FC2ブログ

能古島散策の報告 2019 年 5 月 22 日(水)

2019.05.31 14:27|調査報告

       能古島散策の報告 2019 年 5 月 22 日(水)その1


 会員 4 名(日高継典・平位忠彦・森健児・田村耕作)で散策。今日の天気は、晴れ、気温は早朝16℃で、午後気温が 25℃と上がった。船上からは海面や海上での海鳥の姿はなかった。
 能古島に到着すると、飛翔しつつ鳴くツバメ、電柱にはトビやハシブトガラスを見かけた。そんな時、少し奥の林から「キビタキ」の囀る声が聞こえた。
 海岸に移動し、水辺ではアオアシシギ 2 羽、海面上低く飛ぶカワウを見かけた。少し沖には採餌するカワウを見かけた。山が迫ったもっとも西側の海岸では、夏羽に変わりつつあるカワウ、草藪では、ウグイスやホオジロを観察した。
 自然探勝路では、今回もヒヨドリの地鳴きを、メシロの地鳴きや囀りを聞きつつ、歩いた。途中のため池ではカルガモ、アオサギ、ササゴイを見かけた。
 いつも昼食にする山頂の公園では雨も上り風もなく、ゆったりと昼食でした。
 2 時の渡船で戻りました。2019 年 5 月22 日の散策では 30 種を記録しました。
今回の散策では、30 種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(5)・カワウ・ウミウ・ハクセキレイ・イソヒヨドリ・イソシギ
住宅地や農耕地で見かけた種(10)・ツバメ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ホオジロ・ムクドリ・キジバト・カワラヒワ・ダイサギ・ハクセキレイ
山の中で見かけた種と声による確認種(10)・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・ウグイス・コゲラ・キビタキ・ヒタキの仲間(多分コサメビタキと思う)・リュウキュウサンショウクイ・ツツドリ・ソウシチョウ
見かけた猛禽類(1)・トビ
山の中の池で見かけた種(4)・カルガモ・アヒル(マガモ♂系)・アオサギ・ササゴイ
写真の撮影と報告は田村耕作
次回、2019 年 6 月 24 日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。

190522001 ツバメ 190522002 アオスジアゲハ 190522003 ツチバッタ

    ツバメ           アオスジアゲハ        ツチバッタ

190522004 ノイバラ 190522005 クロガネモチ 190522006 テイカカズラ

    ノイバラ         クロガネモチ        テイカカズラ



       能古島散策の報告 2019 年 5 月 22 日(水)その2


参加者平位忠彦会員からのカメラ目線の報告です。

190522011 囀るホオジロ 190522012 採餌中のキアシシギ 190522013 スズメの飛翔

      囀るホオジロ         採餌中のキアシシギ               スズメの飛翔 

190522014 飛ぶトビ 190522015 山中のため池のアヒル(マガモ系)

       飛ぶトビ          山中のため池/アヒル(マガモ系)

190522016 能古島のバナナ 190522017 コマツヨイグサの花

    能古島のバナナ           コマツヨイグサの花

190522018 ヒルザキツキミソウの花 190522019 溜池で休息中のカルガモ 190522020 溜池から飛び出したアオサギ

ヒルザキツキミソウの花     溜池で休息中のカルガモ       溜池から飛び出したアオサギ

190522021 ウコンの花 190522022 ムラサキカタバミの花
       ウコンの花             ムラサキカタバミの花

190522023 栗の花
            栗の花



       能古島散策の報告 2019 年 5 月 22 日(水)その3


参加者森健児会員からのカメラ目線の報告です。

190522031 囀るホオジロ 190522032 水辺で採餌していたキアシシギ 
         囀るホオジロ                 水辺で採餌していたキアシシギ

190522033 公孫樹の天辺で囀るカワラヒワ 190522034 海面スレスレを飛ぶカワウ
       公孫樹の天辺で囀るカワラヒワ             海面スレスレを飛ぶカワウ

190522035 アオサギが飛ぶ 190522036 溜池で休むカルガモ
         アオサギが飛ぶ                 溜池で休むカルガモ






スポンサーサイト



2019年6月/2019年7月の探鳥会

2019.05.26 16:32|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

今津・天拝山(6~9月)と久末ダム(6~8月)は、夏時間で8時~11時となります。 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持ち。


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2019年6月2日(日)・2019年7月7日(日)[福岡市西区]※夏時間

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2019年6月4日(火)・ 2019年7月2日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園 2019年6月8日(土)・ 2019年7月13日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2019年6月9日(日)・2019年7月14日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山  2019年6月16日(日)・2019年7月21日(日) [筑紫野市]※夏時間

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2019年6月23日(日) ・2019年7月28日(日) [福津市]※夏時間

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

-6月は、ありませんー





■定例探鳥会 和白海岸 2019年5月12日(日)

2019.05.13 07:26|探鳥会報告


和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2019年5月12日  -晴れ-
【観察鳥種】29種
【参加者数】11人
【担 当 者】山本廣子

 今回はバードウイーク探鳥会で、福岡県との共催でした。福岡県筑紫保健所の五十川さんから挨拶していただきました。春を超えて初夏のような日差しです。熱中症対策の帽子や飲み水を確認して、奈多方面に向かいました。和白川河口の干潟では、ハクセンシオマネキが見られました。センダンの薄紫の花が咲いていて、風に揺れて涼し気です。潮が小さくて干潮でも余り引いていませんが、潮干狩り客がたくさんいました。春の渡り鳥のチュウシャクシギが唐原方面に小さく見えました。塩浜護岸ではシャリンバイやトベラやアキグミの花が咲いていて、いい香りがします。RKBの鉄塔上や畑の鉄塔にはカラスの巣がありました。

190512001 ハクセンシオマネキ 190512002 センダンの花

        ハクセンシオマネキ              センダンの花

190512003 シャリンバイの花と蝶 190512004 トベラ

       シャリンバイの花と蝶                トベラ

190512005 アキグミの花 190512006 電波塔のカラスの巣

        アキグミの花                電波塔のカラスの巣


 五丁川河口では、キアシシギに会いました。海中の廃船上に休むカワウたち、電線に止まったキジバトやムクドリ、木の上のモズ、上空を飛ぶトビやミサゴなどが見られました。エノキに止まるゴマダラチョウが美しかったです。スイカズラの花の蜜は、白い花の方が黄色い花よりも甘かったです。奈多のクリークにもキアシシギやイソシギがいて、キアシシギはピュイーと大きな声で何度も鳴きました。護岸にはハマヒルガオの花がたくさん咲いていて、きれいでした。
奈多護岸の日陰で鳥合わせをしましたが、暑い中、皆無事に歩けて良かったです。木々の花が多く咲いていて初夏を感じた探鳥会でした。南さんに担当の仕事を手伝っていただきました。
(山本廣子)

190512007 キアシシギ 190512008 カワウ

           キアシシギ               カワウ

190512009 キジバト 190512010 ムクドリ

          キジバト                 ムクドリ

190512011 モズ 190512012 ミサゴ

           モズ                   ミサゴ

190512013 ゴマダラチョウ 190512014 スイカズラ

           ゴマダラチョウ             スイカズラ  

190512015 ハマヒルガオ 190512016 観察のようす

          ハマヒルガオ                観察のようす   


【参加者の感想】
◇モズの写真が写せて良かった。
◆カワウを近くで見られて良かった。
◇キアシシギの胸やわきの模様が見れた。
◆チュウシャクシギが見られて良かった。




2019年4月26日(火)能古島散策の報告

2019.05.02 12:58|調査報告

 4名で散策。今日の天気は、曇り時々小雨、気温は早朝16℃で、午後気温が12℃と下がった。船上からは海面や海上での海鳥の姿はなかった。
能古島に到着すると、スズメの鳴き声、飛翔しつつ鳴くツバメ、電柱にはトビハシブトガラスを見かけた。小鳥たちの渡りの姿を期待して、博物館そばの林へ。ウグイスの囀り、シロハラの地鳴き、遠くからメジロの囀り、コゲラの「ジー」という耳慣れた声があったものの、少し期待外れでした。そんな時、「キビタキ」との声が鵲氏から発せられた。でも黒と黄色の姿を期待して探しましたが、姿は見つからす。
 海岸に移動し、水辺ではイソシギ、コチドリ、上空を飛ぶセグロカモメ、海面上低く飛ぶクロサギを見かけた。少し沖には採餌するカワウ、2羽で飛ぶミサゴを見かけた。山が迫ったもっとも西側の海岸では、夏羽に変わりつつあるウミウとヒメウ、草藪では、ウグイス、ホオジロを観察した。海岸に立って、これから歩く自然探勝路のある山の斜面ではサンショウクイの声を捉えた。
 自然探勝路では、今回もヒヨドリとシロハラの地鳴きを、メシロの地鳴きや囀り聞きつつ、歩いた。途中のため池ではカルガモ、アオサギを見かけた。
 いつも昼食にする山頂の公園では雨も上り風もなく、ゆったりと昼食でしたが、すぐそばの檜林からハイタカ1羽が飛び出したが、すぐに林内に突っ込み、消えた。期待していたアマツバメの飛翔は観察できなかった。その後、思索の森では、フデリンドウの蕾を見かけたが、もう開花しそうな姿でした。象ノ瀬では、ハヤブサとウミウを観察。アイランドパーク前の牧の神公園では、上空で舞うトビのみでした。
 島の東側を歩いた。シロハラ、メジロの声が聞こえた。北浦の海岸で漸く若いイソヒヨドリ1羽を見かけた。2時の渡船で戻りました。2019年4月26日の散策では36種を記録しました。

190426001 トビとハシブトガラス(鵲) 190426002 ツバメ(鵲) 190426003 ハシブトガラス(鵲)

       トビとハシブトガラス(鵲)                    ツバメ(鵲)                 ハシブトガラス(鵲)

190426004 カワラヒワ(鵲) 190426005 ムクドリとキジバト(鵲) 190426006 ウミウとヒメウ(右)(鵲)
            カワラヒワ(鵲)                  ムクドリとキジバト(鵲)                  ウミウとヒメウ(右)(鵲)


190426007 カワウ(鵲) 190426008 クロサギ(鵲) 190426009 セグロカモメ(鵲)

             カワウ(鵲)                 クロサギ(鵲)                     セグロカモメ(鵲)

190426010 アオサギ(鵲) 190426011 イソシギ(鵲) 190426012 飛翔するコチドリ(鵲)

             アオサギ(鵲)               イソシギ(鵲)                          飛翔するコチドリ(鵲)


190426013 ミサゴ(鵲) 190426013 カルガモ(鵲) 190426014 ムクドリ(源)

     ミサゴ(鵲)           カルガモ(鵲)           ムクドリ(源)



190426015 イソヒヨドリ(田) 190426016 青虫をくわえたスズメ(田) 190426017 ハクセキレイ(田)
     イソヒヨドリ(田)         青虫をくわえたスズメ(田)    ハクセキレイ(田)


190426018 囀るホオジロ(鵲) 190426019 ツグミ(鵲)

      囀るホオジロ(鵲)                    ツグミ(鵲)


今回の散策では、36種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種(8)・カワウ・ウミウ・ヒメウ・ハクセキレイ・セグロカモメ・
・イソヒヨドリ・コチドリ・イソシギ
住宅地や農耕地で見かけた種(10)・ツバメ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ホオジロ・ムクドリ・キジバト・カワラヒワ・ツグミ・イワツバメ
山の中で見かけた種(11)・シロハラ・ツグミ・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・ウグイス・アオジ・コゲラ・キビタキ・ジョウビタキ・サンショウクイ・ヒタキの仲間
見かけた猛禽類(4)・トビ・ミサゴ・ハイタカ・ハヤブサ
山の中の池で見かけた種(3)・カルガモ・アオサギ

その他、気になり、観察した生きものを紹介します。
190426020 コマツヨイグサ(源) 190426021 ハマヒルガオ(源) 190426022 アキグミ(源)                  
    コマツヨイグサ(源)       ハマヒルガオ(源)           アキグミ(源)

190426023 クサフジ(源) 190426024 ヒルザキツキミソウ(源) 190426025 カキドオシ(源)

    クサフジ(源)          ヒルザキツキミソウ(源)        カキドオシ(源)

190426026 ナワシロイチゴ(源) 190426027 ハリエンジュ(田) 190426028 シロツメクサ(田)

    ナワシロイチゴ(源)       ハリエンジュ(田)           シロツメクサ(田)

190426029 マンテマ(田) 190426030 トベラ(田) 190426031 ハマエンドウ(田)

     マンテマ(田)         トベラ(田)             ハマエンドウ(田)

190426032 チガヤ(田) 190426033 ツルウメモドキ(田) 190426034 カラスムギ(田)

     チガヤ(田)          ツルウメモドキ(田)         カラスムギ(田)

190426035 ノイバラ(田) 190426036 ノアザミ(田) 190426037 フデリンドウ(田)

     ノイバラ(田)         ノアザミ(田)            フデリンドウ(田)

190426038 オドリコソウ(田) 190426039 ヤマフジ(田) 190426040 ムベ雄花(田)

     オドリコソウ(田)         ヤマフジ(田)            ムベ雄花(田)

190426041 ホザキマンテマ(田). 190426042 車道で、クサフジ(田). 190426043 ホソヒラタアブ(田).

      ホザキマンテマ(田)      車道で、クサフジ(田)        ホソヒラタアブ(田)

190426044 ヤマオニグモ(田). 190426045 マルカメムシ(田). 190426046 クワゴマダラヒトリ

       ヤマオニグモ(田)       マルカメムシ(田)         クワゴマダラヒトリ(田)


写真の撮影は(鵲):森健児、(源):荒牧源実、(田):田字草、報告は田字草。
次回、2019年5月22日(水)を予定。6時45分の船で島に渡ります。


190426047 キリの花、満開(鵲)

       キリの花、満開(鵲)





プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ