カワウ、博多湾内の島で繁殖か?

2017.02.15 17:32|調査報告

 カワウ、博多湾内の島で繁殖か?
 先日(2/11の午前中)、菰川の河口で野鳥観察の案内をする機会がありました。ウミアイサ、ホシハジロ、ユリカモメ、トビ、セグロカモメ、カワウなど16種を楽しんだのです。その折に、少し沖にある鵜来島を眺めたところ、落葉樹にたくさんの巣を見かけました。
 何かなと思い、伊崎漁港のそばに移動し、N氏と観察しました。その時の画像です。

 望遠鏡を用いて観察したところ、カワウが営巣中のようです。巣の数はおよそ20ヶ所で、どの巣にもカワウがいました。個体の数は、観察できる範囲でおよそ40羽でした。
 福岡県内では、カワウの繁殖情報は聞いていないし、冬鳥と思っていました。九州では、唯一大分県の黒島で繁殖していると聞いています。
 アオサギが、その昔、冬鳥とされていたのが、留鳥となり、現在繁殖しています。カワウも同じような経過をたどり、福岡で繁殖している野鳥となるのでしょうか。聞くところによると、1~2年前から営巣し始めたようです。各地で鳥害の対象種とされているので、注意して観察を続ける必要があると思います。
報告 田村耕作



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ