テイカカズラの実(位) ヤマフジの実(位)
 カラスザンショウの実と象瀬(田)      テイカカズラの実(位)       ヤマフジの実(位)

ノグルミの実(位)
     ノグルミの実(位)


写真の撮影は(鵲):森健児、(位):平位忠彦、(源):荒牧源実 (田):田字草、報告は田字草。
次回、2018年11月26日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。




スポンサーサイト



■定例探鳥会    和白海岸

2018.10.15 17:55|探鳥会報告

和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2018年10月14日  -晴れ-
【観察鳥種】37種
【参加者数】11人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子
 朝晩は涼しくなりました。和白川河口では渡り鳥のソリハシシギも見られましたが、越冬するカモたちが少し渡ってきていました。ヒドリガモやマガモなどがいました。ミヤコドリも4羽が近くにいました。護岸の植え込みのシャリンバイの実がピンクに色づいてきました。植え込みでコサメビタキを見ました。モズが電線に止まっていました。

ミヤコドリ シャリンバイの実

        ミヤコドリ                 シャリンバイの実   

コサメビタキ モズ

         コサメビタキ                  モズ


 五丁川河口ではクサフグがたくさん泳いでいました。ボラの子も多かったです。植え込みではスダジイが熟れてきており、皆で食べてみました。テリハノイバラにも赤い実が生っていました。河口の見晴台からは海の広場付近にいる16羽のミヤコドリが見えました。だいぶ多くなってきました。棒杭の上に4羽もミサゴが止まっており、魚を食べていました。廃船上ではカワウがたくさん休んでいました。

クサフグ スダジイの実

           クサフグ                スダジイの実

テリハノイバラの実 海の広場前のミヤコドリ

         テリハノイバラの実          海の広場前のミヤコドリ

廃船上のカワウ ←廃船上のカワウ

 奈多ではクリークのフェンスにカワセミが止まっており、ゆっくり見ることができました。コガモも見られ、ヒドリガモが50羽以上も来ていました。オオバンも混じっていました。

カワセミ コガモ

          カワセミ                 コガモ

ヒドリガモ・オオバン 観察のようす

        ヒドリガモ・オオバン           観察のようす   


 道端の草むらにはキノコがたくさん生えていました。Tさんが持ち帰って調べるそうです。今日はカモの訪れや木の実やキノコなどに、秋を感じる探鳥会でした。        (山本廣子)
【参加者の感想】
◇ミヤコドリを初めて見られて良かった。
◆ミサゴが魚を食べているのを見られた。
◇カワセミが見られて良かった。
◆モズをじっくり見ることができた。
◇ヒドリガモが色づき始めていた。
◆木の実やキノコがあった。




2018年09月28日能古島散策の報告(*次回の予定を変更)

2018.10.01 20:10|調査報告

 5名で歩いた。今日の天気予報、晴れ、しかし台風24号の影響が夜には出るようだ。開始時の気温は18℃で、涼しく秋らしさ体感しつつ散策開始でした。
 船上からの観察は若いウミネコの飛翔、数羽のセグロカモメの飛翔から始まった。カワウは水面上低く飛翔していた。ミサゴも上空飛翔しつつ探餌の様子、海岸そばの木で休息中の姿も観察できた。砂や砂利と波消しブロックの海岸では、ブロックで休息中のイソシギ、波が繰り返し寄せる砂浜では、トウネンの小さな群れ(22羽)が盛んに採餌していた。小石の多い水辺ではメダイチドリ1羽が、採餌と休息を繰り返していた。また小さな漁港そばの砂浜では、チュシャクシギ1羽が採餌に夢中で、すぐそばで観察できた。
 林道に入ってからは、いつものヤマガラ、コゲラ、ヒヨドリの他、ヒタキ科の仲間(コサメビタキなど)やムシクイ科と思われる姿を見つけたが、じっくりとは観察できず。山の斜面低く飛び、その後木の天辺に少し止まったサシバを見かけた。この森で夏を過ごしたのでしょうか。
 山頂での昼食は、ハチクマの渡りを期待して展望台で食べた。青空に薄い雲が出て、渡りの観察には好条件でした。見通し良く宗像の沖ノ島、小呂島、長崎県壱岐の島の島影を確認できた。しかし、展望台から見えた鳥は、トビとカラス類のみでした。約2時間余りの間にはハチクマの渡りを見つけられず。昨年の状況を期待したのですが、残念でした。

海面から飛出すカワウ(鵲) 休中カワウ 探餌中のミサゴ(鵲) 休息中のイソシギ(鵲)

 海面から飛出すカワウ(鵲)   休み中のカワウ       探餌中のミサゴ(鵲)     休息中のイソシギ(鵲)  

波打ち際で採餌するトウネンの群れ(左から鵲・源・田・位) 波打ち際で採餌するトウネンの群れ(左から鵲・源・田・位) 波打ち際で採餌するトウネンの群れ(左から鵲・源・田・位) 波打ち際で採餌するトウネンの群れ(左から鵲・源・田・位)

         波打ち際で採餌するトウネンの群れ(左から鵲・源・田・位)

砂浜で見かけた1羽のチュウシャクシギ(左から鵲 源 田 位) 砂浜で見かけた1羽のチュウシャクシギ(左から鵲 源 田 位) 砂浜で見かけた1羽のチュウシャクシギ(左から鵲 源 田 位) 砂浜で見かけた1羽のチュウシャクシギ(左から鵲 源 田 位)
         砂浜で見かけた1羽のチュウシャクシギ(左から鵲 源 田 位)

じーっとしていたメダイチドリ(左から源 鵲 田 位) じーっとしていたメダイチドリ(左から源 鵲 田 位) じーっとしていたメダイチドリ(左から源 鵲 田 位) じーっとしていたメダイチドリ(左から源 鵲 田 位)

          じーっとしていたメダイチドリ(左から源 鵲 田 位)        

あちこちで見かけたイソヒヨドリ ( 左/  右/鵲) あちこちで見かけたイソヒヨドリ ( 左/  右/鵲) カワラヒワ(鵲)

      あちこちで見かけたイソヒヨドリ ( 左/  右/鵲)         カワラヒワ(鵲)

コサメビタキ(左/源 右/鵲 ) コサメビタキ(左/源 右/鵲 ) トビ

           コサメビタキ(左/源 右/鵲 )                トビ


今回の散策では、少し涼しくなった環境で、28種の野鳥を観察できた。

海域や水辺で見かけた種(10)・アオサギ・カワウ・ハクセキレイ・ウミネコ・イソシギ・
イソヒヨドリ・トウネン・チュウシャクシギ・メダイチドリ・ミサゴ
住宅地や農耕地で見かけた種(8)・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・キジバト・
トビ・モズ・カワラヒワ・キセキレイ
山の中で見かけた種(10)・センダイムシクイ・ホオジロ・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ
・コゲラ・エナガ・コサメビタキ・サシバ・ムシクイ科の1種
山の中の池で見かけた種(1)・アオサギ 
見かけた猛禽類(3)・トビ・ミサゴ・サシバ
その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

センニンソウの実(源) ウルシ科カイノキ(源) ヒガンバナ

     センニンソウの実(源)         ウルシ科カイノキ(源)       ヒガンバナ

ツルボ 露草 秋桜子(コスモス)

       ツルボ                露草             秋桜子(コスモス)

オオアオイトトンボ♂ マユタテアカネ♂ クロアゲハ

     オオアオイトトンボ♂         マユタテアカネ♂          クロアゲハ

オシロイバナ(位) タラノキの実 微か見えた沖ノ島

     オシロイバナ(位)        タラノキの実             微か見えた沖ノ島


写真提供(鵲):森健児、(位):平位忠彦、(源):荒牧源実 ( )なしか(田):田字草、報告は田字草。
次回、2018年10月26日(金)を予定。6時45分の船で島に渡ります。              
おまけは、姪浜港のヨットハーバーの係留杭で休むたくさんのミユビシギなどの群れ(源)

ミユビシギなどの群れ(源)





プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ