FC2ブログ

■定例探鳥会 和白海岸 (2018年3月11日)

2018.03.13 10:00|探鳥会報告

和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2018年3月11日  -快晴-
【観察鳥種】50種
【参加者数】19人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子


 今日は快晴で暖かく、道端ではホトケノザやオオイヌノフグリ、ノボロギクなどの花がきれいでした。畑の棒くいに止まるモズがじっとしていて、良く見ることができました。ヒバリが鳴き初めのようで、まだ空へ高く上がりません。

180311001 ホトケノザ 180311002 モズ

       ホトケノザ                     モズ


 和白川河口から干潟を見ると逆光でカモたちは黒く見えます。オナガガモが多いようでした。コサギは夏羽になっていて、冠羽が出て、胸や背に美しい飾り羽が出ています。水際にクロツラヘラサギとヘラサギが寝ていました。しばらくして唐原川河口に飛んでいきましたが、そこにも2羽のクロツラヘラサギがいました。

180311003 コサギ夏羽 180311004 ヘラサギとクロツラヘラサギとコサギ

        コサギ夏羽                ヘラサギとクロツラヘラサギとコサギ


 ミヤコドリは25羽、ツクシガモは10羽ほどが見られました。ミサゴが2羽、干潟の棒くいに止まっていました。五丁川河口の通称「かねんて」(池のように丸くなった場所)にはオオバンが20羽程とカイツブリと珍しくキンクロハジロがいましたが、対岸のやぶにいるタヌキをTさんが見つけました。私は2匹見ましたが、3匹の親子を見た人もいました。タヌキの出現で盛り上がりました。

180311005 ミヤコドリ 180311006 ツクシガモ

       ミヤコドリ                      ツクシガモ

180311007 オオバン 180311008 キンクロハジロ

      オオバン                       キンクロハジロ


 奈多入り口の見晴台からは、廃船上に休むカワウやカルガモと2羽のダイゼンの頭が見えました。ちょうどその時に雁ノ巣にいたスズガモ達3000羽ほどの群れが一斉に海の広場方面に飛びました。黒白の点々が長く連なって帯のようでした。集まって渡って行く前でしょうか、圧巻でした。

180311009 カワウ 180311010 ダイゼン

         カワウ                        ダイゼン

180311011 スズガモ飛翔 180311012 メジロ

       スズガモ飛翔                        メジロ 


 奈多の護岸海側には松並木がありますが、そこからウグイスがホーホケキョとだいぶ上手に鳴いて、ついてきます。生垣の陸側の木々ではメジロがせわしく鳴いています。


180311013 ハマダイコン 180311014 観察のようす

     ハマダイコン                       観察のようす


 参加者も長崎や広島からの方もありました。毎回、自然のドラマが感じられて、ワクワクします。感動を多くの人と共有できて、嬉しいです。ハマダイコンの花も咲き出して、春の訪れを感じた探鳥会でした。(山本廣子)


【参加者の感想】
◇モズがきれいだった。
◆初めて参加して、鳥の見方が参考になった。
◇ミヤコドリがたくさん見られて良かった。
◆タヌキが現れてびっくりした。
◇クロツラヘラサギとヘラサギが見られた。
◆スズガモの群れに感動した。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ