■定例探鳥会 和白海岸 (2018年2月11日)

2018.02.12 18:54|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入り口見晴台
2018年2月11日  -曇り時々晴れ-
【観察鳥種】45種
【参加者数】13人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子
 朝はあまりの寒さで参加者は少ないかと思っていましたが、徐々に増えてきて元気に出発しました。和白4丁目海岸に降りてみると、水鳥たちは和白川河口先に多く見られました。ツクシガモやミヤコドリや淡水ガモがいました。ミヤコドリは過去最高羽数の28羽を数えました。
 風が強くて海の広場方面には鳥が少なかったので、奈多方面に向かうことにしました。和白川河口まで海岸を歩きました。センダンの木や下の海岸にヒヨドリ、ツグミ、ムクドリなどがたくさん群れています。センダンの実を食べているようでした。
180211001 ミヤコドリ 180211002 ツクシガモとオナガガモ
        ミヤコドリ             ツクシガモとオナガガモ
180211003 センダンの木のムクドリ 180211004 ハヤブサ
      センダンの木のムクドリ            ハヤブサ

 道路に出て和白川河口へ行きました。RKBの鉄塔上にはハヤブサが待っていました。センダンの大きな木にはツルウメモドキが巻き付いて、赤や黄色の実がたくさん生って彩を添えていました。塩浜堤防上からはミヤコドリがたくさん集まって見えて、すばらしかったです。沖ではウミアイサやホオジロガモも元気に潜っています。植え込みの柵に止まっていたジョウビタキの雌が私たちの歩くそばをついてきて、すぐ近くでよく見ることができ可愛かったです。メジロもたくさんナワシログミの花の蜜を吸いに来て、にぎやかでした。クリークにはコガモやオオバンがいました。
180211005 ツルウメモドキの実 180211006 ウミアイサ♂
       ツルウメモドキの実            ウミアイサ♂
180211007 ジョウビタキ♀ 180211008 花の蜜を吸うメジロ
       ジョウビタキ♀             花の蜜を吸うメジロ
180211009 オオバン 180211010 ダイゼン
      オオバン                  ダイゼン
180211011 カワウ夏羽 180211012 コサギ夏羽
      カワウ夏羽                 コサギ夏羽
180211013 観察のようす 
      観察のようす

 奈多入り口の見晴台からは廃船上にいるダイゼンやカワウを見ました。ダイゼンは岩場に降りて、食事を始めました。カワウは夏羽になりかけで、白と黒のインディアンヘアーのようで、素敵でした。寒い中コサギも夏羽になっており、冠羽も出ていました。途中から日が差してきて、少し暖かく感じました。(山本廣子)

【参加者の感想】
◇ホオジロガモが可愛かった。
◆ハヤブサが見られて良かった。ミサゴが残念。
◇ミヤコドリがたくさん見られて良かった。
◆カワウの白髪がすばらしい。
◇ジョウビタキが可愛かった。
◆センダンの実を食べたら少し甘かった。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ