FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸 (2020年1月12日)

2020.01.13 18:59|探鳥会報告

■定例探鳥会    和白海岸     
和白4丁目海岸→海の広場→和白川河口→五丁川河口→奈多護岸
2020年1月12日 -曇り一時小雨―
【観察鳥種】43種
【参加者数】7人
【担 当 者】山本廣子、田辺スミ子

 今日は午前中は雨の予報で曇っており、参加者が増えませんでした。しかし和白海域水鳥調査(ガン・カモ調査)も予定していましたので、探鳥会を始めました。会員外の方も参加されました。和白海域の広い範囲を見ようということで、まず海の広場方面を見て、一度戻り自動車に分乗して和白川河口、五丁川河口、奈多護岸と見て回りました。
 今日は北西の風が強く吹き付けて寒く、海は白波が立っていました。まず鉄塔に止まるハヤブサを見ました。和白4丁目海岸に降りると、海は満潮に近く、砂洲に鳥が集まっており、数えやすかったです。ツクシガモが多く206羽を数えました。マガモやオナガガモ、ヨシガモなどの淡水ガモ、ミヤコドリも16羽並んで休んでいます。急いで海の広場に向かい、淡水ガモなどを数えました。遠く雁ノ巣の橋の下にスズガモの群れが見えました、。

200112001 砂州のカモたち 200112002 ヨシガモ群れ

         砂州のカモたち                  ヨシガモ群れ

200112003 ダイシャクシギ

          ダイシャクシギ


 再度集合地の和白公園に戻り、2台の車に分乗して和白川河口まで行きました。風が強く寒いので、カモたちは河口の奥に入っていました。センダンの木にムクドリが群れて止まっています。ツルウメモドキの赤い実がきれいでした。再度車に乗ってクリークのコガモなどを数えながら五丁川河口まで行きました。五丁川河口のカネンテにもカモたちが避難しているようです。オカヨシガモやコガモ、カルガモなどが多いようでした。さらに奈多入り口まで行き、奈多護岸下のカモやクリークのカモを見ました。奈多護岸下では1000羽を超える多数のオオバンがせわしく動いています。オカヨシガモやヒドリガモが混じっていました。沖のカワウの軍団が魚獲りをして、一斉に飛び立ちましたが、白いユリカモメ6羽も一緒に飛び、黒と白のコントラストが見られました。

200112004 ムクドリ群れ 200112005 ツルウメモドキ実

          ムクドリ群れ                ツルウメモドキの実

200112006 コガモ群れ 200112007 オオバン群れ

         コガモ群れ                  オオバン群れ

200112008 カワウ群れ 200112009 観察のようす

          カワウ群れ                 観察のようす 


 今日は鳥の調査もあり、和白干潟の多くの場所を見られて良かったです。 (山本廣子)


【参加者の感想】
◇コガモがきれいだった。
◆カワウの魚獲りが見られて良かったb。
◇久しぶりにユリカモメを見た。
◆ツクシガモが砂洲に並んでいて、きれいだった。




スポンサーサイト



コメント

カツオドリについて

1月9日に、仕事で宗像市の地島に行きました。勝島から地島の海上にてダイブするカツオドリを数羽見かけました。
また、地島の泊漁港付近でもカツオドリがいるようです。
いつまでいるのかは分かりませんが、情報まで。

とても長いクチバシですね

はじめまして。絵を描く鳥を探してネットを散歩していました。
かわいい鳥だなと思ってきました。シギのクチバシってとても長いですね。
非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ