能古島散策12/25(月)の報告

2017.12.27 21:55|調査報告

 曇り空、気温は8から9℃、昨夜の雨と風がやみ、冬らしい寒さの中で散策開始でした。
 今回は日の出の空が雲に覆われ、明るくなった東の空を眺めつつ、5名でゆったりと歩きました。
 島についてすぐ聞こえてきたのがヒヨドリ、シロハラ、ウグイス、メジロの地鳴きでした。
 少し遠くで、ハシブトガラスの声、上空にはトビが4~5羽、電柱にもトビがいて賑やかでした。シギやチドリの仲間は、今回は全く見かけませんでした。海上をにぎわせてくれたのはウミアイサカンムリカイツブリでした。水辺では、ヒドリガモマガモカルガモ、上空を飛翔するセグロカモメを見かけました。
 23日の志賀島探鳥会で、海上遠くで海面近くを飛ぶカツオドリをちらっと見かけたので、今日少し期待していたのです。期待した通りに海上を飛翔するカツオドリを発見。やったー!という気分でした。はじめは海上遠くに飛んだ個体を見ていたのですが、次々と出現してくれました。2羽が近くを飛翔、撮影も楽しめる近さでした。合計24羽のカツオドリを見かけました。
 その後、田畑のある環境で、チョウゲンボウ(♂成鳥)が近くの電線に止まっている姿をA氏が気付いた。その後、飛んだり、止まったりを、近くで繰り返していた。ここでは、まれな猛禽類です。他に、モズ、スズメやホオジロ、カワラヒワを見かけた。山に入って、コゲラ、キクイタダキ、アオジ、ミヤマホオジロ、ルリビタキ等々の姿や地鳴きを聞いた。
 他の猛禽類は、ノスリ、ハイタカ、ハヤブサを見かけた。常連のミサゴには会えず。
 初冬の能古島、落葉樹が葉を落とし、小鳥類は比較的見やすかった。15時まで、散策。

 今回は、カツオドリとチョウゲンボウを中心に、沢山楽しめた能古島散策でした。

171225001 あちこちの電柱で見かけたトビ(鵲) 171225002 田んぼで採食するカルガモ(鵲)

    あちこちの電柱で見かけたトビ(鵲)               田んぼで採食するカルガモ(鵲)

171225003 ウミアイサ♂♀(鵲) 171225004 カンムリカイツブリ(鵲)

     ウミアイサ♂♀(鵲)                     カンムリカイツブリ(鵲)

171225005 たくさんのカツオドリを見かけた(鵲) 171225006 海上を飛翔するカツオドリ(さけ)

   たくさんのカツオドリを見かけた(鵲)               海上を飛翔するカツオドリ(さけ)

171225015 チョウゲンボウ(♂成鳥) 171225008 チョウゲンボウ(♂成鳥)
              近くで出会えたチョウゲンボウ♂成鳥(鵲)

171225007 枝先で見かけたホオジロ♂(鵲) 171225009 ジョウビタキ♂(鵲)

    枝先で見かけたホオジロ♂(鵲)                  ジョウビタキ♂(鵲)

171225010 休息か探餌か イソヒヨドリ♀(鵲) 171225011 屋根で見かけたイソヒヨドリ♂

   休息か探餌か イソヒヨドリ♀(鵲)              屋根で見かけたイソヒヨドリ♂

171225012 じっくり観察したツグミ(鵲)

    じっくり観察したツグミ(鵲)

171225013 電波塔で休息中のハヤブサ(鵲) 171225014 海岸近くのマガモの群れ
   電波塔で休息中のハヤブサ(鵲)                  海岸近くのマガモの群れ

 

今回の散策では、冬らしい天気の中、45種の野鳥を観察できた。
海域や水辺で見かけた種・カツオドリ・ウミネコ・ユリカモメ・セグロカモメ・
アオサギ・ウミウ・カワウ・ヒメウ・イソヒヨドリ・ハクセキレイ・ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・ウミアイサ・カモメの仲間の一種
住宅地で見かけた種・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・カワラヒワ・
・ムクドリ・カワラバト
山の中で見かけた種・ホオジロ・ミヤマホオジロ・アオジ・ヤマガラ・キジバト・メジロ・ヒヨドリ・コゲラ・ウグイス・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・キクイタダキ・ルリビタキ・キセキレイ・ミソサザイ
山の中の池で見かけた種・なし
見かけた猛禽類・トビ・ハイタカ・ノスリ・ハヤブサ・チョウゲンボウ


 その他、気になり、観察した生きものを紹介します。

 

171225021 メマツヨイグサのロゼット 171225022 暖かさを感じたタチツボスミレ 171225023 シマカンギク

   メマツヨイグサのロゼット       暖かさを感じたタチツボスミレ         シマカンギク

171225024 香りを振りまいていたスイセン満開 171225025 赤い実が目立ったマンリョウ

  香りを振りまいていたスイセン満開     赤い実が目立ったマンリョウ

171225026 テイカカズラの実の虫こぶ 171225027 鮮やかなだいだい色のフウトウカズラ

   テイカカズラの実の虫こぶ        鮮やかなだいだい色のフウトウカズラ

 

写真の撮影は鵲(森健児)、さけ(荒牧源実)と( )なしは田字草(田村耕作)、
報告は田字草。
次回2018年1月の様子はどうでしょうか。2018年1月29日(月)を予定。
6時45分の船で島に渡ります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ