FC2ブログ

■定例探鳥会    和白海岸 (2021年3月14日)

2021.03.15 16:29|探鳥会報告
■定例探鳥会    和白海岸     
和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多護岸
2021年3月14日 -晴れのち曇り-
【観察鳥種】44種
【参加者数】24人
【担当者】 山本廣子、田辺スミ子、南のり子
1 ホオジロガモ
 今日は久しぶりに奈多方面に向かいました。和白川河口付近の畑ではヒバリの鳴き声が聞こえます。春めいてきました。和白川河口から満潮前の海の広場方面を見ると、砂洲にはツクシガモとミヤコドリの群れが休んでいました。海の広場方面に向かいなおそうかとも思いましたが、思い直して奈多方面に向かいました。道端にはホトケノザがたくさん咲いています。
                                  ↑ ホオジロガモ                                                       ↓カンムリカイツブリ
2 カンムリカイツブリ 海にはスズガモがまだ群れで残っていました。ホオジロガモもいます。カンムリカイツブリはもう夏羽になっています。ハジロカイツブリも元気に潜っています。クリークには夏羽の冠羽が出たコサギがいました。護岸の樹木に止まって色んな小鳥の歌声を披露するモズがいました。スズメの声、メジロの声、シジュウカラの声・・、聞きほれているとまだまだ続きます。畑には夏鳥のコチドリも観察されました。
            ↓モズ
3 モズ

 五丁川河口のカネンテの岸辺ではコガモやオナガガモ、オカヨシガモなどが日向で気持ちよさそうに寝ていました。イソシギだけが動き回っています。見晴台からは、飛んで行くミヤコドリを追いかけて見ていると、雁ノ巣の砂浜に着地し、カワウの群れの横に並びました。
      ↓コガモとオナガガモ         
4 コガモとオナガガモ

 奈多海岸には、ヒドリガモの小群が浮かんでいました。クリークにはオナガガモやコガモなどが見られました。カワセミも2羽飛んだそうです。ハマダイコンの花が満開でした。
(山本廣子)
          ↓ヒドリガモ               ↓ハマダイコン  
5 ヒドリガモ 6 ハマダイコン
            ↓観察の様子
7 観察のようす

【参加者の感想】
◇まだまだカモが残っていた。
◆ミヤコドリが見れて良かった。
◇モズの鳴きまねがすごい。
◆イソシギとカワラヒワが良かった。
◇4か月ぶりに参加し皆さんに会えて良かった。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ハチクマ4号

Author:ハチクマ4号
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ