FC2ブログ

能古島散策2017年05月25日(水)の様子

2017.05.28 19:06|調査報告

 前日(5/24)のまとまった雨の後、大気中に湿気がまだ多いらしく、見通しがすっきりしなかった。でも少し荒れた天気の後は、渡り途中の野鳥たちに出会えるかもとの期待もありました。
 能古の博物館の傍で、上空をヒヨドリ位の大きさの鳥が通過、少しはなれた高木の天辺に止まった。双眼鏡で覗くと今ひとつよくわからない。あわてて、望遠鏡を準備し、覗いた。黄色い鳥だ。コウライウグイス。ちょっと興奮気味に、2人に覗いてもらう。カメラで証拠写真だとレンズを向けたと同時に飛び出し、北側へ飛んで視界から消えた。あっという間のできごとでした。3人とも観察できて満足でした。
 しばらくすると、カラ類の幼鳥のような鳴声が聞こえてきた。近くにあるバクチノキの大木からでした。ヤマガラの幼鳥が飛び出し、すぐ近くのソメイヨシノの木に、次々と移動した。6羽の幼鳥でした。多分近くに親がいるんだろうなと思いつつ観察した。
 アオバズク、いつもの樹洞は、いまだ空でした。
海岸でて、砂浜でコチドリを探した。動きから2羽の番と思われるコチドリ、3ヶ所で見かけた。今年も子育て、上手くいくように祈りたい。
 能古の西側の海岸で頭上近くを飛ぶハチクマを目撃、目で翼や尾の模様がわかるほどの高さだった。久し振りにこの島で見かけたハチクマでしたが、しばらくすると、糸島半島方向から次々と移動してきたハチクマが、我々の頭上で旋回を始め、小さな鷹柱となって、高度をあげていった。改めてハチクマの春の渡りを実感した。
 森ではキビタキの声が、響いていた。他にメボソムシクイ、エゾムシクイ、オオヨシキリ、ヤブサメの声に、散策の楽しさを感じた。
 今回の散策では、35種の野鳥を観察できた。


   ヤマガラの幼鳥(鵲)                  キアシシギとコチドリ(鵲)

170525001ヤマガラの幼鳥(鵲) 170525002キアシシギ(鵲) 170525003コチドリ(鵲)

     スズメの学校かも(鵲)                バッタをつつくホオジロ(鵲)

170525004スズメの学校かも(鵲) 170525005バッタをつつくホオジロ(鵲)

     渡るハチクマ♂(鵲)                 頭上で旋回するハチクマの群れ(鵲)

170525006渡るハチクマ♂(鵲) 170525007頭上で旋回するハチクマの群れ(鵲)

      餌待ちのツバメ幼鳥たち(鵲)                ダンチクの葉の上で囀るホオジロ

170525008餌待ちのツバメ幼鳥たち(鵲) 170525009ダンチクの葉の上で囀るホオジロ

    樹上で囀るヤマガラ                  餌を運んできた渡船内で営巣中のハクセキレイ

170525010樹上で囀るヤマガラ 170525011餌を運んできた渡船内で営巣中のハクセキレイ

 その他、気になった生きものを紹介します。海岸ではマンテマやノビルの花が見頃です。山中では、食べ放題のクサイチゴの実、フウトウカズラの花序が目立ちました。


海岸で見かけたマンテマ        ノビルの花            目だったフウトウカズラの花序

170525012海岸で見かけたマンテマ 170525013ノビルの花 170525014目だったフウトウカズラの花序

        山中で見かけたクサイチゴ(食べごろ)             モンキチョウ

170525015山中で見かけたクサイチゴ(食べごろ) 170525016モンキチョウ

ハマダイコンで見かけたヒラタアブの仲間          トンボエダシャク

170525017ハマダイコンで見かけたヒラタアブの仲間 170525018トンボエダシャク


写真の撮影は鵲(森健児)と田字草、報告は田字草(田村耕作)。


次回2017年6月初夏の様子はどうでしょうか。2017年6月26日(月)を予定。 
6時45分の船で島に渡ります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ