FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸   2019年11月10日

2019.11.11 20:19|探鳥会報告

和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2019年11月10日  -薄曇り―
【観察鳥種】38種
【参加者数】14人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子


 11月に入って朝晩が寒くなりましたが、昼間はまだまだ暑いほどです。朝の下見では、大潮の満潮時で残った砂洲にクロツラヘラサギやミヤコドリが集まっていましたので、海の広場方面に向かいました。和白4丁目海岸に降りると、海面にはマガモやオナガガモなどの淡水ガモが浮かんでいました。

 塩浜護岸下には海ガモが2000羽程集まっていました。スズガモに混じってホオジロガモもいました。カンムリカイツブリも多く見られました。海の広場からは、クロツラヘラサギやミヤコドリなどを見ました。淡水ガモたちに混じってツクシガモも休んでいました。林の方ではジョウビタキがヒッヒッと鳴いて飛んでいます。モズの高鳴きやヒヨドリの甲高い声もします。

1 スズガモの群れ 2 クロツラヘラサギ

         1 スズガモの群れ               2 クロツラヘラサギ

3 ミヤコドリ 4 ジョウビタキ

         3 ミヤコドリ                 4 ジョウビタキ

5 モズ

           5 モズ


 ハママツナが赤く紅葉しており、ウラギクが咲いていました。植物の紹介もしながら、アシ原の中道を歩きました。シロハラが盛んに鳴きます。冬鳥が渡って来て、嬉しいです。センダンの実が黄色く光り、シャリンバイやアキグミの実も熟れてきました。アシの穂もホクホクに膨れて、日差しを受けて輝いています。参加した子供とアシの穂で遊びました。

 6 ハママツナ 7 ウラギク

        6 ハママツナ                  7 ウラギク

8 センダンの実 9 シャリンバイの実

        8 センダンの実                 9 シャリンバイの実

 

 砂洲に入るときに、近くの沿岸にいたオナガガモなどの淡水ガモは、ザーッと飛び立ってしまいました。砂洲にはクロツラヘラサギとミヤコドリが残りました。光線の具合も良くなり、ミヤコドリの赤い口ばしが輝いて見えます。クロツラヘラサギたちも少し歩いて移動し、その時にヘラサギが2羽混じっているのがわかりました。ヒドリガモやヨシガモが増えてきました。オオバンが5羽、隊列を組んでやってきます。冬鳥たちがそろってきて、嬉しい探鳥会でした。 
                                        (山本廣子)


10 ミヤコドリ 11 ヘラサギ

       10 ミヤコドリ                     11 ヘラサギ

12 ヒドリガモ群れ 13 マガモ&オオバン

      12 ヒドリガモ群れ                    13 マガモ&オオバン

14 観察のようす 

     14 観察のようす


【参加者の感想】
◇クロツラヘラサギとヘラサギがわかった。
◆ミヤコドリがきれいに見えた。
◇ミサゴがかっこ良かった。
◆ハジロカイツブリやウミアイサが可愛かった。
◇イヌマキを食べておいしかった。




スポンサーサイト



コメント

やまもとひろこ先生 

11/26 九産大で、やまもとひろこ先生の講演会がありました。

学生約20名+私を含めた高齢者w3名が、参加 切り絵のスライドや、NHKのニュース等を交えた最新の情報を得ることが、できました。

聞けば担当の教授との繋がりで、8年ほど連続開催されている模様、今年の和白干潟まつり は初の雨天中止となりましたので、先生にお会いできる貴重な時間でした。

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ