定例探鳥会報告 和白海岸 2017年6月11日(日)

2017.06.13 09:54|探鳥会報告

定例探鳥会報告 和白海岸

-和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸-

2017年6月11日(日)  -曇り - 大潮(干潮 4:16 満潮 10:15)
[観察鳥種] 24種
[参加者数] 14人
[担当者] 山本 廣子、田辺スミ子

 

 前夜からの雨で心配しましたが、雨はやみました。奈多方面に向いました。和白川河口の道ではアカテガニの子どもがたくさんいました。親の赤いカニもいてきれいでした。和白川河口の鉄塔に止まっているハヤブサを見つけました。ハヤブサは飛んでいる小鳥を襲いましたが、海に落としてしまいました。ハヤブサが何度も海に落ちた小鳥を取り上げようと飛び回りましたが、取り上げることができませんでした。小鳥は海でしばらく動いていましたが、やがて沈んでしまいました。皆釘付けでハヤブサと小鳥を見ていました。鉄塔にはアオサギが何事もなく佇んでいました。

          アカテガニ                     鉄塔のハヤブサ

170611001アカテガニ 170611002ハヤブサ

       飛翔するハヤブサ                      アオサギ

170611003ハヤブサ飛翔 170611004アオサギ

 

 塩浜護岸の道の生け垣ではトベラエノキに実が生っていました。アゲハチョウやモンシロチョウが飛んでいました。珍しくムクドリが石柱に止まってじっとしていますので、皆で観察しました。

         トベラ                          エノキ

170611005トベラの実 170611006エノキの実

         ムクドリ

170611007ムクドリ


 五丁川河口付近では、畑からヒバリの声に混じってコチドリの鳴き声が聞こえてきます。上空ではツバメが飛び交っています。あぜ道でハクセキレイの幼鳥がじっとしていました。道端にはテリハノイバラハマナデシコの花が咲いています。五丁川河口ではオオヨシキリの「ギョギョシ」の声が聞こえましたが、姿を見られたのは少しだけでした。

        テリハノイバラ                       ハマナデシコ

170611008テリハノイバラの花 170611009ハマナデシコの花

 

 カワラヒワが鳴いて電線に止まりました。続いて幼鳥2羽が続き、3羽になりました。近くからカワラヒワを見ることができました。海辺に出て見晴らし台付近からは、遠く雁ノ巣の橋げたの下に休んでいるミヤコドリ4羽を見つけました。まだまだ渡らずに残っているようです。海に沈んだ廃船上にカワウダイサギが止まっていました。ダイサギの夏羽が美しかったです。

        カワラヒワ                        カワウ

170611010カワラヒワ 170611011カワウ

         ダイサギ

170611012ダイサギ

 

 奈多護岸ではセイバンモロコシの赤っぽい穂が目立ちました。ネムノキにピンクの花が咲き出してさわやかでした。鳥が少なくなりましたが、ゆっくり見て歩くと色んな自然のドラマが見られるものですね。子育ての時期で、幼鳥や稚ガニが見られました。(山本 廣子)

        セイバンモロコシ                     ネムノキ

170611013セイバンモロコシ 170611014ネムの花

        探鳥会のようす

170611015観察のようす 

 

【参加者の感想】
・ダイサギの夏羽がきれいだった。       ・ミヤコドリが遠くに見られた。
・ハヤブサが近くを飛ぶのを見ることができた。 ・初めてで全部が良かった。
・カワラヒワが可愛かった。          ・鳥のことを人と同じように話してあるのが面白かった。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ