FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸

2018.10.15 17:55|探鳥会報告

和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2018年10月14日  -晴れ-
【観察鳥種】37種
【参加者数】11人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子
 朝晩は涼しくなりました。和白川河口では渡り鳥のソリハシシギも見られましたが、越冬するカモたちが少し渡ってきていました。ヒドリガモやマガモなどがいました。ミヤコドリも4羽が近くにいました。護岸の植え込みのシャリンバイの実がピンクに色づいてきました。植え込みでコサメビタキを見ました。モズが電線に止まっていました。

ミヤコドリ シャリンバイの実

        ミヤコドリ                 シャリンバイの実   

コサメビタキ モズ

         コサメビタキ                  モズ


 五丁川河口ではクサフグがたくさん泳いでいました。ボラの子も多かったです。植え込みではスダジイが熟れてきており、皆で食べてみました。テリハノイバラにも赤い実が生っていました。河口の見晴台からは海の広場付近にいる16羽のミヤコドリが見えました。だいぶ多くなってきました。棒杭の上に4羽もミサゴが止まっており、魚を食べていました。廃船上ではカワウがたくさん休んでいました。

クサフグ スダジイの実

           クサフグ                スダジイの実

テリハノイバラの実 海の広場前のミヤコドリ

         テリハノイバラの実          海の広場前のミヤコドリ

廃船上のカワウ ←廃船上のカワウ

 奈多ではクリークのフェンスにカワセミが止まっており、ゆっくり見ることができました。コガモも見られ、ヒドリガモが50羽以上も来ていました。オオバンも混じっていました。

カワセミ コガモ

          カワセミ                 コガモ

ヒドリガモ・オオバン 観察のようす

        ヒドリガモ・オオバン           観察のようす   


 道端の草むらにはキノコがたくさん生えていました。Tさんが持ち帰って調べるそうです。今日はカモの訪れや木の実やキノコなどに、秋を感じる探鳥会でした。        (山本廣子)
【参加者の感想】
◇ミヤコドリを初めて見られて良かった。
◆ミサゴが魚を食べているのを見られた。
◇カワセミが見られて良かった。
◆モズをじっくり見ることができた。
◇ヒドリガモが色づき始めていた。
◆木の実やキノコがあった。




スポンサーサイト



コメント

No title

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887227389

カクヨム というサイトに10/10から 和白干潟を舞台にした ひがたものがたり を連載中です、ご覧ください。

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ