FC2ブログ

能古島散策の報告 2019年12月24日(火)

2019.12.28 07:09|調査報告

能古島散策の報告 2019年12月24日(火)その1                   田村耕作
                       
 会員4名(日高継典・荒牧源実・森健児・田村耕作)とお客様2名(勝瀬志保・林ゆうこ)で散策。今日の天気はどんよりとした曇り空でしたが、後半青空も少し広がりを見せた。
191224001 散策ルート 夜明け7時前頃に、船上からユリカモメ(5羽)とアオサギ1羽を船上から観察して、今日の鳥見の始まりでした。島に着くと、まだ暗さの残る上空を数羽のトビが飛んでいた。港では、ウミネコやセグロカモメを見かけ、ヒヨドリの鳴き声やモズの声、シロハラの地鳴きも聞こえてきた。いつものように少し歩いて能古博物館近くでは、メジロやウグイス、ツグミが賑やかでした。途中落葉樹の天辺で、この冬初めてのシメを望遠鏡で観察できた。再び海岸に出ると、カモ類は、ヒドリガモが目立つ程度でしたが、沖合にはハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミアイサを見かけた。他に、クロサギ、イソヒヨドリ、シロチドリ、イソシギ、カワウの大群(約300)を見かけた。そんな中、1羽のカツオドリ出現がうれしかった。途中の草地では、ホオジロを中心に、ツグミ、ホオアカ、ウグイス、ジョウビタキを観察した。画像からカシラダカも確認できた。
        今日歩いたコース


 山の中では、アオジやミヤマホオジロ、メジロの群れ(約30羽)、遠くで鳴くアオバトの声も聞こえた。ため池にはカルガモが休息中でした。
 山頂(標高195m)での昼食後、島の東を通る道を歩いて、港に向かうコースを選択した。海上ではセグロカモメやウミアイサの姿を見かけた。
 16時の渡船で戻りました。2019年12月24日の散策で51種を記録しました。
海域や水辺で見かけた種(23)・カツオドリ・ハジロカイツブリ・カンムリカイツブリ
・カワウ・ウミウ・ヒメウ・ウミネコ・セグロカモメ・オオセグロカモメ・ユリカモメ
・カモメ・シロチドリ・イソシギ・クロサギ・マガモ・カルガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ
・スズガモ・ウミアイサ・アオサギ・ハクセキレイ・イソヒヨドリ
住宅地や農耕地で見かけた種(12)・ジョウビタキ・ホオジロ・ホオアカ・カシラダカ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・キジバト・カワラヒワ・シメ・モズ・カワラバト
山の中で見かけた種(14)・ヤマガラ・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・キセキレイ・ツグミ・シロハラ・アオジ・ミヤマホオジロ・ウグイス・アオバト・キクイタダキ・リュウキュウサンショウクイ・ルリビタキ
見かけた猛禽類(2)・トビ・ミサゴ・
 地図上の赤い線は散策したコースで日高継典作成、植物写真の撮影と報告は田村耕作。鳥類写真はお客さん(勝瀬志保)の撮影です。気になった生きものの紹介です。
次回、2020年1月27日(月)を予定。6時45分の船で島に渡ります。


191224002 メマツヨイグサのロゼットが美しい 191224003 イヌビワの黄葉

    メマツヨイグサのロゼットが美しい            イヌビワの黄葉

191224004 ゴンズイの種 191224005 クサイチゴの花がもう咲いていた

        ゴンズイの種             クサイチゴの花がもう咲いていた

191224006 穴をあけられたキカラスウリ 191224007 イソシギ
      穴をあけられたキカラスウリ               イソシギ

191224008 シロチドリ 191224009 クロサギ

          シロチドリ                     クロサギ

191224010 イソヒヨドリ♀ 191224011 定位置で休息中のミサゴ

         イソヒヨドリ♀             定位置で休息中のミサゴ

 以上


能古島散策の報告 2019年12月24日(火)その2                   田村耕作

参加者森健児会員からのカメラ目線の報告です。


191224021 カワラヒワの群れの一部 191224022 飛翔するクロサギ

        カワラヒワの群れの一部                飛翔するクロサギ

191224023 300羽あまりの大群の一部 191224024 あちこちで見かけたジョウビタキ♂
     カワウ(300羽あまりの大群の一部)            あちこちで見かけたジョウビタキ♂

191224025 沖合で浮かんでいたセグロカモメ 191224026 砂浜で見かけたシロチドリ

      沖合で浮かんでいたセグロカモメ           砂浜で見かけたシロチドリ

191224027 大群で行ったり来たりのヒヨドリ 191224028 沖合のハジロカイツブリ
      大群で行ったり来たりのヒヨドリ            沖合のハジロカイツブリ

191224029 小さな群れ スズガモ 191224030 草藪の中、カメラで確認したカシラダカ
         小さな群れ スズガモ            草藪の中、カメラで確認したカシラダカ

191224031 キジバト 191224032 小さな群れ ウミウ

            キジバト                     小さな群れ ウミウ

191224033 海面近くを飛ぶヒメウ 191224034 山中のため池で、キセキレイ♂
         海面近くを飛ぶヒメウ             山中のため池で、キセキレイ♂

191224035 砂浜で採食するイソシギ 191224036 海上で休息か、ウミネコ
        砂浜で採食するイソシギ               海上で休息か、ウミネコ

191224037 楽しませてくれたカツオドリ 191224038 マガモの群れ
        楽しませてくれたカツオドリ                マガモの群れ

191224039 盛んに潜っていたカンムリカイツブリ

    盛んに潜っていたカンムリカイツブリ

                                            以上



能古島散策の報告 2019年12月24日(火)その3          田村耕作


参加者荒牧源実会員からのカメラ目線の報告です。


191224041 やってきたウミウの群れ 191224042 1羽のカツオドリが目の前を通過

        やってきたウミウの群れ            1羽のカツオドリが目の前を通過

191224043 沢山の種が出来たクズ 191224044 砂浜で食べもの探ししていたシロチドリ

        沢山の種が出来たクズ          砂浜で食べもの探ししていたシロチドリ

191224045 スズガモの小さな群れ 191224046 清楚なノジギク

        スズガモの小さな群れ               清楚なノジギク

191224047 沢山のオレンジ色のフウトウカズラの実 191224048 囀っていたホオジロ

  沢山のオレンジ色のフウトウカズラの実            囀っていたホオジロ

191224049 マルバアサガオ一輪 191224050 シマカンギクの黄色の花が目立ちました

          マルバアサガオ一輪         シマカンギクの黄色の花が目立ちました

191224051 この季節にハマウドの花

        この季節にハマウドの花


                                            以上





スポンサーサイト



福津市の野鳥写真展 ーご案内ー

2019.12.24 20:40|お知らせ
津屋崎の渋田和美です
飾るのは菊池秀樹さんの写真です
そのほか
生き物カルタや生き物トランプ、鳥の簡単な紹介など、大人から子供まで楽しめる企画にしました。
よろしければ福津までお越しください。
来月11日からです。
                                                                                   紹介者・問合せ先:渋田和美 junebride619@gmail.com


福津市の野鳥写真展2-1






舞鶴公園にて

2019.12.19 17:15|鳥信

舞鶴公園で、12/18(水)の午後に見かけました。2019年2月に見かけた個体とそっくりでした。田村耕作

191218001シロハラ

                            シロハラ





2020年1月/2020年2月の探鳥会

2019.12.18 16:05|■探鳥会:参加のご案内■

探鳥会の予定をお知らせします。バードウォッチングは初めての方も、気兼ねなく遠慮なく、お気軽にご参加下さい!  
[時間]集合時間:午前9時、解散:12時 <雨天中止>

[参加費]会員100円・非会員300円、中学生以下無料 

[持ち物]筆記具と有れば観察用具、及び野鳥に会いたいという気持
             各探鳥会で配布している名札(個人情報を記入済)


              ● 定例探鳥会 ●  
今津 2020年1月5日(日)・2020年2月2日(日)[福岡市西区]

【集合】玄洋高校北西の端道路 ※⇒周辺地図 
【交通】JR筑肥線「九大学研都市」下車、北へ徒歩20分、又は「九大学研都市」下車後  
    昭和バス九州大学線で 「玄洋高校」下車  
県営春日公園 2020年1月7日(火)・ 2020年2月4日(火)[春日市春日公園]

【集合】第5駐車場近くの音楽堂ステージ側 ※10時~12時頃 ⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島線「春日」下車、徒歩15分  
    西鉄大牟田線「春日原」下車、徒歩20分又は駅前から西鉄バス6番系統  
    <月の浦営業所行き>「水道局前」下車すぐ。  
大濠公園  2020年1月11日(土)・ 2020年2月8日(土)[福岡市中央区] 
【集合】ボート乗り場前  ※⇒周辺地図 
【交通】市営地下鉄「大濠公園」下車、徒歩5分  
和白海岸 2020年1月12日(日)・2020年2月9日(日) [福岡市東区] 
【集合】JR和白駅前の和白公園 ※⇒周辺地図 
【交通】JR香椎線「和白」又は西鉄貝塚線「和白」下車すぐ  
天拝山  2020年1月19日(日) ・2020年2月16日(日) [筑紫野市]

【集合】天拝山歴史自然公園水上ステージ ※⇒周辺地図 
【交通】JR鹿児島本線「二日市」下車、徒歩20分  
    又は高速バス停「筑紫野」下車、徒歩5分  
久末ダム 2020年1月26日(日) ・2020年2月23日(日) [福津市]

【集合】久末ダムの多目的広場横駐車場(管理事務所下) ※⇒周辺地図 
【交通】西鉄バス(国道3号線)森林都市行き「若木台団地」下車南東へ徒歩10分  
    JR鹿児島本線「東福間」下車、南東へ徒歩20分


              ● 月例探鳥会 ●

(「月例探鳥会」とは、この月だけ開催される探鳥会を指します。)

牛頸ダム 2020年2月11日(火・祝日)[大野城市]

~赤い鳥と青い鳥をみんなで探しましょう、今年こそ出会いたい~

【集合】井手2号公園(牛頸ダム入り口) ※午前10時集合、14時頃まで⇒周辺地図 
【交通】西鉄大牟田線「下大利」下車、駅前から西鉄バス21番系統で、 
「平野ハイツ入り口」下車 徒歩約20分 
※お弁当を持参してください。




12/9と12/12に瑞梅寺川河口を土手沿いに散策

2019.12.14 07:48|鳥信

晴天の恵まれた12/9と12/12に瑞梅寺川河口を土手沿いに散策しました。

191212001 ミサゴに捕まったボラ

       ミサゴに捕まったボラの目が何とも言えない。覚悟の目なのか?

   191212002 水面から飛び上がったクロツラヘラサギ      191212003 水面から飛び上がったヘラサギ

    水面から飛び上がったクロツラヘラサギ               ヘラサギ

      191212004 タゲリ   191212005 アオアシシギ、一歩前へ

            タゲリ            アオアシシギ、一歩前へ

   191212009 ズグロカモメ 着水前    191212010 飛び出すズグロカモメ

         ズグロカモメ 着水前               飛び出すズグロカモメ

      191212006 旋回するユリカモメ   191212007 狭い側溝に飛び込むカワセミ
       旋回するユリカモメ        狭い側溝に飛び込むカワセミ

   191212008 尾羽の光沢が美しかったカササギ




 ←尾羽の光沢が美しかったカササギ

                                             田村耕作

 

■定例探鳥会 和白海岸 2019年12月8日

2019.12.10 07:05|探鳥会報告

和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2019年12月8日  -曇り―
【観察鳥種】52種
【参加者数】18人
(会員&おためし会員(T)のみ掲載)
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 先日、野鳥の会の「探鳥会リスクマネジメント研修」に参加しましたので、久しぶりに「鳥類リスト」の裏側に書いている「和白干潟のフィールドマナー」を参加者に見てもらいました。皆で守っていきたいマナーを確認しました。
 12月に入って、和白干潟には渡り鳥が増えてきました。潮も満潮後の引きかけで、鳥たちを近くで見ることができます。集合地の和白公園からは、鉄塔に止まるハヤブサを見ました。和白4丁目海岸に降りると、ツクシガモが多く144羽を数えました。マガモやオナガガモなどの淡水ガモ、沖にはスズガモやカンムリカイツブリ、ウミアイサなどもいます。ミヤコドリも18羽並んでいます。ヨシガモやオカヨシガモ、コガモなどいろんなカモたちがいて、見あきません。ダイゼンやダイシャクシギもいました。会員外の方も多くて、ゆっくり紹介しました。

1 ハヤブサ 2 ツクシガモ飛翔

         ハヤブサ                    ツクシガモ飛翔

3 カンムリカイツブリとオナガガモ 4 ミヤコドリ

      カンムリカイツブリとオナガガモ             ミヤコドリ

5 ダイゼンとミヤコドリ 6 ダイシャクシギ

       ダイゼンとミヤコドリ                ダイシャクシギ


 今秋は暖かかったのでアオサの発生が多く、12月に入っても沿岸にたくさん堆積していました。浜辺に上がって乾燥したアオサを踏みながら、海の広場まで行きました。潮が引いてきて干潟が広がりました。干潟上にツクシガモが上がって、並んでよたよたと歩いていて、とても可愛いです。海の広場からアシ原の中道では、ツグミやシロハラ、コゲラ、ウグイス、モズなどの声や姿が観察されました。林はとても賑やかな小鳥の声が聞こえていました。センダンやシャリンバイなどの木の実がたわわに生っています。小鳥たちのご飯になるのでしょうね。

7 ツクシガモ 8 センダン、ツグミ

         ツクシガモ                   センダン、ツグミ 

9 モズ 10 シャリンバイの実

          モズ                     シャリンバイの実


 砂洲に出て、ヒドリガモやヨシガモを観察していますと、ヘラサギが目につきました。砂洲にはシロチドリも見えます。小型シギらしき群れが行ったり来たりしました。干潟に降りてシロチドリとハマシギの群れだとわかりました。冬鳥たちがそろって、嬉しい探鳥会でした。 
                                                   (山本廣子)

11 ヘラサギ 12 シロチドリ

           ヘラサギ                   シロチドリ

13 観察のようす

            観察のようす


【参加者の感想】
◇ツクシガモがきれいだった。
◆ダイゼンやシロチドリが可愛かった
◇ミヤコドリを見られて良かった。
◆コサギやオナガガモがきれいだった。
◇たくさんの種類が見られて良かった。




プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ