能古島散策2017年03月22日(水)の様子

2017.03.26 15:27|調査報告

 そろそろ桜(ソメイヨシノ)の開花の声が聞こえてくる頃、島を散策した。ウグイスのさえずりで鳥見開始。ジョウビタキは合わせて19羽を数えた。これからの渡りに備えているのか。ツグミやシロハラも、島のあちこちで見かけた。

 海面では、マガモやカルガモ、ヒドリガモなど淡水性のカモたちはまだ多く見られたが、潜水性のカモはウミアイサのみだった。2羽見かけたオオバンの傍には、ヒドリガモが付きまとっていた。オオバンが潜ってくわえてきた海藻を、ヒドリガモが横取りしているようだった。採餌するカワウの数は、前回に較べて減少していた。カイツブリ類もほとんどいなくなったようだ。

 水辺では、セグロカモメイソヒヨドリコチドリを見かけた。コチドリは砂浜海岸で2羽見かけ、繁殖も期待される。ミサゴは電柱で休息中。ウミウは岩礁で休息中。海岸の草地で見かけたカワラヒワの群れ、羽の黄色が美しかった。

 島内の山を歩きながら、ジョウビタキの声はあちこちで聞いたが、アオジやミヤマホオジロなどホオジロ類、ルリビタキは、数を減らしていた。草地でホオアカ2羽を見かけたのが印象に残った。山中の池では、コガモやカルガモ、美しい婚因色のアオサギを見かけた。

 展望台(195m)では、昼食中にハイタカが旋回しつつ移動している様子を目撃できた。合計7羽を数えた。

 今回の散策では、44種を観察できたが、期待したウソやレンジャクはお目にかかれず、ツバメもまだ見かけませんでした。


          ジョウビタキ♀と♂                      朝日を浴びたツグミ(鵲)

170322001 ジョウビタキ♀ 170322002 ジョウビタキ♂ 170322003 朝日を浴びたツグミ(鵲

  海藻を食べるオオバンとヒドリガモ達(鵲)       見かける数が少なかったカワウ

170322004 海藻を食べるオオバンとヒドリガモ達(鵲)    170322005 見かける数が少なかったカワウ

    ウミアイサ♂(鵲)               セグロカモメ(鵲)        イソヒヨドリ♀

170322006 ウミアイサ♂(鵲) 170322007 セグロカモメ(鵲) 170322008 イソヒヨドリ♀

      コチドリ(鵲)          羽を広げたウミウ         休息中のミサゴ(鵲)

170322009 コチドリ(鵲) 170322010 羽を広げたウミウ 170322011 休息中のミサゴ(鵲)

    カワラヒワの群れ(鵲)         ホオアカ(鵲)           ヒヨドリ(鵲)

170322012 カワラヒワの群れ(鵲) 170322013 ホオアカ(鵲) 170322014 ヒヨドリ(鵲)

   美しい婚因色のアオサギ(鵲)         旋回しつつ移動するハイタカ(鵲)

170322015 美しい婚因色のアオサギ(鵲)    170322016 旋回しつつ移動するハイタカ(鵲)

 

 その他、気になった生きものを紹介します。あちこちで、スミレの花が咲いていました。花もいろいろ咲き始めています。ヤマザクラ、桃色を覗かせたソメイヨシノの蕾ムラサキケマンイロハカエデの花です。

 

      タチツボスミレ            ヤマザクラの花

170322017 タチツボスミレ 170322018 ヤマザクラの花

   ソメイヨシノの蕾         ムラサキケマン           イロハカエデの花

170322019 ソメイヨシノの蕾 170322020 ムラサキケマン 170322021 イロハカエデの花

 

 次回2017年4月の様子はどうでしょうか。写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。 

 次回は、2017年4月25日(火)を予定。6時45分の船で島に渡ります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ