定例探鳥会報告 和白海岸 2017年5月14日(日)

2017.05.15 19:42|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸
-和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸-

2017年5月14日(日)  -快晴 - 中潮(干潮 5:07 満潮 11:04)

[観察鳥種]27種
[参加者数] 16人
[担当者] 山本 廣子、田辺スミ子

 

 快晴です。先日の雨で木々の若葉が生き生きとしています。バードウイーク探鳥会で福岡県と共催でした。福岡県自然環境課から2名の方が参加され、ご挨拶をしていただきました。今日は奈多方面に向いました。和白川河口ではセンダンの木々に紫色の花が、ノイバラの木には白い花がたくさん咲いていてきれいでした。満潮近い干潟の遠く海の広場先の砂洲にミヤコドリとカワウたちが休んでいます。ミヤコドリは7羽でした。マガモやオナガガモが少数見られました。ダイサギやコサギは夏羽になっています。塩浜護岸の道の生け垣ではシャリンバイトベラの花盛りでした。エノキには実が生っていました。アゲハチョウもたくさん飛んでいました。

170514001岡県自然環境課170514002ノイバラ170514012ミヤコドリとカワウ170514003シャリンバイ170514004トベラの花170514005エノキの実

 五丁川河口付近では、畑からコチドリの鳴き声が聞こえてきます。上空ではツバメが飛び交っています。五丁川河口ではオオヨシキリの「ギョギョシ」の元気な声が聞こえました。電線に止まって鳴いていましたが、アシ原に入ってしまいました。岸辺にはイソシギがいました。海辺に出て見晴らし台付近からは、遠く牧ノ鼻先の岩や護岸にチュウシャクシギが休んでいるのを見つけました。満潮時なのでシギたちは高いところで潮が引くのを待っているようです。海の廃船が満潮で沈み、海上に出ていた金属にカワウが止まって羽を広げています。ハマヒルガオスイカズラが咲く奈多護岸では、ウグイスがずっとさえずっていました。

170514011オオヨシキリ170514006イソシギ170514007カワウ170514008ハマヒルガオ170514009スイカズラ170514010探鳥会のようす

 

春や初夏をいっぱい感じた探鳥会でした。 (山本 廣子)

 

【参加者の感想】
・まだ残っていたミヤコドリが見られて良かった。 ・センダンの花がきれいだった。 

・ウグイスの声がきれいだった。         ・オオヨシキリが見られて良かった。

・イソシギも良く見られた。           ・いろいろ説明していただき良かった。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ